アトレーワゴン モデルチェンジ 2017年11月に。発売日、内装、外装、価格などスクープ情報!

スポンサーリンク

ダイハツ、アトレーワゴンがモデルチェンジされました

今回は、アトレーワゴンのモデルチェンジ情報を紹介します。

発売日

アトレーワゴンの発売日は、2017年11月13日です。

兄弟車のハイゼットカーゴも、同日にマイナーチェンジされました。

ハイゼットカーゴ モデルチェンジは2017年11月。画像、価格、変更点など

デザイン

新型アトレーワゴンのデザインを紹介します。

エクステリア

atr1.jpg

atr2.jpg
出典https://www.daihatsu.co.jp/ ”

エクステリアの変更点は、
・LEDヘッドランプ採用
・フロントグリルデザイン変更
・フロントバンパーデザイン変更
・リヤバンパーデザイン変更
・リヤコンビランプデザイン変更

となっています。

ハイゼットカーゴと同じく、台形のグリルが特徴的です。

インテリア

atr3.jpg
出典https://www.daihatsu.co.jp/ ”

インテリアの変更点は、

・インパネデザイン変更
・インテリアカラーがブラックに

以上のように変更されます。

インテリアも、ブラックで、カスタム系の軽自動車のように大きくイメージチェンジされました。

エアコン操作パネルもピアノブラックになっていて、高級感があります。

現行アトレーワゴンのインテリアは、ベージュがベースの落ち着いた印象でしたから、大きく印象が変わっていることが分かるかと思います。

カラーラインナップ

新型アトレーワゴンのカラーは、全部で7色です。

・プラムブラウンクリスタルマイカ

・アーバンナイトブルークリスタルメタリック

・タングステングレーメタリック

・パールホワイト

・ホワイト

・ブライトシルバーメタリック

・ブラックマイカメタリック

カラーの数自体は、現行と変わりません。

プラムブラウンクリスタルマイカが追加され、トニコオレンジメタリックが廃止されました。

スポンサーリンク

燃費

新型アトレーワゴンに搭載されるエンジンは現行と同じですが、アイドリングストップ機能が標準装備化され、燃費が若干向上するでしょう。

燃費は、15.2km/Lになりました。

<0.66L ターボエンジン>
最高出力・・・64ps/5700rpm
最大トルク・・・9.3kgm/2800rpm

予防安全性能

アトレーワゴンには、スマートアシスト3が全車標準装備となります。

スマートアシスト3の機能は、以下のとおりです。

・衝突警報機能
・衝突回避支援ブレーキ機能
・前方、後方誤発進抑制制御機能
・車線逸脱警報機能
・先行車発進お知らせ機能
・オートハイビーム

タント、ムーヴなどでもスマートアシスト3はグレード別装備なので、ずいぶん充実していますが、タントやムーヴなど他車種でもターボ車には標準装備となっています。

アトレーワゴンは全車がターボ車なので、ターボ車は上級グレードとして、スマートアシスト3を標準装備にする方針なのでしょう。

その他、コーナーセンサーも標準装備となります。

オプション

新型アトレーワゴンには、パッケージオプションが2つ用意されます。

・ビューティーパック
スーパーUV&IRカットガラス
スーパークリーンエアフィルターのセット

・LEDパック
LEDヘッドランプ
LEDフォグランプのセット

価格

新型アトレーワゴンの価格を紹介します。

カスタムターボRS SA3(2WD)・・・1,533,600円
カスタムターボRS SA3(4WD)・・・1,668,600円

カスタムターボRSリミテッド SA3(2WD)・・・1,652,400円
カスタムターボRSリミテッド SA3(4WD)・・・1,787,400円

スマートアシスト3が標準装備化されたことで、1~5万円の値上げとなっています。

一見値上がり幅が小さくなっていますが、エントリーグレードのカスタムターボRが廃止されたことで、エントリー価格は10万円以上高くなっています。

RSと、RSリミテッドの違いは、

・ルーフエンドスポイラーの有無
・LEDヘッドランプ
・LEDフォグランプ
・ドアミラータンランプ
・自発光式メーター
・左側パワースライドドア
・左側スライドドアイージークローザー

など、結構違いがあります。

車の買い換えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定
必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

新車、中古車の見積もりも、ネットでできる時代です。

値引き交渉もオンラインでできるので、地元のディーラーとどちらが安いか、比較することができます。

一般的な中古車情報サイトには掲載されていない、非公開車両からも探すことができます。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする