新型 RAV4 価格、日本発売日、予約、内装、サイズ、燃費、スペックなど最新情報!3列7人乗りは?

スポンサーリンク

トヨタ、RAV4の日本発売情報をお伝えします。

発売日

新型RAV4は、2018年3月に開催された、ニューヨークモーターショーでワールドプレミアされました。

まずは、主な市場であるアメリカから発売され、日本発売は、2019年春頃になります。

販売チャネルは、カローラ店か、ネッツ店(あるいは両方)になるでしょう。

RAV4は、1994年から2016年まで日本でも販売されていたので、3年ぶりの復活ということになります。

デザイン

新型RAV4のデザインを紹介します。

エクステリア

rav47.jpg

rav48.jpg
出典https://newsroom.toyota.co.jp/ ”

右から、XSEハイブリッド、リミテッド、アドベンチャーのグレードです。

アドベンチャーは中級グレード、リミテッドは上級グレード、XSEは、RSのようなスポーティーグレードです。

一言でいうと、「ゴツい」デザインになりましたね。

「オクタゴン(八角形)」をモチーフにしたということです。

八角形はどこにあるのでしょうか?個人的には、台形や六角形が目立つような気がしますが

インテリア

rav49.jpg

rav411.jpg

rav410.jpg
出典https://newsroom.toyota.co.jp/ ”

インテリアは、さほど高級感があるわけではありませんが、スマートにまとまっていると思います。

ところどころシルバーメッキや、ステッチなどが施されており、質感も悪くありません。

スポンサーリンク

映像で360度ぐるりと紹介されています。

アドベンチャーグレード

リミテッドグレード

XSEハイブリッドグレード

先代が、C-HRに近い大人しめなデザインだったのに比べると、かなりの変化です。

日本国内では、サイズの近いハリアーとも全く違うデザインなので、販売チャネルを分けることで、うまく棲み分けをすることができるでしょう。

デザインは好評のようです

新型RAV4のデザインが発表されてからしばらく経ちますが、おおむね、デザインは好評なようですね。

最近のSUVは、流線的で角の取れたデザインのものが多いのですが、新型RAV4は久々とも言える無骨なデザインで、男心をくすぐるのでしょう。

このクラスでは、先代エクストレイルが角ばったデザインでしたが、新型になって流線的なデザインに変わってしまいました。

エクストレイルは、前のデザインのほうが好きだった。といった声をよく聞くので、そういった需要も拾うことができそうです。

サイズ

新型RAV4のサイズは、全長4,595mm×全幅1,855mm×全高1,700mmです。

これは、ハリアーの4,725mm×全幅1,835mm×全高1,690mmと同じくらいのサイズです。

日本で販売されていた最後のRAV4のサイズは、全長4,335mm×全幅1,815mm×全高1,685mmでしたから、ずいぶん大きくなりました。

日本では、ヴァンガードとして販売されていた、「RAV4 ロング」に近いサイズ感です。

とはいえ、これくらいのサイズなら、極端に大きすぎるということもないので、サイズが大きすぎるから売れない。ということもないでしょう。

ワールドプレミアでは3列7人乗り仕様の発表はありませんでしたし、今のところそういった情報はないので、5人乗りのみの発売となるでしょう。

パワートレイン

RAV4には、2.5Lガソリンエンジンと2.5Lハイブリッドが搭載されます。

排気量自体は変わりませんが、ガソリン車、ハイブリッド車ともに、ダイナミックフォースエンジンが搭載された新しいものとなります。

エンジン、ハイブリッドシステムの予想スペックを紹介します。

<2.5Lガソリンエンジン>
最高出力・・・151kW(205ps)/6600rpm
最大トルク・・・250Nm(25.5kgm)/4800rpm

<2.5Lハイブリッド>
エンジン最高出力・・・130kW(176ps)/5700rpm
エンジン最大トルク・・・220Nm(22.4kgm)/3600-5200rpm

モーター最高出力・・・150ps
モーター最大トルク・・・28kgm

※追記
欧州向けの新型RAV4がパリモータショーでワールドプレミアされ、2.0Lガソリンエンジンが搭載されることが発表されました。

2.0Lエンジンがラインナップされるのであれば、日本でも2.0Lガソリンエンジンと、2.5Lハイブリッドというラインナップになる可能性が高いですね。

2.0Lガソリンエンジンのスペックは、先に発売されるレクサスUX200に搭載されるものと同じになると予想されています。

まだ詳細スペックは発表されていませんが、新開発のダイナミックフォースエンジンで、パワー、燃費ともに既存の2.0Lエンジンよりも向上しているはずです。

走行性能

新型RAV4には、TNGAプラットフォームが採用され、ハンドリング、市街地での乗り心地などが向上します。

RAV4は、C-HRやハリアーよりは少し走破性能重視で、乗り心地は劣る印象でしたが、TNGAプラットフォームの採用により、走破性と乗り心地の良さが両立できることになるかもしれません。

ガソリン車の上級グレードには、「ダイナミックトルクベクタリングAWD」という仕組みが採用されます。

これは、走行状況に応じてリヤのトルクを左右独立で制御することができるもので、高い旋回性能と悪路走破性を両立したものです。

また、2WDモートで走行する時は、後輪への動力へ伝達する駆動系の回転を停止して損失を低減し、燃費も向上します。

ハイブリッド車には、新型E-Fourが搭載されます。

後輪のトルクが従来の1.3倍になり、また、走行状態に応じて適切に後輪にトルクを配分できるようになり、高い走破性を実現しています。

予防安全性能

新型RAV4には、アルファード、ヴェルファイアに搭載されている、次世代型のトヨタセーフティセンスPが全車標準装備となります。

次世代型トヨタセーフティセンスの主な機能は、以下のとおりです。

・プリクラッシュセーフティシステム(自転車、夜間歩行者対応)
・レーントレーシングアシスト(車線中央維持支援システム)
・ロードサインアシスト(標識認識機能)
・レーンディパーチャーアラート
・オートマチックハイビーム
・レーダークルーズコントロール

新型RAV4の予防安全性能は、ハリアーを上回ることになります。

価格

新型RAV4は、ハリアーとバッティングするのではないか。と思うところですが、主にデザイン、高級感で差別化され、価格はハリアーよりも少し安くなると予想されています。

新型RAV4、予想価格

ガソリン車・・・300万円~

ハイブリッド車・・・350万円~

これまで、同じクラスの車であれば、ハリアーにしようか。エクストレイルにしようか。CX-5にしようか。と色々なメーカーの中から選ぶのが一般的でしたが、トヨタの中でデザインの全く違う車を用意することで、需要を独り占めしてしまおう!といった意図も見え隠れします。

日本国内では、トヨタの一人勝ち状態が続きそうです。

車の買い換えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定
必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

新車、中古車の見積もりも、ネットでできる時代です。

値引き交渉もオンラインでできるので、地元のディーラーとどちらが安いか、比較することができます。

一般的な中古車情報サイトには掲載されていない、非公開車両からも探すことができます。

スポンサーリンク

歴代RAV4

RAV4は、1994年に発売され、今回発売されるモデルで5代目になります。

かんたんに、歴代RAV4を紹介していきましょう。

■初代RAV4(1994年~2000年)
初代RAV4は、日本初の乗用車ベース(モノコックボディ)のSUVとして発売されました。コンパクトな5ナンバーサイズに3ドアというスタイルでした。

それまで、SUVといえば、ラダーフレームのランドクルーザーや、パジェロ、ジムニーなど、過酷な道を走行することを念頭において開発された車ばかりでした。

しかし、日本では、道路も整備されており、市街地の走行を中心に考え、乗用車よりも少し走破性が高ければ、実際のところは十分です。

ということで、ラダーフレーム型のSUVよりも乗り心地を良くすることができ、コストも削減することができるクロスオーバーSUVである、RAV4が開発されました。

今では、ヴェゼルやC-HR、ハリアー、エクストレイルなど、たくさんのクロスオーバーSUVがありますが、RAV4が初だったということです。

今では、FFのクロスオーバーSUVも珍しくありませんが、初代RAV4は、全車フルタイム4WDで、フルサイズのスペアタイヤが搭載されるなど、それなりにオフロード性能も重視されていました。

■2代目RAV4(2000年~2005年)
2代目RAV4は、海外市場を念頭に置き開発されたためサイズアップされ、全車3ナンバーサイズとなりました。

また、3ドア車が中心であった初代RAV4と比べ、2代目は5ドア車が中心とされたので、かなり大きくなったという印象を受けます。

初代RAV4は、初のクロスオーバーSUVということでオンロードだけではなく、ある程度オフロード性能も考慮されていたのですが、2代目はよりオンロードに特化し、乗用車的な仕上がりとなっています。

内装の質感も大幅に向上しており、海外では大ヒット車となりました。

一方の日本では、CR-Vやエクストレイルといったライバルとの競争や、3ナンバー化されてサイズが大きくなったということもあり、初代ほどのヒットにはなりませんでした。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする