日産、ティアナが2013年10月にもフルモデルチェンジされる。
元々、国内では大きいティアナであったが、新型は、アメリカで販売されているアルティマと車体を共有し、更に大きくなるようだ。

スポンサーリンク


デザインは、キープコンセプトではあるものの、シルフィ風に進化。

既に中国では発売されているので中国仕様の画像を紹介します。

teana.jpg

こう見ると、充分高級感のあるラグジュアリーセダンに見えますね。
しかし、エンジンは現行は2.5LV6であったものが、直4に変更されます。
中国では、2.0Lタイプも販売されていますが、こちらは国内には投入されない模様。

日産は、ティーダに始まり、シルフィ、ティアナと外見をクラス以上に
高級に魅せるのが得意ですね。

このサイズのFFセダンと言えば、カムリ、アコードと、ハイブリッド専用車が人気を博していますが、ティアナはハイブリッドは投入されないようだ。
しかし、ハイブリッドの開発は行われているようで、
遅れて投入される可能性が高い。

更に、中国ではティアナのロングバージョンが投入されますが、
こちらも日本では発売されません。
日産の重心は、完全に海外に移っていますね。
 カテゴリ
 タグ
None