スポンサーリンク


BMWのオープンカー、Z4が復活します。

今回は、新型Z4の最新情報をお伝えします。

発売日

新型Z4の発売日は、2018年夏頃と予想されています。

デザイン

新型Z4のコンセプトモデルである、Z4コンセプトが、2017年8月に開催されたペブルビーチコンクールデレガンスで公開されました。

東京モーターショーでも公開されています。

エクステリア
z42.jpg

z43.jpg

z44.jpg


インテリア
z4_20171030010015d86.jpg

コンセプトカーですが、おおまかなデザインは市販車でも同様にとなるでしょう。

フロントバンパーの造形や、サイドのプレスラインが、とてもダイナミックな印象です。

走行時に吹き抜ける空気の流れによって現れるデザインをそのまま表現した。ということです。


これまでのBMW車といえば、キドニーグリルの中に縦のラインが入っていることが一般的でしたが、Z4では、キドニーグリルの中にシルバーのポイントが配置されています。

また、ヘッドライトもこれまでのBMWの車とはずいぶん違います。


先代Z4
z45.jpg

先代Z4は、一般的なBMW車両を踏襲したデザインでした。

トヨタと共同開発

新型Z4は、トヨタと共同開発されていることで知られています。

ボディには、トヨタのTNGAプラットフォームの流れをくむ、低重心、高剛性の技術も取り入れられ、BMWの技術と合わせてレベルの高いボディに仕上がるでしょう。


エンジンは、BMW製のエンジンが搭載されると予想されています。

ちなみに、Z4の兄弟車は、トヨタからは新型スープラとして発売されます。

新型スープラの情報もまた更新します。

スペック

新型Z4は、当初「Z5」という名前で、一クラスアップして発売されるのではないかと言われていました。

ところが、コンセプトカーの名前もZ4コンセプトですし、車格は先代Z4と同程度の車になるようです。


サイズは、先代Z4よりは若干大きくなるでしょうが、同程度になると予想されています。

先代Z4のサイズ
全長4,255mm×全幅1,790mm×全高1,280mm


一方のパワートレインは、若干パワーアップされるでしょう。

パワートレインは、直6 2.0Lターボエンジンと、直6 3.0Lターボエンジンが搭載されると予想されています。

2.0Lターボエンジン予想スペック
最高出力・・・185ps/5000rpm
最大トルク・・・27.5kgm/1350-4600rpm


3.0Lターボエンジン予想スペック
最高出力・・・350ps/5500rpm
最大トルク・・・45.9kgm/1380-5000rpm


先代Z4に搭載されていたエンジン

2.0Lターボエンジン
最高出力・・・184ps/5000rpm
最大トルク・・・27.5kgm/1250-4500rpm

3.0Lターボエンジン
最高出力・・・306ps/5800rpm
最大トルク・・・40.8kgm/1300-5000rpm


際立ってハイパワーな車ではありませんが、それなりにエンジンを回して走りを楽しめる車になるでしょう。

ハイパワーモデルの「M」は設定されないと予想されています。

価格

新型Z4の価格は、600万円~900万円程度になると予想されています。


また新しい情報が入りましたら、更新します。

車の買い替えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>愛車の最高価格を知る!最短30秒で入力完了

必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサーリンク


画像はCarscoopsより引用
 カテゴリ
 タグ
None