スポンサーリンク


トヨタの大人気SUV、C-HRに、特別仕様車、LED Editionが設定されました。

今回は、C-HR特別仕様車、LED Editionの最新情報、装備の比較などをしてみます。

発売日

C-HR LED Editionの発売日は、2017年11月2日です。

デザイン

C-HR LED Editionは、光源がLED化されただけなので、パット見のデザインはほとんど変わりません。

LEDライトを採用している関係で、ヘッドライト、リヤコンビネーションランプのデザインが、若干異なります。

chr.jpg

chr2_201711062129162ad.jpg

カラー

C-HRには、色のカラーラインナップがありますが、LEDエディションが設定されているのは、8色のみです。

<モノトーン>
・ホワイトパールクリスタルシャイン
chr3_2017110621311635c.jpg

・メタルストリームメタリック
chr4_20171106213118926.jpg

・ブラックマイカ
chr21.jpg

・センシュアルレッドマイカ
chr22.jpg


<ツートンカラー>
・ブラック×ホワイトパールクリスタルシャイン
chr35.jpg

・ブラック×メタルストリームメタリック
chr23.jpg

・ホワイト×ブラックマイカ
chr24.jpg

・ブラック×センシュアルレッドマイカ
chr25.jpg


以上となっています。

比較的落ち着いたカラーのみのラインナップとなっています。

特別装備

特別装備というほどでもないですが、LED Editionという名前からも分かるように、光源がLED化されています。

・Bi-Beam LEDヘッドランプ
・LEDクリアランスランプ
・LEDシーケンシャルターンランプ
・LEDデイライト
・LEDリヤコンビネーションランプ

・ドアハンドルメッキ加飾
LEDライトの関係は、Gグレードにオプションで選択できるものと同じ内容となっています。

実質的に、SグレードにもLEDライトが選択できるようになった。と考えると良いでしょう。

これまで、C-HRのSグレードでは、LEDヘッドライトはオプションでも選択することができず、Gグレードへの誘導ではないか。などといわれていましたが、ようやくSグレードにもLEDヘッドライトや流れるウインカーが選択できるようになりました。

Gグレードとの違い

さて、SグレードでもLEDヘッドライトが選択できるようになったことで、やっぱりSグレードでもいいや。と思う方も多いことでしょう。

ここで、SグレードとGグレードの違いをおさらいしていきましょう。


Gグレードのみに装備されているものとして、以下のようなものがあります。

・自動防眩インナーミラー
・ブラインドスポットモニター
・クリアランスソナー&バックソナー
・シート表皮の違い(Gは本革×ファブリック)
・電動ランバーサポート
・金属調ドアインナーガーニッシュ
・ナノイー

など、安全性能、質感の面で差別化されています。


ただ、外見はホイールデザインくらいの違いなので、ホイールさえ自分の好きなものに変えてしまえば、一見グレードの違いは分かりません。

これまで、ハロゲンヘッドライトはさすがにダサいかな。と思っていた人も、GグレードとSグレードの価格差で好きなホイールを購入するのもアリかな。と思います。

価格

C-HRの価格をまとめて紹介します。

S・・・2,646,000円
S-T・・・2,516,400円

G・・・2,905,200円
G-T・・・2,775,600円


S LED Edition・・・2,670,000円
S-T LED Edition・・・2,540,400円

G LED Edition・・・2,929,200円
G-T LED Edition・・・2,799,600円


SグレードとGグレードの価格差は、約25万円となっています。

車の買い替えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>愛車の最高価格を知る!最短30秒で入力完了

必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサーリンク


画像はトヨタ様HPから引用
 カテゴリ
 タグ
None