スズキ トラック スーパーキャリイ 発売日、価格、荷台寸法、サイズ、カラーなど最新情報!

スポンサーリンク

スズキから、軽トラックキャリイの派生車種、スーパーキャリイが登場します。

今回は、スーパーキャリイの最新情報をお伝えします。

発売日

スーパーキャリィの発売日は、2018年5月16日です。

デザイン

スーパーキャリィは、普通のキャリイと比べ、運転席の長さ、高さが拡大され、室内空間が広くなっています。


出典http://www.suzuki.co.jp/ ”

運転席の後ろに小窓があり、室内空間が拡大されている事が分かります。

その分荷台は狭くなってしまっています。

東京モーターショーに、スーパーキャリィのベースとなる車両が出品されました。


出典http://www.suzuki.co.jp/ ”

コンセプトカーは、とても可愛らしいデザインですね。

このコンセプトカーは元々、「軽トラ市」に出店することを想定したコンセプトカーでした。

もしかしたら、そういった仕様の特装車なども用意されるかもしれません。

カラーラインナップ

カラーラインナップは、キャリイの上級グレード、KXグレードと同じく、5色です。

・ブルーイッシュブラック

・スペリアホワイト

・ノクターンブルー

・ガーデニングアクア

・シルキーシルバー

画像は通常のキャリイのものです。

スポンサーリンク

サイズ、寸法

スーパーキャリイは、室内の居住性、快適性を重視した軽トラックです。

室内の全長が長くなったことで、運転席、助手席のスライド幅が広くなり、また、シートのリクライニングができるようになっています。

運転席のリクライニングは40°、助手席のリクライニングは24°

運転席のシートスライド量は180mm、助手席のシートスライド量は100mmとなっています。

普通の軽トラは、シートのリクライニングができず、長距離の運転はつらいものがありましたが、スーパーキャリイなら、少しは楽になることでしょう。

シートの奥の部分に、ちょっとした荷物を置くことができます。

シートバックスペースの寸法は、長さ250mm×横幅1,235mm×高さ920mmです。

一番工夫されているな。と感じたのが、荷室です。

室内空間を広げた分、どうしても荷室は狭くなってしまうのですが、室内部分にくぼみを設け、その分荷室を延長。

高さのないものなら、長いものでも積載できるようになっています。

シートをリクライニングした時にできるデッドスペースをうまく活用しています。

荷室寸法は、荷台フロア長1,975mm×荷台幅1,410mm×荷台高290mmです。

パワートレイン

スーパーキャリイのパワートレインは、通常のキャリイと全くおなじになると予想されています。

キャリイよりは長距離の運転が想定されていると思いますが、ターボエンジンが搭載されるといった情報はありません。

<NAエンジン>
最高出力・・・50ps/5700rpm
最大トルク・・・6.4kgm/3500rpm

燃費は、キャリイでは最高20km/hですが、キャビンが拡大されて、重量が増すため、少し悪くなります。

とはいっても、18.8km/Lなので、キャリイよりも1.2km/L悪いだけです。

安全性能

スーパーキャリイには、誤発進抑制機能、後方誤発進抑制機能が搭載されます。

これは、停車中、低速時に、シフトレバーの入れ間違いや、アクセルの踏み間違いによる飛び出しを防ぐための機能です。

停車中、または10km/h以下で走行中、前後3m以内に障害物がある時に、作動します。

他の軽自動車に搭載されているような、デュアルセンサーブレーキサポートは搭載されませんでした。

通常のキャリイには、現時点では予防安全装備は搭載されていませんが、同時に改良されて、同等の安全機能が搭載されました。

価格

スーパーキャリイのグレードは、LとXの2グレードです。

Lがベースグレード、Xが上級グレードですがLにも、エアコン、パワステ、エアバッグなどが標準装備となります。

Xグレードでは、それに加え、キーレスエントリー、フォグランプなどが標準装備となります。

スーパーキャリイの予想価格は、

L・・・974,160円~

X・・・1,102,680円~

です。

通常のキャリイでいうところの、KXグレードが、Xグレード、KCグレードのエアコン、パワステ搭載グレードが、Lグレードに相当するということですね。

車の買い換えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定
必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

新車、中古車の見積もりも、ネットでできる時代です。

値引き交渉もオンラインでできるので、地元のディーラーとどちらが安いか、比較することができます。

一般的な中古車情報サイトには掲載されていない、非公開車両からも探すことができます。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする