スポンサーリンク


トヨタ、プレミオ、アリオンのモデルチェンジ情報をお伝えします。

プレミオ、アリオンは、現行型が2007年に発売されており、フルモデルチェンジが待ち望まれていましたが、今回のモデルチェンジはマイナーチェンジとなります。

■発売日

プレミオ、アリオンのマイナーチェンジは、2016年6月13日に実施されました。

TOYOTAは、プレミオならびにアリオンをマイナーチェンジし、プレミオは全国のトヨペット店、アリオンは全国のトヨタ店を通じて、6月13日に発売した。

 プレミオならびにアリオンは、1957年にトヨペット・コロナとして誕生し、その後、コロナ/カリーナと、時代に沿って進化してきた。
フォーマルにもカジュアルなシーンでも使え、また、取り回しの良い5ナンバーサイズや上質で落ち着いたデザインなど、あらゆる面でバランスのとれた日本の正統派セダンである。
 今回のマイナーチェンジでは、高級感とスポーティなイメージを付与した大幅な意匠変更に加え、安全装備を充実させた。出典:TOYOTA


■デザイン

フロントマスクを中心にデザインが変更されました。

プレミオ フロント
premio2.jpg

プレミオ リア
premio3.jpg

先代プレミオ
premio.jpg

アリオン フロント
allion2.jpg

アリオン リア
allion3.jpg

先代アリオン
allion.jpg

フロントマスクは、ずいぶん大きくイメージチェンジされました。

それに対し、リアはあまり変わっていない印象です。

押し出し感のあるフロントグリルや、精悍さを増したシャープなヘッドランプなど高級感とスポーティさを表現
グリルは、プレミオには、横バーを組み合わせたデザインにメッキをあしらうことで重厚感を、アリオンには細かいブロックメッシュグリルを採用しスマートな高級感を演出
リヤコンビネーションランプは、プレミオにはCの字グラフィックで個性を付与。また、深みのあるレンズ色により上品で落ち着いたイメージを表現。アリオンは、奥行き感のある造形と6眼のストップランプにより、スマートで高級感のあるイメージを創出
外板色は、新色のブラッキッシュアゲハフレークを含む5色を採用し、全8色の設定とした

インテリア
インストルメントパネルは、センタークラスターからシフトレバー付近までの形状を変更し、一体感のある、シャープで洗練されたデザインを実現
メーターを一新し、多彩な情報を高解像度で表示する4.2インチカラーTFT*1液晶を採用。また、照明色・メーター指針を白に統一することで高級感を付与するとともに視認性を向上
内装色は、本革シートにブラウンを採用することで、より上質で落ち着いた印象とし、ファブリックシートは、アイボリーから明るいフラクセンに変更、ブラックに統一した室内とのコントラストで、メリハリのあるモダンなテイストに一新CITE>出典:TOYOTA


■価格

・プレミオ
F・・・1,908,655円
F Lパッケージ・・・2,097,163円
F EXパッケージ・・・2,306,291円

X・・・2,047,091円
X Lパッケージ・・・2,259,163円
X EXパッケージ・・・2,528,182円

G・・・2,423,127円
G EXパッケージ・・・2,686,255円

4WD
X・・・2,241,491円
X Lパッケージ・・・2,453,563円
X EXパッケージ・・・2,711,782円

・アリオン
FF
A15・・・1,897,855円
A15 Gパッケージ・・・2,086,363円
A15 Gプラスパッケージ・・・2,269,963円
A18・・・2,032,362円
A18 Gパッケージ・・・2,239,527円
A18 Gプラスパッケージ・・・2,491,855円
A20・・・2,404,473円
A20 Gプラスパッケージ・・・2,650,909円

4WD
A18・・・2,226,763円
A18 Gパッケージ・・・2,433,927円
A18 Gプラスパッケージ・・・2,675,455円

グレード名はアリオンのものになっていますが、プレミオも基本的に同じです。

トヨタセーフティセンスCの搭載や、オート格納&リバース連動ドアミラーの標準装備などありますが、全体的に価格はアップしています。

■安全面

新型プレミオ、アリオンには、トヨタセーフティセンスCが搭載されます。

トヨタセーフティセンスCは、
・プリクラッシュセーフティシステム
・レーンディパーチャーアラート
・オートマチックハイビーム

のパッケージです。

複数の予防安全装備をパッケージ化した「Toyota Safety Sense C」と駐車時などにおける衝突回避や衝突被害軽減に寄与するインテリジェントクリアランスソナーを標準装備、さらにドライブスタートコントロール、緊急ブレーキシグナルを標準装備するなど、走行時や駐車時での衝突回避あるいは衝突被害の軽減をサポートCITE>出典:TOYOTA


今回のモデルチェンジでは、ハイブリッドの投入などはなく、従来通りガソリン車のみのラインナップです。

燃費は、改良により向上すると見られています。
詳しい情報が入りましたら、また更新します。

スポンサーリンク


■新型プレミオ、アリオンを検討中の方へ


全120社以上の中から、最高額で買い取ってくれる買取店を探せます。
入力は、1分程度なので、是非一度試してみてください。
一例として、プリウスなら、45万円も高い査定が付きました。
 カテゴリ
 タグ
None