【新型フィット 予約開始】納期は、最大6ヶ月程度に?ガソリン車よりもハイブリッドの方が長くなりそう

スポンサーリンク

電動パーキングブレーキの不具合が発覚し、2020年2月に発売が延期された、新型フィット。

当初は2019年10月に発売される予定で、販売店でも顧客にそのように案内されていたため、ちょっとバタバタしているようです。

あらためて、新型フィットの予約受付や納期がどれくらいになるのか、いくつかのディーラーに取材をしてきました。

このページでは、新型フィットの予約や納期に関する情報をお伝えします。

現在は、仮予約という形で予約受付中

新型フィットの発売日が2020年2月に延期になった関係で、現時点(2019年11月3日)では、正式な予約受付はされていません。

というか、まだ価格も決まっていないので、正式な予約など受け付けられる状況にはないです。

ただ、もともと2019年10月に発売されるはずだった新型フィットですから、顧客からの問い合わせが多くあり、また、それに対応するため、多くのディーラーで仮予約を受け付けています。

仮予約というのは、ディーラー側で予約情報をメモしておいて、正式な予約をメーカー側に流せるようになったら、その順番で情報を入力するよ。というものです。

正式な予約受付は年末

新型フィットの発売日が2020年2月に延期されたことを受けて、正式な予約受付は年明け、2019年12月まで延期されることになっています。

【追記】
各ディーラーで正式な予約受付がはじまりました。

少しでも早く納車されたい方は、ディーラーへ急ぎましょう。

新型フィットの納期は6ヶ月程度になるかもしれない

今回の新型フィット、当初は2019年10月に発売予定とアナウンスしていたこともあり、現時点でもすでに結構な台数の予約が集まっているようです。

予約のペースでいうと、現時点でも2~3ヶ月分くらいの予約が集まっている店舗もあります。

2月までこの予約がたまり続けるわけで、発売直後は、納期が6ヶ月程度にまで伸びるかもしれない。と営業マンの方は見ているようです。

ただ、フィットは最量販車種であり、生産される台数も多いので、発売日以降は徐々にたまっていた注文が解消され、ずっと納期が6ヶ月の状態が続くということはないだろう。と言っておりました。

ハイブリッド車の方が納期が長くなる?

現時点での予約状況は、ガソリン車よりもハイブリッド車の方が多く、また、新型フィットには新しいハイブリッドシステムが搭載されるため、受注が多いからといってすぐには生産台数を増やすことはできないようです。

ですから、はじめのうちはハイブリッド車の方が納期が長くなるのではないか。とも聞いています。

2020年1月追記

新型フィットの納期ですが、2月の発売時点でも6ヶ月までは長くならなさそうだということです。

いっても4ヶ月くらいだろう。という風にディーラーから聞いています。

新型フィットは、女性比率が高くなっている

今回の新型フィット、デザインが丸みを帯びていて、親しみやすくなっています。

それもあってか、フィット3よりも女性比率が高くなっているようです。

確かに、新型フィットのデザインは小動物のようで愛らしく、男女問わず受け入れられやすいデザインになっているかと思います。

新型フィットが大ヒットすれば、最近軽自動車からコンパクトカーにまで広がっている、イカツイ睨みをきかせたようなデザインの流れも変わるかもしれませんね。

注文が新型ヤリスに流れている?

新型フィットの発売前ですが、若干納期は短くなる方向にズレはじめているようです。

可能性としては、同時期に発売されるトヨタの新型ヤリスに注文が流れている事が考えられます。

新型ヤリスの納期は4ヶ月程度と、フィットよりも長くなってきています。

新型ヤリスの納期の情報は、こちらのページで紹介しています。
新型ヤリス 納期最新情報 2020年1月時点で、納期は4ヶ月程度

関連記事

【新型 フィット 最新情報】フルモデルチェンジ!発売日、画像(外装、内装)、価格、スペックなど
【新型フィット グレード別装備】BASIC、HOME、LUXE、NESS、CROSSTARそれぞれ紹介!
新型フィット 発売延期に。発売日は、2020年2月に変更!発売延期の理由を解説

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする