【新型フリード CROSSTAR(クロスター)】特徴、違い、価格を紹介!最低地上高は?

スポンサーリンク

10月18日にマイナーチェンジされる新型フリードには、CROSSTAR(クロスター)という、SUV風のクロスオーバーモデルが投入されます。

このページでは、新型フリード、CROSSTAR(クロスター)の特徴と、標準モデルとどういったところが違うのか。という点を紹介します。

フリードCROSSTARのデザイン

フリードCROSSTAR(クロスター)のデザインを紹介します。

フリード クロスター

出典https://www.honda.co.jp

フリードCROSSTAR(クロスター)のエクステリアには、専用パーツが採用されています。

・専用フロントグリル
・専用フロントバンパー
・専用アルミホイール
・専用リヤバンパー
・ルーフレール

インテリアも、専用デザインのブラックコンビシートが採用されています。

5人乗りと6人乗りのみ設定

新型フリードは、5人乗り、6人乗り、7人乗りの3タイプが設定されていますが、フリードCROSSTAR(クロスター)は、5人乗りと6人乗りのみが設定されています。

5人乗りは、フリード+CROSSTARで、6人乗りはフリードCROSSTARです。

どちらもガソリン車とハイブリッド車が設定されており、それぞれにFF、4WD両方が設定されています。

フリードCROSSTAR(クロスター)は、アウトドアに活躍することを想定しているので、5人乗りモデルが販売の中心になるかと思います。

走破性は特に高められていない

こういったクロスオーバーモデルでは、大径タイヤが採用されていたり、最低地上高が上げられていたりと、少し走破性も高められていることが多いのですが、フリードCROSSTARでは、特にそういった情報は入ってきていません。

ホンダのフリードCROSSTARを紹介するページでも、

「2WDモデルのラゲッジ開口部は地上からわずか335mm」

と、ラゲッジ開口部の地上高の低さをアピールしているくらいですから、走破性自体は標準モデルと同じものと思われます。

標準モデルとの違いは見た目だけで、使い勝手は標準モデルと同じと思っておきましょう。

とはいえ、もともと、フリード、フリード+の使い勝手はとても良いです。

フリードCROSSTARの価格

ガソリン車で220万円程度、ハイブリッド車で260万円程度になるのではないか。とは聞いていますが、詳しい価格は現時点では不明です。

あたらしい情報が入り次第、更新します。

SUVとクロスオーバーの違い

フリードCROSSTARとは、フリードのクロスオーバー風のモデルです。

最近のSUV人気を受けて、SUV風のモデル、クロスオーバー風のモデルといったものが続々と誕生していますが、SUVとクロスオーバーはどう違うのか、調べてみました。

結論から言うと、クロスオーバーとは、SUVの中で街乗り重視のモデルを指す言葉です。

SUVの中でも走破性を重視したモデルは、クロスカントリーと呼ばれます。

SUVという大きなくくりの中に、クロスオーバーがあるということですね。

そもそもクロスオーバーでもない?

先にも紹介したように、フリードCROSSTARは、特に大径タイヤが採用されるわけでもなく、最低地上高が上げられるわけでもないようです。

そういった意味では、走破性は標準モデルと全く変わらないわけで、そもそもクロスオーバーですらないのでは?と思います。

ちなみに、「SUVな軽ハイトワゴン」として最近発売された、スズキのスペーシアギアも、最低地上高は標準モデルと同じです。

最近は、見た目だけでもSUV風、クロスオーバー風のモデルが人気なようなので、流行りモノですね。

スポンサーリンク

関連記事

【新型 フリード マイナーチェンジ】発売日、外装、内装、スペック、価格予想

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする