【新型 グレイス 最新情報】フルモデルチェンジ!日本発売日、デザイン、エンジン、サイズ、価格予想など

スポンサーリンク

ホンダのコンパクトセダン、グレイスがフルモデルチェンジされます。

グレイスはフィットがベースのセダンで、フィットのフルモデルチェンジに続いてモデルチェンジされます。

このページでは、新型グレイスの発売日、デザイン、サイズ、エンジン、価格予想など、最新情報を紹介します。

新型グレイスの日本発売日は、2020年夏ごろ

新型グレイスの日本発売日は、2020年夏ごろと予想されています。

ただ、ベースとなるフィットの発売が延期されている関係で、新型グレイスの発売日ももう少し遅くなる可能性はあります。

関係者の知人に聞いてみましたが、グレイスもフィットもリヤのブレーキをドラムブレーキに変更して発売するようです。

新型グレイスのデザイン

グレイスは、海外ではシティという名前で販売されています。

グレイスは東南アジア市場が中心のコンパクトセダンということで、タイで先に発表されました。

タイで発表された新型グレイス(新型シティ)のデザインを紹介します。

新型シティ(標準グレード)
新型グレイス

新型グレイス

新型グレイス インテリア

出典https://www.carscoops.com

丸目のデザインにイメージチェンジをしたフィットとは違い、グレイスはキープコンセプトで、鋭い目つきのデザインとなっています。

全体的なスタイリングも、ハッチバックのフィットに無理やりトランクを付け足したようなデザインではなく、セダンらしい流麗なデザインを実現しています。あとから紹介しますが、その分全長が長くなっています。

インテリアも、フィットとは結構違います。

パッと見ただけで、ステアリングの形が違いますし、エアコン吹出口前のカップホルダーもありません。

フィットから流用されているパーツの割合は、半分くらいだということです。

新型フィットのインテリア

出典https://www.honda.co.jp

今回のグレイスは、フィットのセダン版というよりは、あくまでもベースがフィットというだけで、しっかりと別の車種として作り分けられた。という印象があります。

RSグレード
新型グレイス RSグレード

新型グレイス RSグレード

新型グレイス RSグレード インテリア

新型グレイス RSグレード インテリア
出典https://www.carscoops.com

上級グレード、RSのヘッドライトは、アコードのように万華鏡のようなデザインになっており、質感が高くなっています。

インテリアでは、赤いステッチがアクセントになっています。

スポンサーリンク

新型グレイスのパワートレイン

新型グレイスには、1.5Lハイブリッド、1.5Lガソリンエンジン、1.0Lターボエンジンの3種類のエンジンが搭載されると予想されています。

<1.5Lハイブリッド>
エンジン最高出力・・・109ps/6000rpm
エンジン最大トルク・・・13.7kgm/5000rpm
モーター最高出力・・・131ps
モーター最大トルク・・・27.2kgm

<1.5Lエンジン>
最高出力・・・132ps/6600rpm
最大トルク・・・15.8kgm/4600rpm

1.0Lターボエンジンは、RSグレード用として設定されるようです。

新型シティの発表会で、RSグレードが発表されています。

<1.0Lターボエンジン>
最高出力・・・129ps/5500rpm
最大トルク・・・18.4kgm/1700-4500rpm

新型グレイスのボディサイズは、3ナンバーサイズになる?

新型グレイスのボディサイズは、現行モデルよりも大きくなり、3ナンバーサイズになると予想されています。

先日発表された新型シティのボディサイズは、全長4,670mm×全幅1,750mm×全高1,465mmです。

現行グレイスのサイズは全長4,450mm×全幅1,695mm×全高1,475mmですから、全長、全幅ともに大きくなっています。

注目は、全幅が1,750mmと、3ナンバーサイズになっているということです。

カローラのように日本仕様だけ全幅が狭められるということもないようなので、新型グレイスは3ナンバーになるということですね。

ちょうど、カローラも3ナンバーになったところなので、コンパクトセダンが3ナンバーになるということに対する抵抗が小さくなっており、良いタイミングかもしれません。

新型グレイスの燃費は、1割ほど向上か

新型グレイスの燃費は、ハイブリッド車は現行モデルよりも1割ほど向上し、ガソリン車は現行モデルと同程度になると予想されています。

現行グレイス、ハイブリッド車の燃費は34.8km/Lなので、新型は38km/L程度になるということですね。

現行グレイス、1.5Lガソリン車の燃費は22.0km/Lです。

1.0Lターボエンジンの燃費はまだ不明です。

新型グレイスの価格

新型グレイスの価格は、現行モデルよりもハイブリッド車が15万円ほど、ガソリン車も10万円ほど高くなると予想されています。

<新型グレイス 予想価格>
ガソリン車・・・190万円~
ハイブリッド車・・・215万円~

ちなみに、1.0Lターボエンジンを搭載したグレイスの海外での価格はすでに発表されており、195万円~264万円となっています。

同じくフルモデルチェンジされて3ナンバー化されたカローラセダンは、ガソリン車が193万円~、ハイブリッド車が240万円~なので、ガソリン車はカローラと同じくらい、ハイブリッド車はカローラよりも安くなりそうです。

また新しい情報が入りましたら、更新します。

車の買い換えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定
必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする