【新型 トヨタ MIRAI 最新情報】デザイン、価格、航続距離、発売時期、サイズなど

スポンサーリンク

トヨタの燃料電池自動車、MIRAIのコンセプトカー、MIRAI Conceptが、東京モーターショーで公開されました。

このコンセプトカーは、次期MIRAIの開発最終段階の試作車で、次期MIRAIの情報がたくさんつまっています。

このページでは、この、MIRAI Conceptの情報をもとに、次期MIRAIの最新情報を紹介します。

新型MIRAIの発売日は、2020年末

新型MIRAIの発売日は、2020年末です。

トヨタのプレスリリースでも、「MIRAI Concept」は、2020年末の発売に向けた次期「MIRAI」の開発最終段階のモデルとなります。との文言があるので、特に問題なく開発が進めば、2020年末に発売されます。

新型MIRAIのデザイン

新型MIRAIのデザインを紹介します。

新型MIRAI エクステリア

新型MIRAI エクステリア

新型MIRAI エクステリア

新型MIRAI インテリア

新型MIRAI インテリア

出典https://global.toyota

新型MIRAIは、最近流行りの6ライトデザインが採用されています。

カムリのスポーツグレードのような、大きなフロントグリルが特徴的です。(フロントグリルといっても、穴は空いていません)

ホイールは、20インチのものが採用されています。

これはさすがに、市販車では小径化されるかもしれませんね。

今回のコンセプトカーでは、サイドミラーは普通のミラーですが、先進的な車のイメージに合わせるため、レクサスESに採用されたデジタルアウターミラーを採用することも検討されているようです。

インテリアは、左右非対称で、先進性かつあたたかみのあるデザインを目指したということです。

現行MIRAIは4人乗りでしたが、新型MIRAIは5人乗りとなっています。

スポンサーリンク

TNGAプラットフォーム採用

新型MIRAIは、クラウンやレクサスLSなどと同じ、TNGAプラットフォームが採用されます。

現行MIRAIは、カムリなどとシャシーを共有する車でしたから、車格がワンランク上がるイメージですね。

TNGAプラットフォームは、元々剛性が高く重心が低いことが特徴なのですが、MIRAIでは、水素タンクやFCスタックといった重量のあるパーツを車両中央の下部に配置することで、より重心を下げることができます。

新型MIRAIのボディサイズ

新型MIRAIのボディサイズは、全長4,975mm×全幅1,885mm×全高1,470mmです。

現行MIRAIのボディサイズは、全長4,890mm×全幅1,815mm×全高1,535mmでしたから、全長は85mm長く、全幅は70mm広く、全高は65mm低くなっています。

他のセダンと比較すると、クラウンは全長4,910mm×全幅1,800mm×全高1,455mmなので、クラウンよりももう少し大きいサイズです。

全幅が1,885mmあるので、日本国内では取り回しづらい場面も出てくるでしょう。

サイズ的には、レクサスESが、全長4,975mm×全幅1,865mm×全高1,445mmで、近いですね。

レクサスESはFF、新型MIRAIはFRなので、レクサスESよりは小回りが効くのではないかと思います。

スポンサーリンク

新型MIRAIの航続距離は、800km超え?

新型MIRAIは、現行型に比べて航続距離を30%延長することを目標に開発がすすめられています。

現行MIRAIの航続距離は650kmなので、単純に1.3を掛けると、845kmということになります。

現行MIRAIの航続距離は、カタログ上は650kmとなっていますが、実際の航続距離は450km程度です。

新型MIRAIの実際の航続距離は、600km程度ということになるものと思われます。

異次元の静粛性を実現

新型MIRAIは、「異次元の静粛性」を実現した。とプレスリリースで発表されています。

トヨタ自身が異次元の静粛性と言うくらいですから、クラウンなど、一般的に静粛性が高いと言われている車を上回っているのは確実でしょう。(といより、現行MIRAIでもクラウンより静かです)

もしかすると、センチュリー並の静粛性を実現しているかもしれませんね。

予防安全性能

新型MIRAIには、右折時の対向直進車や右左折後の横断歩行者も検知することができる自動ブレーキなど、最新の予防安全機能が搭載されると予想されています。

新型MIRAIに搭載が予想されている予防安全機能を紹介します。

・プリクラッシュセーフティ
車両、歩行者、昼間の自転車に対応した自動ブレーキ機能

車両対しては10km/h~以上で作動
歩行者、自転車に対しては10km/h~80km/hで作動

右折時の対向直進車や、右左折後の横断歩行者も検知対象となっています。

・レーントレーシングアシスト
車両の中央を走行できるようにステアリング操作をアシストする機能

・レーダークルーズコントロール
先行車との車間距離を保つようにアクセル、ブレーキ操作を自動で行う機能

インテリアの画像を見る限り、パーキングブレーキは電動ではないので、全車速対応型ではないと思われます。

・オートマチックハイビーム
先行車、対向車を検知して、ハイビームとロービームを自動で切り替える機能

・ロードサインアシスト
はみだし通行禁止、最高速度、車両進入禁止、一時停止の標識を認識し、マルチインフォメーションディスプレイに表示する機能

・先行車発進告知機能
前に止まっている車が発進したにも関わらず、自車が発進しない場合に知らせる機能

・インテリジェントクリアランスソナー
アクセルとブレーキを踏み間違えた時に、エンジン出力を抑え、衝突が避けられないと判断した場合は自動でブレーキをかけて、衝突を防止する機能

・リヤクロストラフィックオートブレーキ
駐車場からバックで出る時に、左右から接近してくる車両は、後方にいる歩行者を検知して警告し、衝突の可能性がある場合は、自動でブレーキをかける機能

・ブラインドスポットモニター
隣接する車線の後方から接近する車を検知して、知らせる機能

スポンサーリンク

新型MIRAIの価格

新型MIRAIは、TNGAプラットフォームの採用や、航続距離の延長など、様々な点で現行モデルよりも進化するのですが、価格は現行モデルと同程度を目指して開発されています。

現行MIRAIの価格は、740万円です。

新型MIRAIも同程度ということで、結構お高い車であることは間違いないのですが、補助金が300万円程度出るので、実質500万円を切るくらいの価格で購入することができます。

実質価格はクラウンよりも安くなるので、考え方によってはお買い得な車かもしれません。

まとめ

新型MIRAIは、TNGAプラットフォームの採用や、航続距離の延長、最新のトヨタセーフティセンスの採用など、順当に進化します。

まだまだ普及しているとは言い難い燃料電池自動車ですが、こうやって販売を継続していくことで徐々に普及し、インフラの整備も進み、価格も下がっていくことでしょう。

ハイブリッド車の次の主流がが電気自動車になるのか、燃料電気自動車になるのかにも、注目ですね。

車の買い換えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定
必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする