ソリオ 買取相場、高額豆知識 年式別、グレード別、(X、G、HYBRID MX、MZ、SX、SZ)走行距離別

車名別買取相場一覧にもどる

スズキ、ソリオの買取相場、買取価格を、年式別、グレード別、走行距離別に紹介します。

先代ソリオの買取相場



出典https://kakaku.com ”

新車価格 138万円~199万円
サイズ 全長3,710mm×全幅1,620mm×全高1,765mm
排気量 1.2L
車両重量 1,000kg~1,090kg
販売期間 2011年~2015年

先代ソリオの型式名は、DBA-MA15Sです。

年式 グレード 走行距離 買取価格
平成23年式 G 78,000km 30万円
平成23年式 Gリミテッド 60,000km 32万円
平成23年式 X 64,000km 38万円
平成24年式 G 50,000km 42万円
平成24年式 Gリミテッド 26,000km 62万円
平成24年式 X 88,000km 54万円
平成25年式 G 36,000km 58万円
平成25年式 Gリミテッド 30,000km 60万円
平成25年式 X 33,000km 72万円
平成26年式 G 45,000km 78万円
平成26年式 Gリミテッド 78,000km 70万円
平成26年式 X 25,000km 86万円
平成27年式 G 20,000km 90万円
平成27年式 Gリミテッド 13,000km 98万円
平成27年式 X 24,000km 115万円

先代ソリオの買取価格は、30万円~120万円程度が相場です。

グレード別では、G<Gリミテッド<Xの順で、デュアルジェットエンジンや自動ブレーキ搭載グレードの方が買取価格は高くなる傾向にあります。


あなたの車の買取相場は分かりましたか?

一括査定を利用すれば、あなたの車の最高価格を簡単に知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定

査定は無料で、必ず売らないといけないということないので、一度試してみて下さい。

現行ソリオの買取相場



出典https://kakaku.com ”

新車価格 145万円~208万円
サイズ 全長3,710mm×全幅1,625mm×全高1,745mm
排気量 1.2L
車両重量 930kg~990kg
販売期間 2015年~

現行ソリオの型式名は、DAA-MA46S、DBA-MA26Sです。

年式 グレード 走行距離 買取価格
平成27年式 G 25,000km 117万円
平成27年式 HYBRID MX 15,000km 131万円
平成27年式 HYBRID MZ 27,000km 130万円
平成27年式 HYBRID SX 16,000km 145万円
平成27年式 HYBRID SZ 30,000km 156万円
平成28年式 G 15,000km 115万円
平成28年式 HYBRID MX 46,000km 134万円
平成28年式 HYBRID MZ 10,000km 140万円
平成28年式 HYBRID SX 33,000km 145万円
平成28年式 HYBRID SZ 26,000km 150万円
平成29年式 G 14,000km 168万円
平成29年式 HYBRID MX 7,000km 125万円
平成29年式 HYBRID MZ 25,000km 164万円
平成29年式 HYBRID SX 19,000km 154万円
平成29年式 HYBRID SZ 20,000km 170万円
平成30年式 G 10,000km 131万円
平成30年式 HYBRID MX 7,000km 153万円
平成30年式 HYBRID MZ 11,000km 170万円
平成30年式 HYBRID SX 7,000km 174万円
平成30年式 HYBRID SZ 5,000km 185万円

現行ソリオの買取価格は、110万円~190万円程度が相場です。

グレード別では、G<HYBRID MX<HYBRID MZ<HYBRID SX<HYBRID SZの順で買取相場が高くなっています。


あなたの車の買取相場は分かりましたか?

一括査定を利用すれば、あなたの車の最高価格を簡単に知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定

査定は無料で、必ず売らないといけないということないので、一度試してみて下さい。

ソリオの特徴、車種紹介

ソリオといえば、コンパクトなスライドドアの車というイメージがあるかと思いますが、元々はワゴンRの普通車版として販売されていました。

スライドドアが採用されたのは、2010年に発売された先代ソリオからです。

5ナンバーサイズいっぱいではなく、全幅を少し狭く抑えて、軽自動車と一般的な5ナンバーサイズの小型車との隙間の需要を狙った車です。

スライドドアが採用されているため、車庫が狭いが軽自動車は嫌だという需要をうまく拾うことができ、人気の車となりました。

先代ソリオのスライドドアは、軽自動車のパレットと同じものが採用されるなど、コストカットの工夫もされています。

2015年に発売された現行ソリオには、「非ハイブリッド車」「マイルドハイブリッド車」「ハイブリッド車」の3種類がラインナップされています。

用途、走行距離に応じて選択することができて、ありがたいですね。

ソリオの人気を受けて、2016年には、トヨタ、ダイハツからライバル車、タンク・ルーミー・トールなどが発売されました。

車の完成度はソリオの方が高く感じますが、販売力の強さから、なかなか強力なライバルとなっています。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする