【スイフト マイナーチェンジ 2020】4月16日にマイナーチェンジか。変更点、価格予想など、最新情報!

スポンサーリンク

スズキのコンパクトカー、スイフトがマイナーチェンジされ、予防安全機能がアップデートされるようです。

このページでは、スイフトのマイナーチェンジ情報を紹介します。

新型スイフトの発売日

新型スイフトの発売日は、2020年4月16日と予想されています。

新型スイフト、マイナーチェンジでの変更点

予防安全性能の充実

スイフトは、マイナーチェンジで予防安全性能が充実すると予想されています。

新型スイフトに搭載が予想されている予防安全機能、運転支援機能を紹介します。

・デュアルセンサーブレーキサポート
・誤発進抑制機能
・車線逸脱警報機能
・ふらつき警報機能
・先行車発進お知らせ機能
・ハイビームアシスト
・アダプティブクルーズコントロール
・全方位モニター用カメラ
・後方誤発進抑制機能
・後退時ブレーキサポート
・標識認識機能
・ブラインドスポットモニター

新しく追加が予想されているのは、「後方誤発進抑制機能」「後退時ブレーキサポート」「標識認識機能」「ブラインドスポットモニター」です。

エスクードには搭載されている、「リヤクロストラフィックアラート」は搭載されないと予想されています。

また、一部高速道路で最高速度が120km/hになったことに対応するため、アダプティブクルーズコントロールの最高速度が120km/hになるようです。

今のところ、変更点は予防安全機能くらいで、デザインは変わらないといわれているので、マイナーチェンジではなく、一部改良という位置づけになるかもしれません。

スイフトは2016年に発売されて今までマイナーチェンジされていないので、そろそろマイナーチェンジされても良い時期ではありますが、ハスラーがそうであったように、マイナーチェンジされずに最後までいくのかもしれません。

新型スイフトの価格予想

新型スイフトの価格は、現行モデルと同程度に抑えられると予想されています。

<現行スイフトの価格>
XG limited・・・1,483,900円
HYBRID SL・・・1,985,500円
RS・・・1,717,100円
RSt・・・1,833,700円
HYBRID RS・・・1,820,500円

2020年1月に改良で予防安全性能が向上し、新型エンジンが搭載されたワゴンRも、価格はほぼ据え置かれました。

スズキは価格の面ではかなり頑張っていますね。

スイフトの基本情報

搭載エンジン

スイフトには、1.2Lガソリンエンジン、1.0Lターボエンジンの2種類のエンジンが設定されています。

1.2Lガソリンエンジンには、非ハイブリッドとハイブリッドがあるので、合計3種類のパワートレインが設定されています。

<1.2Lガソリン車>
XG Limitedグレード、RSグレード

最高出力・・・91ps/6000rpm
最大トルク・・・12.0kgm/4400rpm

<1.2Lハイブリッド車>
HYBRID SL、HYBRID RSグレード

エンジン最高出力・・・91ps/6000rpm
エンジン最大トルク・・・12.0kgm/4400rpm
モーター最高出力・・・13.6ps
モーター最大トルク・・・3.1kgm

<1.0Lターボ車>
RStグレード

最高出力・・・102ps/5500rpm
最大トルク・・・15.3kgm/1700-4500rpm

燃費

スイフトは、車両重量が860kg~910kgと、軽自動車並に軽いです。

そのため燃費も最も良いグレードで32.0km/Lと、とても低燃費です。

1.2Lガソリン車・・・24.0km/L

1.2Lハイブリッド車・・・32.0km/L

1.0Lターボ車・・・20.0km/L

ボディサイズ

スイフトのボディサイズは、全長3,840mm✕全幅1,695mm✕全高1,500mmです。

全長4,000mm程度が多い他のコンパクトカーに比べると、少し長さが短いです。

スイフトのマイナーチェンジに関して新しい情報が入りましたら、また更新します。

車の買い換えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定
必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする