BMW 新型4シリーズ カブリオレ デザイン、日本発売日、サイズ、エンジンスペック、価格など、最新情報

スポンサーリンク

キドニーグリルが特徴的な、BMW 新型4シリーズクーペ。

クーペだけでなく、カブリオレも開発中で、テスト走行の様子が目撃されています。

このページでは、新型4シリーズカブリオレの日本発売日、デザイン、サイズ、エンジンスペック、価格など、最新情報、予想情報を紹介します。

新型4シリーズカブリオレの日本発売日

新型4シリーズカブリオレの発売日は、新型4シリーズクーペの半年~1年後になると予想されています。

新型4シリーズクーペは、2021年春ごろ発売されるといわれているので、カブリオレの発売日は、2021年秋~2022年春ごろになるでしょう。

新型4シリーズクーペの情報は、こちらのページで紹介しています。

新型4シリーズカブリオレのデザイン

新型4シリーズカブリオレのテスト走行の様子が撮影されています。


出典https://www.carscoops.com

同じ4シリーズなので当然といえば当然ですが、大きなキドニーグリルが採用されています。

基本的には、先に発表された4シリーズクーペのデザインが参考になります。

出典https://www.press.bmwgroup.com

新型4シリーズカブリオレのボディサイズ

新型4シリーズカブリオレのボディサイズは、クーペよりも全高が10mm程度高くなると予想されています。

<4シリーズカブリオレ予想サイズ>
全長4,768mm✕全幅1,852mm✕全高1,393mm

クーペは後部座席の頭上空間の狭さが気になりますが、カブリオレなら、ルーフを開けておけば気になりません。

新型4シリーズカブリオレのエンジンスペック

新型4シリーズクーペには、6種類のパワートレインが設定されます。

420i(2.0Lターボエンジン)・・・184ps

430i(2.0Lターボエンジン)・・・258ps

420d(2.0Lディーゼルターボエンジン)・・・190ps(ハイブリッド)

430d(3.0Lディーゼルターボエンジン)・・・286ps(ハイブリッド)

M440i(3.0Lターボエンジン)・・・374ps(ハイブリッド)

M440d(3.0Lディーゼルターボエンジン)・・・340ps(ハイブリッド)

日本には、430iと、430dの2種類が投入されると予想されています。

新型4シリーズカブリオレの先進機能

新型4シリーズクーペには、先に発売される新型3シリーズと同等の先進機能が搭載されると予想されています。

・アダプティブクルーズコントロール

・ステアリング&レーンコントロールアシスト

・レーンディパーチャーウォーニング

・レーンチェンジウォーニング

・クロストラフィックウォーニング

・衝突回避被害軽減ブレーキ

・パーキングアシストプラス

・リバースアシスト機能

・ハンズオフ機能

これらの機能が搭載されることになるでしょう。

新型4シリーズカブリオレの価格

新型4シリーズ、カブリオレの価格は、どのパワートレインが投入されるか。によって大きく変わってくるので、はっきりとしたことは言えませんが、予想通り430iと430dが投入されるのであれば、丁度1000万円程度~になるでしょう。

また新しい情報が入りましたら、更新します。

車の買い換えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定
必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする