半導体不足により、中古車相場が高騰中です。

下取りよりも数十万高く売れることも珍しくありません。一度、査定をしてみてください!

【新型 BMW 2シリーズ アクティブツアラー】日本発売日、デザイン、サイズ、エンジン、価格など、フルモデルチェンジ情報

スポンサーリンク

新型BMW 2シリーズアクティブツアラーは、フルモデルチェンジでより大型化されました。

このページでは、新型2シリーズアクティブツアラーの発売日、デザイン、サイズ、パワートレイン、価格など、最新情報、予想情報を紹介します。

新型2シリーズ アクティブツアラーの発売日

新型2シリーズ アクティブツアラーは、2021年10月6日にワールドプレミアされました。

海外では、2022年2月に発売されます。

日本発売日は、2022年6月14日です。

新型2シリーズ アクティブツアラーのデザイン

新型2シリーズ アクティブツアラーのデザインを紹介します。

新型2シリーズアクティブツアラー

新型2シリーズアクティブツアラー出典https://www.press.bmwgroup.com(2021/10/6)

まず一番に目につくのは、大きなキドニーグリルです。

4シリーズほどではありませんが、X7に似たような、迫力のあるデザインです。

大きなキドニーグリルに関しては賛否両論ありますが、個人的には、 もともと全高が高めの車ですし、この程度であればやりすぎ感はないかな。と思います。

新型2シリーズアクティブツアラーは、全車でLEDヘッドライトが標準装備となっています。

サイドシルエットは、先代モデルよりも伸びやかになっています。

ウインドウの大きさも拡大されています。

リヤは、細いブレーキランプや、スリムなCピラーが特徴的です。

新型2シリーズアクティブツアラーのエクステリアデザインは、力強さとスポーティーさをアピールしている。とのことです。

新型2シリーズアクティブツアラー、インテリア

新型2シリーズアクティブツアラー内装
出典https://www.press.bmwgroup.com(2021/10/6)

インテリアには、フルデジタルメーターが採用されており、カーナビのディスプレイとつながっています。

細長くて大きなエアコン吹出口など、インテリアは、BMW iXのインスピレーションを受けた。とのことです。

スポンサーリンク

新型2シリーズ アクティブツアラーのサイズ

新型2シリーズ アクティブツアラーのサイズは、先代モデルよりも全長、全幅、全高ともに大きくなりました。

<新型アクティブツアラーのサイズ>
全長4,385mm✕全幅1,825mm✕全高1,580mm(Mスポーツは1,565mm)

先代モデルよりも、全長は10mm長く、全幅は25mm広く、全高は30mm高くなりました。

後部座席は130mmスライドすることができます。

また、4:2:4の分割可倒式となっています。

新型2シリーズ アクティブツアラーのエンジン

新型2シリーズ アクティブツアラーに搭載されるパワートレインは、2つの1.5Lガソリンターボエンジン、2.0Lガソリンターボエンジン、2.0Lディーゼルターボエンジンと、2つのプラグインハイブリッドの6種類です。

このうち、日本に投入されるのは、1.5Lガソリンターボエンジンを搭載した218iと、2.0Lディーゼルターボエンジンを搭載した218dです。

<1.5Lターボエンジン(218i)>
最高出力・・・156ps/5000rpm
最大トルク・・・23.5kgf・m/1500-4600rpm

<2.0Lディーゼルターボエンジン(218d)>
最高出力・・・150ps/4000rpm
最大トルク・・・36.7kgf・m/1500-2500rpm

今後、230eというプラグインハイブリッドも設定されるとのことですが、日本で発売されるかどうかは不明です。

230eの最高出力は326hp(331ps)です。

プラグインハイブリッド車は、モーターのみで80km走行することができます。

スポンサーリンク

新型2シリーズ アクティブツアラーの燃費

新型2シリーズアクティブツアラーの、欧州基準のWLTPモード燃費を紹介します。

218i・・・14.7~16.1km/L

220i・・・15.4~16.9km/L

223i・・・15.2~16.7km/L

218d・・・18.9~20.8km/L

218iよりも、220i、223iの方が低燃費ということで、48Vマイルドハイブリッドシステムの効果があらわれています。

【追記】
日本仕様の燃費は、218iが14.1km/L、218dが19.5km/Lです。

新型2シリーズ アクティブツアラーの先進機能

新型2シリーズ アクティブツアラーに搭載が予想されている先進機能を紹介します。

・アクティブクルーズコントロール(ストップ&ゴー機能付)

・レーンディパーチャーウォーニング
70km/h以上での走行時に車線からクルマが逸脱しそうになると、ステアリングホイールを振動させてドライバーに警告する機能

・レーンチェンジウォーニング
ドライバーから死角になる左右後方の車両や、追い越し車線上を急接近してくる車両を認識して、インジケーターで警告する機能

・クロストラフィックウォーニング
駐車スペースからクルマを動かす場合や、視界の悪い T 字道路を進む場合など、横切る車両や歩行者を、バンパーに内蔵されたセンサーにより認識し、警告する機能

・前車接近警告機能
先行車に接近すると警告灯で注意を喚起します。急速に接近した場合は、緊急警告音を発して、ドライバーに回避動作を促すのと同時に自動でブレーキ圧を高め、ドライバーのブレーキ操作時に瞬時に最大の制動力を発揮できるよう備える機能

・後車衝突警告機能
追突の可能性がある時、ハザードを店頭する機能

・衝突回避、被害軽減ブレーキ
歩行者に飛び出しにも対応する自動ブレーキ

・スピードリミットインフォ
標識を認識して、制限速度を表示する機能

・アクティブパークディスタンスコントロール
車両周辺の障害物を知らせ、衝突の危険がある時は自動でブレーキをかける機能

・パーキングアシスト
指示に従ってアクセル、ブレーキを操作するだけで並列、縦列駐車をすることができる機能

・リヤビューカメラ(バックモニター)

・リバースアシスト/後退時ステアリングアシスト機能
直近50mのドライビングルートを自動的に記録し、ステアリング操作をせずに後退することができる機能

・誤発進抑制制御

新型2シリーズ アクティブツアラーの価格

新型2シリーズ アクティブツアラーのエントリー価格は、先代モデルよりも27万円高くなりました。

<新型2シリーズ アクティブツアラーの価格>
218i アクティブツアラー・・・418万円
218i アクティブツアラーエクスクルーシブ・・・447万円
218i アクティブツアラーMスポーツ・・・447万円

218d アクティブツアラー・・・447万円
218d アクティブツアラーエクスクルーシブ・・・476万円
218d アクティブツアラーMスポーツ・・・476万円

車の買い換えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定
半導体不足により、中古車相場が高騰中です。

下取りよりも数十万高く売れることも珍しくありません。


必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサーリンク