相場が高くなっている今が、高く売るチャンス

【ベンツ GLCクラス 新型】日本発売日、フルモデルチェンジは、2022年か。デザイン、サイズ、エンジン、価格など、最新情報、予想情報

スポンサーリンク

メルセデス・ベンツGLCクラスは、フルモデルチェンジでサイズアップされ、パワートレインも刷新されると予想されています。

このページでは、新型GLCクラスの発売時期、デザイン、サイズ、エンジン、価格など、最新情報、予想情報を紹介します。

新型GLCクラスの発売時期

新型GLCクラスの発売時期は、2022年春ごろと予想されています。

現行GLCクラスは、2015年6月に発表され、2019年にマイナーチェンジされています。

新型GLCクラスのデザイン

新型GLCクラスと思われる車両のテスト走行の様子が撮影されています。

まだ、ほとんどの部分が隠されていて、詳しいデザインは分かりませんが、ヘッドライトは、現行モデルよりもつり上がっているように見えます。

サイドシルエットを見てみると、現行モデルよりも全長、ホイールベースが長くなっているように見えます。

また、ドアハンドルの位置が低くなっているということもわかります。

インテリアは、Cクラスに準じたデザインになると予想されています。

Cクラスのインテリア

新型Cクラス インテリア

新型Cクラス 内装

新型Cクラス シート

新型Cクラス 後部座席
出典https://media.daimler.com(2021/11/8)

スポンサーリンク

新型GLCクラスのサイズ

新型GLCクラスのボディサイズは、現行モデルよりも大きくなると予想されています。

<新型GLCクラス予想サイズ>
全長4,750mm×全幅1,900mm×全高1,645mm

<現行GLCクラスのサイズ>
全長4,670mm×全幅1,890mm×全高1,645mm

サイズは大きくなりますが、四輪操舵システムの採用により、取り回しが悪くならないように配慮されるようです。

四輪操舵システムとは、低速時は前輪と後輪が逆方向に曲がって小回りが利き、高速時は同方向に曲がって安定したコーナリングができるようなシステムです。

すでに、Sクラス等に採用されています。

新型GLCクラスのエンジン、パワートレイン

新型GLCクラスには、2.0Lガソリンターボエンジン(GLC300)、2.0Lディーゼルターボエンジン(GLC220d)がラインナップされると予想されています。

予想スペックは、以下のとおりです。

<2.0Lガソリンターボエンジン>
最高出力・・・258ps/5800rpm
最大トルク・・40.8kgf・m/2000-3200rpm

<2.0Lディーゼルターボエンジン>
最高出力・・・200ps/4200rpm
最大トルク・・・44.8kgf・m/1800-2800rpm

48Vのマイルドハイブリッドシステムが搭載され、20ps程度のブーストが可能になるとみられています。

新型GLCクラスの先進機能

新型GLCクラスには、以下のような先進機能が搭載されると予想されています。

・アクティブディスタンスアシストディストロニック
・アクティブブレーキアシスト
・緊急回避補助システム
・渋滞時緊急ブレーキ機能
・アクティブブラインドスポットアシスト
・アクティブレーンキーピングアシスト
・アクティブステアリングアシスト
・アクティブレーンチェンジングアシスト
・アクティブエマージェンシーストップアシスト
・トラフィックサインアシスト
・ドライブアウェイアシスト
・リアクロストラフィックアラート

新型GLCクラスの価格

新型GLCクラスの価格は、現行モデルよりも50万円ほど高くなると予想されています。

現行GLCクラスの価格は708万円~なので、新型は750万円を超えてくるとみられています。

あたらしい情報が入りましたら、また更新します。

車の買い換えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定
中古車相場が高騰中のため、今がチャンスです。

必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサーリンク