2月~3月は、新年度の需要期に向けて在庫を確保するため、査定額が高くなりやすい時期です。

新型ポロ 2014年モデルがジュネーブモーターショーで公開! 更に低燃費に!

フォルクスワーゲン、ポロの新型がスイスのジュネーブモーターショーで
公開されました。

ポロは、5ナンバーサイズの輸入車として、
日本でも人気なので、気になるところですよね。

まず、デザインはキープコンセプト。
ゴルフを少し小さくしたようなデザインです。

今回のジュネーブモーターショーで公開されたポロは、
ポロTSIブルーモーション、ポロTDIブルーモーション、
ポロブルーGT、クロスポロの全部で4種類です。

この中で、ブルーモーションと名の付くものは、燃費に特化した型で、
ポロTSIブルーモーションは、1.0L直3ターボエンジンを搭載し、
燃費は24.4km/Lを実現する。

又、ポロTDIブルーモーションは、
1.2L直3ディーゼルターボエンジンを搭載し、
32.2km/Lという燃費を実現する。

ポロGTは、パワー重視で現行比10ps増しの150psを発揮するし、
クロスポロはSUVテイストの遊び心溢れたクルマに仕上がった。

それぞれに特徴を持った面白いラインナップだ。

ポロと言えば、欧州の燃費基準でプリウスを上回る、
5人乗りの乗用車No1の低燃費を実現しているが、
これにさらに磨きがかかることになる。

ハイブリッドのような高価なシステムを使わずして、
これだけの燃費を実現するとは、トヨタにとっても脅威だろう。

又、トヨタにしても、当然対策は立ててくるのだろうから、
更に安価な省燃費技術の発展に期待が持てる。