ダイハツ デカデカ 発売日は2014年中に決定! こちらも、遊べる軽?

昨年の東京モーターショーで展示された、ダイハツ「デカデカ」が、
市販に向けて具体的に動き出したようだ。

ダイハツが、決算発表にて、新ジャンルの軽を計画している。という
発表があったが、これは、デカデカであることが判明した。

角ばった背の高いBOXタイプの新型車である。

似たようなクルマで、タントがあるじゃないか?と思うかもしれないから、
タントとの違いを紹介しておこう。

まず、車高がタントよりも100mm高く、軽No1の広さを確保している。

更に、観音扉となっており(当然ピラーレス)で、
アウトドアに使える大きなグッズも楽々出し入れが出来る。

最後に、デザインは男性的にまとめられており、
軽自動車のベース車としては、始めから男性をターゲットとしたクルマになりそうです。

遊べる軽、出た!ということで、スズキのハスラーが人気となっているが、
こちらのデカデカも、遊べる軽ということになりそうだ。

その他、ダイハツは2014年度中に新型車を6車種も投入する計画で、
コペン、デカデカの他に、ムーヴ、タントエグゼ、ミライース等のモデルチェンジに期待が持てる。

軽自動車税の増税で市場の縮小を危惧する軽自動車業界だが、
新たなジャンルの開拓により、需要の喚起に必死である。