BMW 新型4シリーズクーペは、ダサい?デザイン、サイズ、日本発売日、画像、スペック、価格予想など。

スポンサーリンク

BMW、新型4シリーズクーペには、大きなキドニーグリルが採用されて注目を集めています。

このページでは、新型4シリーズの日本発売日、デザイン、サイズ、パワートレイン、価格など、最新情報、予想情報を紹介します。

新型4シリーズクーペの日本発売日

BMW、新型4シリーズクーペは、2020年6月2日にワールドプレミアされました。

日本発売日は、2021年春ごろになると予想されています。

ちなみに、新型4シリーズにはカブリオレも設定され、4シリーズクーペ発売の半年~1年後に発売されると予想されています。

新型4シリーズカブリオレの情報は、こちらのページで紹介しています。

新型4シリーズのデザイン

新型4シリーズクーペのデザインは、めちゃくちゃ大きなキドニーグリルが特徴的です。


出典https://www.press.bmwgroup.com

あまりに大きすぎて、ダサいとか、キモいとか言われていますが。見慣れてきてどう感じるかが気になるところです。

グリルがあまりにも大きいので、グリル内にナンバープレートが入る形になります。

日本のナンバープレートが入ったらどんな雰囲気になるのかも、気になるところですね。

3シリーズのクーペ版というよりは、4シリーズという独立したモデルになった感があります。

4シリーズは、他のどの車とも違うデザインでなければならない。ということで、特徴的なデザインにした。ということです。確かに、一目見て4シリーズだと分かりますね。

一方でインテリアは、3シリーズそっくりです。


出典https://www.press.bmwgroup.com

12.3インチのデジタルメーターと、10.25インチのディスプレイ画面が採用されています。

後部座席は、40:20:40の分割可倒式となっています。

新型4シリーズクーペのボディサイズ

新型4シリーズクーペのボディサイズは、全長4,768mm✕全幅1,852mm✕全高1,383mmです。

先代モデルよりも全長、全幅、全高ともに大きくなりました。

先代モデルのサイズは、全長4,670mm✕全幅1,825mm✕全高1,375mmでした。

ホイールベースや全高が高くなったことで、後部座席の空間は先代モデルよりも広くなっています。

新型4シリーズのパワートレイン

新型4シリーズクーペには、6種類のパワートレインが設定されます。

420i(2.0Lターボエンジン)・・・184ps

430i(2.0Lターボエンジン)・・・258ps

420d(2.0Lディーゼルターボエンジン)・・・190ps(ハイブリッド)

430d(3.0Lディーゼルターボエンジン)・・・286ps(ハイブリッド)

M440i(3.0Lターボエンジン)・・・374ps(ハイブリッド)

M440d(3.0Lディーゼルターボエンジン)・・・340ps(ハイブリッド)

420iと430i以外には、48Vのマイルドハイブリッドとなっています。

新型4シリーズクーペの先進機能

新型4シリーズクーペには、先に発売される新型3シリーズと同等の先進機能が搭載されると予想されています。

・アダプティブクルーズコントロール

・ステアリング&レーンコントロールアシスト

・レーンディパーチャーウォーニング

・レーンチェンジウォーニング

・クロストラフィックウォーニング

・衝突回避被害軽減ブレーキ

・パーキングアシストプラス

・リバースアシスト機能

・ハンズオフ機能

これらの機能が搭載されることになるでしょう。

新型4シリーズクーペの価格

新型4シリーズクーペの価格は、現行モデルよりも30万円ほど高くなると予想されています。

先代モデルは587万円~だったので、新型はエントリー価格が600万円を超えてくることでしょう。

ちなみに、アメリカでは45,600ドル~(約480万円~)になると発表されています。

また新しい情報が入りましたら、更新します。

車の買い換えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定
必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする