【BMW 4シリーズ グランクーペ】日本発売日、デザイン、サイズ、燃費、価格など、最新情報!

スポンサーリンク

大きなキドニーグリルで世間をアッと驚かせたBMW、4シリーズですが、グランクーペも設定され、日本での販売がはじまりました。

このページでは、新型4シリーズグランクーペの日本発売日、デザイン、サイズ、パワートレイン、価格など、最新情報を紹介します。

新型4シリーズグランクーペの日本発売日

新型4シリーズ、グランクーペの日本発売日は、2021年7月16日です。

先代モデルは2014年2月に発表されたので、7年振りのフルモデルチェンジということになります。

新型4シリーズグランクーペのデザイン

新型4シリーズグランクーペのデザインを紹介します。

4シリーズグランクーペ

BMWグランクーペ インテリア


出典https://www.press.bmwgroup.com

4シリーズクーペと同じく、大きなキドニーグリルが採用されています。

プレスラインやリヤコンビネーションランプなど、流れるような曲線によって、流麗なデザインとなっています。

インテリアは、4シリーズクーペとほぼ同じデザインです。

スポンサーリンク

新型4シリーズグランクーペのボディサイズ

新型4シリーズグランクーペのボディサイズは、先代よりも、全長、全幅、全高ともに大きくなっています。

<ボディサイズ>
全長4,785mm✕全幅1,850mm✕全高1,450mm

<先代モデルのボディサイズ>
全長4,670mm✕全幅1,825mm✕全高1,395mm

新型4シリーズグランクーペのエンジン

新型4シリーズグランクーペには、2.0Lターボエンジン(420i)と、3.0Lターボエンジン(M440i)の2種類が設定されます。

<2.0Lターボエンジン>
最高出力→184ps/5000-6500rpm
最大トルク→30.6kgf・m/1350-4000rpm

最高速度・・・235km/h
0-100km/h加速・・・7.9秒

<3.0Lターボエンジン>
最高出力→387ps/5800rpm
最大トルク→51kgf・m/1800-5000rpm

0-100km/h加速・・・4.7秒

新型4シリーズグランクーペの燃費

新型4シリーズグランクーペの燃費はまだ公開されていませんが、2.0Lターボエンジン搭載車に関しては、4シリーズクーペとほぼ同等になると予想されています。

<4シリーズクーペの燃費>
2.0Lターボ車
JC08モード燃費→15.6km/L

WLTCモード燃費→13.4km/L
市街地モード→10.0km/L
郊外モード→13.6km/L
高速道路モード→15.5km/L

新型4シリーズグランクーペの先進機能

新型4シリーズグランクーペには、ハンズオフ機能付き渋滞支援機能をはじめとした、数々の先進機能が搭載されます。

・ハンズオフ機能付き渋滞支援機能
・アクティブクルーズコントロール
・レーンチェンジウォーニング(車線変更警告システム)
・レーンディパーチャーウォーニング(車線逸脱警告システム)
・ステアリング&レーンコントロールアシスト
・サイドコリジョンプロテクション
・衝突回避、被害軽減ブレーキ(事故回避ステアリング付)
・クロストラフィックウォーニング
・ペダル踏み間違い急発進抑制機能
・パーキングアシスタント(リバースアシスト機能付)

ハンズオフ機能は、日本国内のBMWとしては、はじめて搭載されています。

新型4シリーズグランクーペの価格

新型4シリーズグランクーペの価格は、4シリーズクーペよりも36万円高の、620万円~となっています。

420i・・・6,200,000円
420i M Sport・・・6,600,000円
M440i・・・10,050,000円

車の買い換えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定

必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサーリンク