半導体不足により、中古車相場が高騰中です。
下取りよりも数十万高く売れることも珍しくありません。一度、査定をしてみてください!

2022年 BRZ 10周年記念特別仕様車が登場。先着200台限定。抽選ではないようです。発売日、価格、特別装備など

スポンサーリンク

BRZに、10周年記念特別仕様車が設定されました。

このページでは、BRZ10周年記念特別仕様車の発売日、予約方法、特別装備、価格と、BRZの基本情報を紹介します。

BRZ10周年記念特別仕様車の発売日、予約方法

BRZ10周年記念特別仕様車の発売日は、正式には発表されていませんが、GR86の10周年記念特別仕様車の発売日が2023年初頭の予定とのことですから、同時期になると思われます。

2022年7月28日~9月30日の間、ディーラーで予約を受け付けています。

ただし、200台限定販売で、200台に達した場合はその時点で販売を終了します。とのことですから、すぐに終了してしまいそうです。

【追記】
やはり、1日で完売してしまったようです。

GR86にも、10周年記念特別仕様車が設定されます。こちらは限定台数がないようですから、こちらも要チェックです。

2022年 GR86、10周年記念特別仕様車が登場。予約方法、 発売日、特別装備、価格など

BRZ10周年記念特別仕様車の特別装備

BRZ10周年記念特別仕様車の特別装備を紹介します。

・10周年記念ステッカー
・マットブラック18インチアルミホール
・ブラック電動格納式リモコンドアミラー
・ラスターブラックBRZリヤオーナメント
・10周年記念刺繍
・ブルーステッチ ドアトリムアームレスト
・ウルトラスエード/本革シート(ブルー/ブラック、ブルーステッチ、ブルーアクセント)
・インパネ ダークキャストメタリック加飾
・シフトパネル ダークキャストメタリック加飾
・ブルーステッチ、ダークキャストメタリック加飾 本革巻ステアリングホイール
・ブルーステッチ 本革巻ハンドブレーキレバー
・ブルーステッチ シフトレバー
・ブルーステッチ ハンドブレーキレバーブーツ
・ブラック スポーツ/スノーモードスイッチ
・ブラック VSC(VDC)TRACKモードスイッチ
・ダークキャストメタリック加飾付ヒーターコントロールダイヤル
・ダークキャストメタリック加飾付プッシュエンジンスイッチ

BRZ10周年記念特別仕様車の価格

BRZ10周年記念特別仕様車は、Sグレードがベースです。

価格は、Sグレード+12万円程度です。

6MT・・・3,388,000円
6AT・・・3,553,000円

車の買い換えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定
半導体不足により、中古車相場が高騰中です。

下取りよりも数十万高く売れることも珍しくありません。


必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサーリンク

新型BRZの発売日

新型BRZは、2020年11月18日に、ワールドプレミアされました。

新型BRZの発売日は、2021年夏を予定している。と発表されました。

トヨタのGR86は2021年秋の発売予定なので、86よりも先の発売となります。

オンライン発表会開催!

2021年4月5日に、トヨタとスバル共同の発表会が開催されました。

【追記】
2021年7月29日、新型BRZが、正式に日本で発表され、予約受付がはじまりました。

発売日は、8月30日です。

新型BRZのデザイン

新型BRZのデザインを紹介します。

BRZ 新旧比較


出典https://kakaku.com(2021/9/15)

フロントマスクは、より低く、よりワイドに設置されたヘキサゴングリルが、重心の低さを主張しています。

サイドでは、フェンダー部分の抑揚を強調することで、スポーツカーらしい走りを期待させるデザインとなっています。

リヤは、コの字型のブレーキランプが特徴的です。スバル車であることをアピールしています。

インテリアは、水平基調で、エアコン吹出し口や、ディスプレイ部分が長方形なのが目に付きます。

機能性重視で、運転に集中できる室内空間を実現した。とのことです。

海外仕様では、ディスプレイオーディオが入っているように見えましたが、日本仕様では、カーナビ部分は、上級グレードでもディスプレイオーディオは入らず、ディーラーオプションのカーナビを選択する形となっています。

スポンサーリンク

新型BRZのカラー

新型BRZのボディカラーは、7色ラインナップされています。

・クリスタルホワイトパール(+33,000円)
・アイスシルバーメタリック
・マグネタイトグレーメタリック
・クリスタルブラックシリカ
・イグニッションレッド
・サファイアブルーパール
・WRブルーパール

新型BRZのサイズ

新型BRZのボディサイズは、現行型よりも全長は長く、全高は低くなりました。

<新型BRZのボディサイズ>
全長4,265mm✕全幅1,775mm✕全高1,310mm

ホイールベースは、2,575mmです。

先代BRZのボディサイズは、全長4,240mm✕全幅1,775mm✕全高1,320mmですから、全長は若干長く、全高は若干低くなりました。

当初、もう少し大きくなることが予想されていましたが、サイズはほぼ同等といえるでしょう。

新型BRZのエンジン

新型BRZには、2.4Lボクサーエンジンが搭載されることが発表されました。

<2.4Lエンジンのスペック>
最高出力→235ps/7000rpm
最大トルク→25.5kgf・m/3700rpm

先代BRZに搭載されていた2.0Lエンジンのスペックはというと、

<2.0Lエンジンのスペック>
最高出力→200ps
最大トルク→20.9kgf・m

でしたから、最高出力は約3割、最大トルクは約2割アップしています。

車両重量は1270kgと発表されており、先代モデルとほぼ同等なので、パワフルな走りに期待できますね。

レスポンスも良くなり、なめらかに高回転まで吹け上がる、スポーツカーらしいフィーリングを実現している。とのことです。

この他、横曲げ剛性は60%アップ、ねじり剛性は50%アップ、重心も低くなり、先代モデルよりも走りに磨きがかかっています。

スポンサーリンク

新型BRZの先進機能

先代BRZには、アイサイトは搭載されていませんでしたが、新型BRZには、アイサイトをはじめとした先進機能が搭載されています。

ただし、搭載されている機能は、新型レヴォーグなどの最新のアイサイトと比べると、少なくなっています。

新型BRZに搭載されている先進機能(アイサイト+その他予防安全機能)は、以下のとおりです。

<新型BRZ 先進機能>
・プリクラッシュブレーキ
対応範囲が広角化されたことで、交差点での右折時に対向車が来ている時や、右折、左折した先にクルマや歩行者がいた場合、自転車の飛び出しにも作動するようになりました。

・後退時ブレーキアシスト
障害物までの距離に応じた音と表示で、ドライバーに注意を促す機能
ブレーキ操作がない場合は、ブレーキを制御します。

・AT誤発進抑制制御/AT誤後進抑制制御
誤発進と判断した場合、エンジン出力を抑制し、急発進を抑える機能

・全車速追従機能付クルーズコントロール/定速クルーズコントロール
0-120km/hの範囲で先行車との車間距離を保ちながら自動で加減速する機能

・車線逸脱警報
60km/h以上で走行している場合、車線からはみ出しそうになるとステアリング操作のアシストを行う機能

・ふらつき警報
自車のふらつきや車線逸脱を検知した場合、警報音と警告表示でドライバーに注意を促す機能

・先行車発進お知らせ機能
先行車が発進したにもかかわらず、自車が発進しない場合に知らせる機能

・スバルリヤビークルディテクション
自車の後方から接近する車両を監視し、ドアミラーのインジケーターで注意を促します。
衝突の危険がある時は、ステアリング操作によって、車線逸脱を抑制する機能

・ハイビームアシスト
ハイビーム、ロービームを自動で切り替える機能

スバルリヤビークルディテクション以外は、AT車のみに搭載されています。

新型BRZの価格

新型BRZの価格は、308万円~と、先代モデルよりも50万円以上高くなっています。

<新型BRZの価格>
R(MT車)・・・3,080,000円
R(AT車)・・・3,245,000円

S(MT車)・・3,267,000円
S(AT車)・・・3,432,000円

スポンサーリンク