【新型 Cクラス オールテレイン】発売時期、デザイン、サイズ、最低地上高、パワートレイン、価格など

スポンサーリンク

先日、Cクラスのフルモデルチェンジが発表されたばかりですが、今回のCクラスには、オールテレインも設定されるといわれています。

オールテレインとは、車高を少し高めて走破性を高めたモデルのことで、XVや、レガシィアウトバックをイメージすると分かりやすいかと思います。

このページでは、新型Cクラスオールテレインの発売時期、デザイン、サイズ、価格など、最新情報、予想情報を紹介します。

新型Cクラスオールテレインの発売時期

新型Cクラスオールテレインは、2021年後半にワールドプレミアされると予想されています。

日本発売日は、2022年に入ってからとなるでしょう。

新型Cクラスオールテレインのデザイン

新型Cクラスオールテレインのテスト走行の様子が撮影されています。

Cクラスオールテレイン デザイン

Cクラスオールテレイン エクステリア


出典https://www.carscoops.com

基本的には、新型Cクラスワゴンとほぼ同じだと思っておけばよいでしょう。

【新型 Cクラス(セダン/ステーションワゴン)フルモデルチェンジ】発売時期、デザイン、サイズ、エンジン、燃費、価格予想など、最新情報

比較してみると、車高が少し高くなっていることがわかります。

新型Cクラスワゴン

新型Cクラスエステート
出典https://media.daimler.com

スポンサーリンク

新型Cクラスオールテレインのボディサイズ

新型Cクラスオールテレインのボディサイズは、新型Cクラスワゴンよりも全高が30mmほど、最低地上高は20mmほど高くなると予想されています。

<新型Cクラスワゴンのボディサイズ>
全長4,751mm✕全幅1,820mm✕全高1,455mm

かつて販売されていたEクラスオールテレインは、Eクラスワゴンよりも全高が25mm高く設定されていました。

また、エアサスペンションが採用され、一時的に車高を更に高めることができる、オールテレインモードも設定されるでしょう。

新型Cクラスオールテレインのパワートレイン

新型Cクラスのパワートレインとして、2種類の1.5Lガソリンターボエンジン、1種類の2.0Lガソリンターボエンジン、2種類の2.0Lディーゼルターボエンジンが発表されました。

<C180 1.5Lターボエンジン>
最高出力・・・125kW/5500-6100rpm
最大トルク・・・250Nm/1800-4000rpm

<C200 1.5Lターボエンジン>
最高出力・・・150kW/5800-6100rpm
最大トルク・・・300Nm/1800-4000rpm

<C300 2.0Lターボエンジン>
最高出力・・・190kW/5800rpm
最大トルク・・・400Nm/2000-3200rpm

<C220d 2.0Lディーゼルターボエンジン>
最高出力・・・147kW/4200rpm
最大トルク・・・440Nm/1800-2800rpm

<C300d 2.0Lディーゼルターボエンジン>
最高出力・・・195kW/4200rpm
最大トルク・・・550Nm/1800-2200rpm

全車にハイブリッド(EQブースト)が採用されています。

新型Cクラスオールテレインの燃費

新型Cクラス(セダン/ワゴン)発表時に、燃費も公表されています。

欧州基準ではありますが、以下のような数値となっています。

C180・・・15.4~16.1km/L
C200・・・15.1~16.1km/L
C300・・・14.5~15.4km/L
C220d・・・19.2~20.0km/L
C300d・・・18.9~20.0km/L

オールテレインでは、これよりも少し悪いくらいの数値を想定しておけば良いでしょう。

新型Cクラスオールテレインの価格

新型Cクラスオールテレインの価格は、ベースとなるCクラスワゴンよりも20~30万円ほど高くなると予想されています。

まだ、新型Cクラスワゴンの価格が発表されていないため、まずはその価格発表を待ちたいところです。

また新しい情報が入りましたら、更新します。

車の買い換えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定

必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサーリンク