【新型 シビック 2021】グレードの違い、装備の違いを紹介。LXグレード、EXグレードの2グレード展開。

スポンサーリンク

8月の発売に先立って、新型シビックのグレード構成や主な装備が発表されました。

このページでは、新型シビックのグレード構成、各グレードの主な装備、違いを紹介します。

新型シビック、LXグレードの主な装備

まずは、エントリーグレード、LXグレードの主な装備を紹介します。


出典https://www.honda.co.jp

・ホンダセンシング
・フルLEDヘッドライト
・ブラインドスポットインフォメーション
・パーキングセンサーシステム
・運転席&助手席ニーエアバッグ
・ホンダコネクトディスプレー
・ETC2.0車載器
・8スピーカー(4スピーカー+4ツィーター)
・左右独立フルオートエアコン
・運転席&助手席シートヒーター
・スマートクリアワイパー
・18インチアルミホイール(ベルリナブラック+切削クリア)

スポンサーリンク

新型シビック、EXグレードの主な装備

次に、上級グレード、EXグレードの主な装備を紹介します。


出典https://www.honda.co.jp

・ホンダセンシング(アダプティブドライビングビーム)
・LEDアクティブコーナリングライト
・BOSEプレミアムサウンドシウテム(12スピーカー)
・運転席8ウェイパワーシート
・助手席4ウェイパワーシート
・左右独立フルオートエアコン(プラズマクラスター搭載)
・ワイヤレス充電器
・18インチアルミホイール(ベルリナブラック+ダーク切削クリア)

ホンダセンシングはLXグレドにも搭載されていますが、アダプティブドライビングビームはEXグレードのみ搭載ということで、LXグレードはオートハイビームが搭載されます。

ちなみに、アダプティブドライビングビームは、ホンダ車初搭載です。

LXグレードがエントリーグレードではありますが、一般的なエントリーグレードのように、「この装備省いたな。」というような部分はないので、LXグレードが中間グレード相当、EXグレードが上級グレード相当という認識で良いかと思います。

ボディカラーに関しては、どちらのグレードも5色ラインナップで共通です。

インテリアは、どちらもブラックベースではありますが、LXグレードがプライムスムースとファブリックのコンビシート、EXグレードがプライムスムースとウルトラスエードのコンビシートとなっています。

LXグレードとEXグレードの外見の違いは、アルミホイールがブラックになっている点です。

インテリアでは、シートにホワイトのラインが入っているか否かで、見分けることができます。

先代のシビックハッチバックは1グレード展開だったため、それに比べれば選択肢が増えたことになります。

ただ、シビックの主要な市場はアメリカだということもあるのでしょうが、2グレードということで、決してグレード展開は多くありません。

【新型 シビック 2021】フルモデルチェンジ!日本発売日、デザイン、カラー、サイズ、パワートレイン、価格予想など

車の買い換えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定

必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサーリンク