【マツダ CX-50 予想、リーク】いつ出る?2022年にも登場か。CX-50のサイズ、エンジン、価格、デザインなど。日本発売は?

スポンサーリンク

マツダから、CX-50という新型SUVが発売される。との情報が出ています。

このページでは、CX-50の最新情報、予想情報を紹介します。

新型CX-50の発売時期

CX-50の発売時期は、2022年中になると予想されています。

【追記】
マツダは、CX-50を2022年以降に導入することを、正式に発表しました。

ただし、導入されるのは米国市場であり、日本への導入については発表されませんでした。

日本には、CX-60、CX-80が導入されることが発表されています。

CX-60、CX-70については、また別の記事で紹介します。

新型CX-50のデザイン

新型CX-50のものと思われるテスト走行の様子が撮影されています。

フロントグリルの部分はあまり隠されていません。

フロントグリル内のデザインが変わっているように見えます。

また、ボンネットのプレスラインがはっきりしています。

サイドシルエットも、現行モデルよりも力強さを感じます。

リヤは、ブレーキランプが、より内側にまで伸びており、リヤバンパーの造形の変更により、重心が低く見えるようなデザインになっている用に見えます。

インテリアは、CX-30のようにエアコン吹出口が目立たない、水平基調のデザインになると予想されています。

【追記】
上で紹介したテスト車両は、マイナーチェンジ版のCX-5である可能性が高くなってきました。

擬装をしていない写真が撮影されています。

この写真を見てみると、さきほど紹介したテスト車両と、グリル内のデザインが同じです。

フロントグリルやリヤブレーキランプのデザインは変わっているものの、ボディ自体の形は同じようです。

ですから、この車両はCX-5のマイナーチェンジ版だとみられています。

と、なると、CX-50のデザインはどうなるんだ?ということが気になるところですが、今のところ、はっきりとCX-50だといえる車両の撮影はされていないようです。

魂動デザインが大きく変わることはないでしょうが、気になるところです。

CX-5のマイナーチェンジ情報は、こちらのページで更新していきます。

【新型 CX-5 2022】マイナーチェンジ最新情報!変更点まとめ。日本発売日、デザイン、カラー、価格など

【追記】
最初にした動画は、やはり新型CX-5のものでした。

新型CX-50のデザインが公開されたので、紹介します。

CX-50のデザイン

CX-50のリヤデザイン

CX-50の内装、インテリア

CX-50のリヤシート
出典https://news.mazdausa.com(2021/11/16)

全体的なサイズ感は、CX-5よりもワイドで、全長も長く、伸びやかなデザインをしています。

CX-5よりもワイルドで、力強いデザインとなっています。

インテリアのデザインは、CX-5とは異なり、縦型のエアコン吹出口が特徴的です。

スポンサーリンク

CX-50のサイズ

CX-50のボディサイズは、CX-5よりも全長が長くなり、全幅が広くなると予想されています。

<CX-50予想サイズ>
全長4,700mm✕全幅1,895mm✕全高1,700mm

CX-5と、CX-50が併売される?

これまで、CX-50は、CX-5の後継車として発売される。といわれていたのですが、ここにきてCX-5のマイナーチェンジ版と思われる車両の画像が出てきたことで、CX-5とCX-50が併売される可能性が高くなってきました。

CX-3とCX-30が併売されていることから、CX-5とCX-50が併売されるという可能性も、十分に考えられます。

【追記】
マツダから、CX-5継続の情報が正式に発表されました。

「た2012年の導入以来グローバルに好評をいただいているCX-5は、今後も継続的な商品改良によってデザイン進化やモデルラインアップの拡充を図るとともに、最新の安全技術やコネクティビティ機能を導入して商品力を強化し続け、今後もマツダのクロスオーバーSUVラインアップのひとつとして大切に育てていく計画です。」
出典https://newsroom.mazda.com(2021/10/7)

ただし、冒頭でも紹介したとおり、日本ではCX-5とCX-50の併売ではなく、CX-5のみが引き続き販売されることになります。

CX-50のパワートレイン

CX-50には、ガソリンエンジン、ディーゼルエンジン、スカイアクティブXエンジン、プラグインハイブリッドが設定されると予想されています。

ガソリンエンジン、ディーゼルエンジン、スカイアクティブXエンジンは、48Vマイルドハイブリッド車になるとみられています。

マツダは、ラージ商品群として、直列6気筒エンジン(ガソリン/ディーゼル/X)と、プラグインハイブリッド/48Vマイルドハイブリッドの開発を進めることを発表しています。

2020年に、今後2年間かけて投資を進めていく。と発表されているので、ちょうど2年後である2022年頃には開発が完了し、市場に投入される時期に入ってくるということになります。

また、これらラージ商品群はFRになるということなので、CX-50もFRになると予想されています。

【追記】
マツダから発表された最新の情報によると、CX-50はスモール商品群に位置づけられています。

ですから、FF、4気筒エンジンが搭載されることになるでしょう。

【追記】
CX-50には、2.5Lガソリンエンジンと、ターボエンジンが搭載されることが発表されました。

CX-5に搭載されていたものと同じであれば、スペックは以下のとおりです。

<2.5Lターボエンジン>
最高出力・・・230ps/4250rpm
最大トルク・・・42.8kgf・m/2000rpm

<2.5Lエンジン>
最高出力・・・190ps/6000rpm
最大トルク・・・25.7kgf・m

また、遅れてハイブリッドが設定されることも発表されています。

スポンサーリンク

CX-50の価格

CX-50の価格に関する詳しい情報はまだありませんが、CX-5よりも高くなると予想されています。

直6エンジンが搭載されるとなれば、排気量もそれなりに大きくなってくるでしょうから、CX-5の2.5Lエンジン搭載モデルよりもさらに高い価格からのスタートになる可能性が高いでしょう。

CX-50に関して、新しい情報が入りましたら、また更新します。

マツダの今後のSUVは、全て2桁になる?

商標を調べてみると、CX-10、CX-20、CX-30、CX-40、CX-50、CX-60、CX-70、CX-80、CX-90と、10から90まで、全て登録されています。

CX-3も、もうすぐマイナーチェンジされるという情報はあるものの、フルモデルチェンジの情報は入ってきていません。

CX-3やCX-5がすぐになくなることはないでしょうが、今後のマツダのSUVは、二桁になっていくのかもしれません。

車の買い換えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定

必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサーリンク