2月~3月は、新年度の需要期に向けて在庫を確保するため、査定額が高くなりやすい時期です。

【メルセデスベンツ EQAクラス EQA250】日本発売日は、いつ?先行予約は4月から。日本価格、デザイン、サイズ、航続距離、スペックなど、最新情報

スポンサードリンク

メルセデス・ベンツから、GLAクラスがベースのEV、EQAが発表されました。

このページでは、新型EQAクラスの日本発売日、デザイン、サイズ、モータースペック、航続距離、価格など、最新情報、予想情報を紹介します。

メルセデスベンツ EQAクラスの日本発売日

新型EQAクラスは、欧州では2021年2月4日に発売されます。

日本でも、先行予約が2021年4月2日からはじまります。

日本発売日は、先行予約開始の1~2ヶ月後になると予想されています。

メルセデスベンツ EQAクラスのデザイン

新型EQAクラスのデザインを紹介します。


出典https://media.daimler.com

スポンサードリンク

新型EQAクラスのフロントマスクは、他のEQシリーズと同じく、ピアノブラックのフロントグリルが採用されています。

また、左右のヘッドライトを結ぶLEDのラインも特徴的です。

インテリアは、GLAクラスとほぼ同じです。

メーターからカーナビ部分まで一体となったディスプレイが、スマートですね。

後部座席は、40:20:40の分割可倒式で、荷室容量は後席使用時が340L、後席収納時は1320Lとなっています。

GLAクラスは後席使用時425L、収納時1420Lだったので、それよりは少なめです。

カーナビには、Electric Intelligence機能が搭載されており、地形などを考慮して、効率の良い電力消費で目的地に到着できるようなルートを算出することができます。

また、長距離ドライブの際は、途中でどこで充電すべきか、効率の良い充電スポットを提案してくれます。

冒頭でも紹介しましたが、EQAクラスのベースは、SUVの、GLAクラスです。

SクラスやEクラスでは、EQS(セダン)、EQS SUV(SUV)のようにセダンとSUVが分けられていますが、EQAは、特にSUVという名称が与えられずに、SUVとして発表されました。

AクラスのハッチバックモデルをベースとしたEVは、当面発売する予定はないものと思われます。

メルセデスベンツ EQAクラスのサイズ

EQAクラスのボディサイズは、全長4,463mm✕全幅1,834mm✕全高1,620mmです。

ベースとなるGLAクラスのサイズは、全長4,415mm✕全幅1,835mm✕全高1,620mmなので、全長が50mmほど長くなっています。

スポンサードリンク

メルセデスベンツ EQAクラスのモーター、バッテリー

EQAクラスには、最高出力140kW、最大トルク375Nmを発揮するモーターが搭載されます。

バッテリー容量は66.5kWhで、航続距離は486kmです。

0-100km/h加速は8.9秒、最高速度は160km/hとなっています。

今回発表されたのはFFモデルのみですが、今後、リヤにもモーターを搭載した4WDモデルも設定される予定となっています。

4WDモデルの最高出力は、200kW以上になるとみられています。

メルセデスベンツ EQAクラスの価格

新型EQAクラスの価格は、47,540ユーロ~(日本円換算で約600万円~)と発表されています。

EQCクラスは71,281ユーロでしたから、EQCクラスの3分の2程度の価格です。

日本では、EQCクラスは1080万円~販売されているので、EQAクラスは700万円程度になるのではないかと予想することができます。

車の買い換えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定
2月~3月は、新年度の需要期に向けて在庫を確保するため、査定額が高くなりやすい時期です。

必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサードリンク