2月~3月は、新年度の需要期に向けて在庫を確保するため、査定額が高くなりやすい時期です。

【メルセデス・ベンツ EQE セダン/SUV】デザイン、サイズ、スペック、発売時期、価格予想など。2022年発売か。

スポンサードリンク

EVラインナップの充実を図っているメルセデス・ベンツですが、EQC、EQSに続いて、EQEの開発もすすめられています。

このページでは、EQEセダン、EQE SUVのデザイン、サイズ、スペック、発売時期、価格など、最新情報、予想情報を紹介します。

EQE セダン/SUVの発売時期

メルセデス・ベンツEQEセダンの発売時期は、2021年末ごろ

EQE SUVの発売時期は、2022年前半になると予想されています。(いずれも欧州発売日)

日本発売日は、その数ヶ月後ということになるでしょう。

ベンツ EQE セダンのデザイン

EQEセダンのテスト走行の様子が撮影されています。


出典https://www.carscoops.com

Eクラスセダンよりも流線的なデザインとなっています。

EQシリーズのフロントグリルは、ピアノブラックでツルッとした面になっていることが特徴なのですが、このテスト走行の写真を見ると、横にラインが入っているようにも見えます。

なんとなく、テスラモデルSのスタイルに似ているように感じます。空気抵抗などを考えると、こういったデザインが良いのでしょう。

EQEクラスは、少しデザイン面で差別化されるのかもしれません。

リヤの飛び出しているブレーキランプは、仮のものなので、参考になりません。

スポンサードリンク

ベンツ EQE SUVのデザイン

EQE SUVのテスト走行の様子も、撮影されています。


出典https://www.carscoops.com

GLEクラスよりも、全高は低めに抑えられているように見えます。

また、フロントグリル内には横のラインが入っているように見えます。

インテリアは、新型Sクラスと同じような、大きなナビゲーションディスプレイが特徴的です。

エアコン吹き出し口のデザインは、ジェット機のエンジンをイメージしたのでしょうか。とてもスポーティーです。

スポンサードリンク

EQE セダン/SUVのサイズ

EQEセダンは、Eクラスセダンよりも小さくなると予想されています。

<EQSセダン予想サイズ>
全長4,850mm✕全幅1,850mm✕全高1,450mm

<Eクラスセダンのサイズ>
全長4,940mm✕全幅1,850mm✕全高1,455mm

ボディサイズは小さくなるものの、室内空間はEクラスよりも広くなるといわれています。

エンジンルーム(エンジンはありませんが)がコンパクトにまとめられているのでしょう。

EQE SUVの方は、全長はGLEクラスと同程度で、全高が低くなると予想されています。

<EQE SUVの予想サイズ>
全長4,900mm✕全幅1,940mm✕全高1,730mm

<GLEクラスのサイズ>
全長4,930mm✕全幅1,950mm✕全高1,770mm

<EQCクラスのサイズ>
全長4,770mm✕全幅1,925mm✕全高1,625mm

EQE セダン/SUVのパワートレイン

EQEクラスには、最高出力350ps程度のモーターが搭載されると予想されています。

航続距離は、600km程度を目標に開発されているようです。

EQSの方は700km程度が目標に開発されているようで、EQCは450km程度ですから、その中間ということになるでしょう。

遅れて、よりパワフルなAMGモデルも設定されるとみられています。

スポンサードリンク

EQE セダン/SUVの先進機能

EQEセダン、EQE SUVには、レベル3の自動運転機能が搭載されると予想されています。

ただし、発売から1年ほど後になってからの対応となる可能性もあります。

まずは、新型Sクラスからの対応となるでしょうから、それ以降ですね。

EQE セダン/SUVの価格

EQEセダンの価格は1300万円程度、EQE SUVの価格は1500万円程度になると予想されています。

メルセデス・ベンツは、今後10以上のEV(EQシリーズ)を投入する方針を発表しています。

今後5年以内には、AクラスからSクラスまで、一通りのEQシリーズが揃うこととなるでしょう。

また新しい情報が入りましたら、更新します。

車の買い換えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定
2月~3月は、新年度の需要期に向けて在庫を確保するため、査定額が高くなりやすい時期です。

必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサードリンク