2月~3月は、新年度の需要期に向けて在庫を確保するため、査定額が高くなりやすい時期です。

【メルセデス・ベンツ EQS セダン】デザイン、サイズ、走行距離、モータースペック、価格など。日本発売日は、いつ?

スポンサードリンク

メルセデス・ベンツは、SクラスベースのEVセダン、EQSクラスの開発をすすめています。

このページでは、新型EQSクラスのデザイン、サイズ、スペック、価格など、最新情報、予想情報を紹介します。

EQSクラスには、セダンとSUVが設定されますが、このページでは、セダンの情報を紹介します。

ベンツ EQSセダンの日本発売日

ベンツ EQSセダンは、欧州では2021年前半に発売されると予想されています。

日本発売日は、2021年末~2022年になるでしょう。

ベンツ EQSのデザイン

ベンツ EQSセダン、プロトタイプのデザインが公開されています。


出典https://media.daimler.com

ベンツ EQSクラスのデザインは、クーペのような流麗なスタイルとなっています。

Sクラスよりも、CLSクラスのスタイルの方が近いですね。リヤのルーフの落ち方はCLSほどではありませんが。

メルセデス・ベンツのプレスリリース内では、「EQS electric luxury sedan」と表現されているので、クーペではなく、セダンだということです。

フロントグリルには、他のEQシリーズと同じように、ピアノブラックのパネルが採用されることが伺えます。

唯一見えているヘッドライトは、新型Sクラスよりも大きめで、少し優しい顔つきになっているようにも見えます。

GLCクラスとプラットフォームを共有したEQCクラスとは違い、EQSセダンは、Sクラスとは異なるEV向けプラットフォームを採用します。

ですから、SクラスのEVバージョンというよりは、別の車。といえるような内容となっています。

スポンサードリンク

インテリアの全貌はまだ公開されていませんが、メーターからダッシュボードまでが一体となっている革新的なディスプレイが採用されることが予告されています。


出典https://media.daimler.com

最近は、メーターとカーナビ部分に2台の大きなディスプレイが採用されるのは当たり前になってきましたが、更に先をいく技術ですね。

インテリアも、Sクラスとは別の先進的なデザインになることが期待されています。

スポンサードリンク

ベンツ EQSのサイズ

EQSセダンのサイズは、全長5,100mm✕全幅1,900mm✕全高1,430mm程度になると予想されています。

新型Sクラスのサイズは全長5,180mm✕全幅1,955mm✕全高1,500mmですから、それよりは少しコンパクトです。

スタイル的にも、サイズ的にも、CLSクラスのEVモデルと言ったほうがしっくりくるような気がします。

ベンツ EQSのパワートレイン

EQSセダンには、最高出力350kW(475os)、最大トルク760Nm(77.5kgf・m)を発揮するモーターが搭載され、航続距離は700km以上になると予想されています。

0-100km/h加速は、4.5秒程度になるようです。

バッテリーは、100kWhのものが搭載され、20分で80%まで充電をすることができる性能を持つとされています。

ベンツ EQSの先進機能

新型EQSセダンには、新型Sクラスと同等の先進機能が搭載されると予想されています。

新型Sクラスでは、以下のような新機能の採用が発表されています。

・PRE-SAFEインパルスサイド
側面衝突が避けられないと判断した場合、衝突直前に衝突する側の車体を最大80mm持ち上げて、衝撃を緩和する機能

・後席エアバッグ
前席の後部に、後席用のエアバッグが収納されています

また、レベル3の自動運転機能の搭載も予告されていますが、こちらは新型Sクラスと同様、発売後しばらくしてからの対応となる可能性もあります。

・センターエアバッグ
衝突時に、運転席と助手席の乗員の頭部の衝突を防ぐエアバッグ

この他、ブラインドスポットモニター、駐車支援機能の性能向上も発表されています。

ベンツ EQSの価格

EQSセダンの価格は、2000万円オーバーになると予想されています。

また新しい情報が入りましたら、更新します。

車の買い換えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定
2月~3月は、新年度の需要期に向けて在庫を確保するため、査定額が高くなりやすい時期です。

必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサードリンク