メルセデス・ベンツ GLSクラス 日本発売日、デザイン、エンジン、価格予想など、最新情報!

スポンサーリンク

メルセデス・ベンツのフラッグシップSUV、GLSクラスがフルモデルチェンジされます。

このページでは、新型GLSクラスの発売日、デザイン、スペック、価格予想など、最新情報を紹介します。

GLSクラスとは

GLSクラスとは、GLクラスの後継車であり、2015年から販売されている車です。

今回のフルモデルチェンジで2代目ということになります。

メルセデス・ベンツのビッグサイズなSUVといえば、Gクラスもありますが、Gクラスはオフロードを走るタイプ、GLSは都市型SUVといえば分かりやすいでしょうか。

「S」という文字が入っていることからも分かるように、「GLS」クラスはSUVのSクラスであり、このジャンルのマーケットリーダーであることを自負しているとのことです。

発売日

メルセデス・ベンツ、新型GLSクラスは、2019年4月に開催されたニューヨークオートショーでワールドプレミアされました。

新型GLSクラスの日本発売日は、2019年秋ごろと予想されています。

現行GLSクラスは、日本では2016年4月から販売されているので、わずか3年ちょいでのフルモデルチェンジということになります。

デザイン

新型GLSクラスのデザインがニューヨークオートショーで公開されたので、紹介します。

エクステリア

新型GLSクラス

新型GLSクラス

出典https://media.daimler.com

エクステリアは、大きなフロントグリル、少し盛り上がったボンネットなどから、とても迫力のあるデザインに仕上がっています。

リヤは細長いブレーキランプによって、幅広感、どっしりとした安定感を演出しています。

インテリア
新型GLSクラス 内装
出典https://media.daimler.com

今回、後部座席の画像は公開されていませんが、3列シート仕様となっています。

新型は11.6インチのディスプレイが2つ配置されており、中央のエアコン吹出口は4つもあります。

紫色のイルミネーションも、最近のメルセデス・ベンツによく採用されているものです。

なんとなく大人なムードを感じるインテリアとなっています。

現行型と比較

現行GLSクラスのデザインと比較してみましょう。

現行GLSクラスのエクステリア

出典https://www.mercedes-benz.co.jp

ぱっと見、外見はそれほど変わっていませんね。

見比べると、フロントグリルは大きくなっていて、ヘッドライトは少し水平に。

フォグランプ周りのデザインも変わっていますし、リヤのブレーキランプは細くなっています。

リヤのブレーキランプの太さが、エクステリアでは一番見分けがつきやすい部分ですね。

現行GLSクラスのインテリア

出典https://www.mercedes-benz.co.jp

インテリアは雰囲気が大きく変わっています。

現行型のインテリアは、木目調パネルが使われていて、メルセデス・ベンツらしくないというか、昔の日本車のようです。

現行型の方が格好良いですね。

搭載エンジン

新型GLSクラスには、2種類のガソリンエンジンと、2種類のディーゼルエンジンが搭載されることが発表されました。

<GLS 580>
最高出力・・・360kW
最大トルク・・・700Nm

<GLS 450>
最高出力・・・270kW
最大トルク・・・500Nm

<GLS 350d>
最高出力・・・210kW
最大トルク・・・600Nm

<GLS 400d>
最高出力・・・243kW
最大トルク・・・700Nm

それぞれのエンジンはまだ明らかにされていません。

すべて、48Vのマイルドハイブリッドシステムを搭載しています。

現行型と比較

現行GLSクラスには、3.0Lディーゼルターボエンジン、4.5Lターボエンジン、5.5Lターボエンジンがラインナップされています。

<GLS350d>
最高出力・・・190kW
最大トルク・・・620Nm

<GLS550>
最高出力・・・335kW
最大トルク・・・700Nm

<AMG GLS63>
最高出力・・・430kW
最大トルク・・・77.5Nm

ガソリンエンジン、ディーゼルエンジンともに、新型の方がパワーアップしています。

AMGモデルはあとから追加されます。

ボディサイズ

新型GLSクラスのボディサイズは、全長5,207mm×全幅1,956mm

ホイールベースは3,135mmです。

全高はまだ発表されていません。

現行型と比較

現行GLSクラスのボディサイズは、全長5,130mm×全幅1,935mm×全高1,850mm

ホイールベースは3,075mmです。

現行型と比べると、全長は77mm長く、全幅は22mm広く、ホイールベースは60mm長くなっています。(現行の数値は5mm単位のカタログ数値なので、誤差があります。)

先進機能

新型GLSクラスには、これらの先進機能が搭載されます。

・アクティブディスタンスアシストディストロニック
全車速対応のアダプティブクルーズコントロール機能。輸入車らしく200km/hまで対応しています。

・アクティブブレーキアシスト
前走者、前を横切る車、合流してくる車、路上の物体との衝突を避けるための自動ブレーキ。

7km/h~250km/hまでと、広範囲で作動します。

・アクティブストップ&ゴーアシスト
1分以内の停車であれば、自動で再発進をすることができる機能。

・アクティブブラインドスポットアシスト
車両の斜め後ろのミラーで見えない死角エリアの車両の存在を警告する機能。

現行型と比較

少し名前は違いますが、アクティブストップ&ゴーアシスト以外は現行型にも搭載されています。

新型GLSクラスでは、渋滞中の運転も楽になります。

価格

新型GLSクラスの価格は、1200万円程度~になると予想されています。

現行型と比較

現行型は1113万円~ですから、100万円程度高くなるようです。

マイルドハイブリッドシステムの採用や、インテリアを中心とした質感、快適性の向上、最新の予防安全機能なども搭載されていますから、これくらいは仕方がないでしょうね。

まとめ

メルセデス・ベンツ、新型Gクラスは、前回のフルモデルチェンジからの期間が短いということもあって、フルモデルチェンジにしては大きくは変わっていない印象です。

ただ、インテリアの高級感は、今風のメルセデスっぽくなっていますし、先進機能はしっかりと進化しています。

価格はとても高いので、そうそう気安く購入できるものではありませんが、とても迫力があって格好良いですね。