新型ハリアーは、ウインカーの位置、高さが低い!見えない、見にくいとの声多数。シーケンシャルウインカーは廃止。

スポンサーリンク

新型ハリアーが発売されてしばらく経ちましたが、やっぱりウインカーが見えない、見にくい。という声が多くあがっています。

このページでは、新型ハリアーのウインカーに注目して、気になるポイントをチェックしてみます。

ウインカーが見えない、見にくいとの声多数【更新】

さて、新型ハリアーが発売されてしばらく経ちましたが、やっぱりウインカーが見えない、見にくい。という声が多くあがっています。

ウインカーの位置が低い車といえば、ワゴンRや、日産キューブ、商用車など、そんなに珍しいものではありませんが、これらの車は、ブレーキランプも同じ位置にあります。

それに比べ、ハリアーは、ブレーキランプは上の方にあり、ウインカーだけ下の方にあるので、分かりにくい!という意見が多いです。

一方で、ウインカーが見えないのは、車間距離をつめすぎだ。という声も多くあがっています。

新型ハリアーのウインカーが見えるような運転をする(姿勢、車間距離)ことが、安全運転につながるような気もします(笑)

いずれにせよ、マイナーチェンジで上に移動するんじゃないかな?と勝手に思っています。

ここから先は、新型ハリアー発売前のウインカーについての記事です。

新型ハリアーは、シーケンシャルウインカー廃止か

新型ハリアーでは、シーケンシャルウインカー(流れるウインカー)が廃止されるという説が濃厚となっています。

新型ハリアーの北米モデル、ヴェンザのプロモーション動画を見てみると、ウインカーは流れていません。

デイタイムランニングライト(ライン上にLEDが光る部分)が2本ウインカーとして光ります。

光り方はカッコイイですね。

上記動画より引用

シーケンシャルウインカーは、先代ハリアーの後期モデルから採用されましたが、もう廃止されることになるようです。

シーケンシャルウインカーは一時的な流行りで、そのうち廃れるだろう。という意見は前々からありましたが、思ったより早く廃止される流れが進むかもしれませんね。

スポンサーリンク

リヤのウインカーは、とても低い位置にある

新型ハリアーのリヤのデザインは特徴的で、ブレーキランプが左右つながっており、とても細いです。

そのため、ウインカーはどこにあるんだ?という疑問の声が多くあがっていますが、リヤのウインカーは、バンパーの下部、リフレクター(反射材)が配置されているところにあります。

上記動画から引用

この位置にウインカーがあるというのは、とてもめずらしいですね。

一つ気になるのが、ウインカーの位置は、地面から35cm以上のところにないといけない。という条件があります。

この条件をクリアしていないと、車検に通りません。

新型ハリアーのウインカーの位置が地面から何センチのところにあるのか、具体的な数値は分かりませんが、車高を下げるカスタムをする時に問題になりそうですね。

まあ、これまでも車検の時だけ車高を上げる。というのは珍しくないことなので、現実的にはそういった方法で車検を通すということも続出しそうです。

ちなみに、バックランプも、このウインカーの横に配置されているようです。

細長い赤い部分は、ブレーキランプとテールランプのみが入っているということです。

また、ウインカーの位置が低すぎて、車間を詰めすぎると見づらいのではないか?トラックなど車高の高い車から見づらいのではないか?という心配も湧いてきます。

そのあたりは、発売後の実際の声を集めた上で、今後の車のデザインにも影響してくることでしょう。

車の買い換えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定
必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサーリンク

新型ハリアー関連記事

【新型 ハリアー 2020】フルモデルチェンジ!新型ハリアーの、外装、内装、発売日、サイズ、燃費、価格など
新型ハリアー レザーパッケージの違いは?グレード構成と、装備、見分け方。S、G、Gレザーパッケージ、Z、Zレザーパッケージ
新型ハリアー(80系)と、旧型ハリアー(60系)を、比較!違いはどこ?エクステリア、インテリア、サイズ、エンジンスペック、価格差など

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする