【2021年 新型イグニス 一部改良】変更点は?デザイン、装備、価格など。グレード再編!装備を比較

スポンサーリンク

スズキ、イグニスが一部改良(一部仕様変更)されました。

このページでは、新型イグニスの発売日、デザイン、装備、燃費、価格など、最新情報を紹介します。

新型イグニスの発売日

新型イグニスの発売日は、2021年9月7日です。

イグニスは、2016年に発売され、2020年にマイナーチェンジされています。

新型イグニスのデザイン

これまでのイグニスは、グレードによって顔つきが違っていたのですが、新型イグニスでは、全グレードが、HYBRID MFグレードの力強い顔つきとなりました。

新型イグニス2021年モデル、エクステリア

新型イグニス2021 内装

新型イグニス2021 インテリア
出典https://www.suzuki.co.jp(2021/09/7)

2020年のマイナーチェンジで採用されたこのデザインですが、コンパクトながら力強さが表現されていて、こちらの顔の方が好評だったのでしょう。

インテリアは、特に変更されていません。

スポンサーリンク

新型イグニスのエンジン、燃費

今回の改良では、エンジンに変更はありません。

イグニスには、1.2LのNAエンジンが搭載されています。全車がハイブリッド車です。

<1.2Lハイブリッド>
エンジン最高出力・・・91ps
エンジン最大トルク・・・12.0kgf・m
モーター最高出力・・・3.1ps
モーター最大トルク・・・5.1kgf・m

WLTCモード燃費・・・19.8km/L
市街地モード・・・15.9km/L
郊外モード・・・20.5km/L
高速道路モード・・・21.6km/L

新型イグニスのグレード、主要装備

これまで、イグニスのグレード構成は、「HYBRID MG」「HYBRID MX」「HYBEID MF」「HYBRID MZ」の4グレード構成だったのが、「HYBRID MG」「HYBRID MV」「HYBRID MF」の3グレード構成に変更されました。

各グレードの主な装備を紹介します。

HYBRID MGグレードの主な装備

・16インチスチールホイール
・スズキセーフティサポート(非装着可)
・オートライトシステム
・ハロゲンヘッドランプ
・ウレタンステアリングホイール
・運転席バニティミラー
・ファブリックシート表皮
・運転席、助手席シートヒーター
・フルオートエアコン
・リヤプライバシーガラス
・2スピーカー
・スマートキー

HYBRID MVグレードの主な装備

HIBRID MGグレードから追加、変更されている装備を紹介します。

・16インチアルミホイール
・フロントシートベルトショルダーアジャスター
・LEDヘッドランプ
・LEDポジションランプ
・LEDフロントフォグランプ
・LEDサイドターンランプ付ドアミラー
・助手席バニティミラー
・運転席シートリフター
・運転席センターアームレスト
・左右独立リヤシートスライド&リクライニング機構
・後席シートバックスライドレバー
・4スピーカー
・パドルシフト

HYBRID MFグレードの主な装備

HYBRID MVグレードから追加、変更されている装備を紹介します。

・メッキドアハンドル
・ルーフレール
・IRカット機能付フロントガラス
・プレミアムUV&IRカットガラス(フロントドア)
・クルーズコントロールシステム
・本革巻きステアリング
・本革巻シフトノブ
・レザー調シート表皮
・ラゲッジシェルフ
・防汚タイプラゲッジフロア

新型イグニスの価格

新型イグニスの価格は150万円~と、改良前よりも8万円ほど高くなりました。

HYBRID MG(スズキセーフティサポート非装着車)・・・1,501,500円
HYBRID MG・・・1,600,500円
HYBRID MV・・・1,747,900円
HYBRID MF・・・1,856,800円

車の買い換えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定

必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサーリンク