新型レヴォーグ、スパイショットが続々!テストカー、市販車のデザインを見てみよう。

スポンサーリンク

2020年後半に発売予定の、新型レヴォーグ。

新型レヴォーグのスパイショットが、続々と撮影されています。

このページでは、新型レヴォーグのデザインを中心に紹介します。

まずはプロトタイプをみてみよう

まずは、東京モーターショーで公開された、新型レヴォーグのプロトタイプのデザインを見てみましょう。

新型レヴォーグ エクステリア

新型レヴォーグ インテリア


出典https://www.subaru.jp

現行レヴォーグ


出典https://www.subaru.jp

キープコンセプトではあるものの、現行モデルよりもヘッドライト、ブレーキランプが細くなっています。

フロント、リヤの彫りが深くなっており、よりメカっぽさが増していますね。

スポンサーリンク

新型レヴォーグのスパイショット

街中で走っている姿は、モーターショーの会場で綺麗に魅せるために飾られたコンセプトカーとはまた違う表情を見せてくれます。

新型レヴォーグは、群馬県を中心に、テスト走行の様子が多く撮影されているので、紹介します。

どういう印象を受けましたか?

基本的には、コンセプトカーがほぼそのまま市販されるようですね。

私は、思ったよりもヘッドライトが小さいな。サイドガラスの後部が細くなっていることで、ちょっとリヤが尻上がりに見えるな。と感じました。

スポンサーリンク

新型レヴォーグ、STIスポーツもスパイショットも

新型レヴォーグには、STIスポーツも設定されるということが発表されており、STIスポーツのコンセプトカーも発表されています。


出典https://www.subaru.jp

新型レヴォーグ、STIスポーツのものと思われるテストカーのスパイショットも撮影されています。

この写真を見ると、右側のブレーキランプの下に、隠されてはいるものの、「LEVORG」というエンブレム、さらにその下に、「STI」エンブレムが隠されている膨らみが確認できます。

おそらく、これがSTIスポーツのテストカーだと思われます。

新型レヴォーグのインテリアはどうなるのか

テストカーには、ドライバーとスタッフの2名が乗っていることが多く、写真撮影を警戒されていることも多いので、なかなかインテリアまで撮影することは難しいです。

ですから、今のところ、インテリアまで撮影できているスパイショットはありません。

あくまで事前のリーク情報にはなりますが、新型レボーグのインテリアは、新型レガシィのような大きな縦長のディスプレイが設置されると予想されています。


出典http://media.subaru.com

新型レヴォーグは、中身も大きく進化する

さて、今回は新型レヴォーグのデザインを中心に紹介しましたが、新型レヴォーグは、中身も大きく進化します。

進化するポイントを挙げると、

・新型1.8Lターボエンジン搭載
・SGP(スバルグローバルプラットフォーム)採用
・新世代アイサイト採用
・ドライブモードセレクト搭載

上記のような部分も進化します。

こういった進化点については、こちらのページで詳しく解説しています。

【新型 レヴォーグ 最新情報】フルモデルチェンジ予想情報!発売日、サイズ、エンジン、価格など

車の買い換えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定
必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする