【新型 カングー 2021】いつ出る?フルモデルチェンジ!日本発売日、デザイン、サイズ、エンジン、価格など、最新情報!ディーゼル、EVも!

スポンサーリンク

その特徴的なデザインから、日本にも一定のユーザーがいる、ルノー・カングー。

ルノー・カングーが、13年ぶりにフルモデルチェンジされました。

新型カングーは、センターピラーレスを採用するなど、大きく進化しています。

このページでは、新型カングーの日本発売日、デザイン、パワートレイン、価格予想など、最新情報、予想情報を紹介します。

新型カングーの日本発売日

新型カングーは、2020年11月12日に発表され、ヨーロッパでは2021年6月に発売されます。

日本発売日は、2021年秋~冬ごろになると予想されています。

新型カングーのデザイン

新型カングーのデザインを紹介します。

新型カングー 2021

新型カングー 2021 デザイン

新型カングー フルモデルチェンジ
出典https://www.renault.fr

新型カングー 2021 インテリア
出典https://www.renault.fr

これまでのカングーは、どこか愛嬌のある顔つきをしていましたが、新型カングーは、どちらかというと男性的な、スポーティーな顔つきに生まれ変わりました。

カングーらしい左右両開きのリヤハッチは受け継がれています。

新型カングー最大の特徴は、センターピラーレスです。

センターピラーレスといえば、ダイハツ・タントで有名ですが、助手席側の前後の扉の間の柱がなく、開口部が非常に広くなる。というものです。

新型カングーの開口部は1416mmにもなるようです。


出典https://en.media.groupe.renault.com

スポンサーリンク

新型カングーのサイズ

新型カングーのボディサイズは、全長4,486mm✕全幅1,860mm✕全高1,808mmです。

現行モデルは、全長4,280mm✕全幅1,830mm✕全高1,810mmでしたから、全長、全幅が大きくなっています。

特に全長は200mmほど長くなっており、結構な延長です。

新型カングーのパワートレイン

新型カングーには、1.3Lガソリンターボエンジンと、1.5Lディーゼルターボエンジンが搭載されます。

<1.3Lターボエンジン>
最高出力・・・75kW(102ps)
最大トルク・・・200Nm(20.4kgf・m)

<1.5Lディーゼルターボエンジン>
最高出力・・・70kW(95ps)
最大トルク・・・260Nm(26.5kgf・m)

この他、EVが設定されることも発表されています。

EVは、デザインも若干差別化されるかもしれません。

ルノーは、カングーEVモデルのコンセプトカーを公開していますが、シルバーのラインが特徴的ですね。

カングーEVコンセプト(Kangoo ZE Concept)

新型カングーの燃費

新型カングーの燃費は、欧州のWLTP燃費で、以下のように発表されています。

<1.3Lガソリンターボエンジン>
14.7km/L

<1.5Lディーゼルターボエンジン>
18.5km/L

新型カングーの先進機能

新型カングーには、自動ブレーキ等の先進機能が搭載されることが発表されています。

・EASY LINK(スマホ等連携機能)

・リヤビューデジタルインテリアミラー(デジタルルームミラー)

・トレーラースイングアシスト

・ブレーキスタビリティコントロール

・AEBS(自動ブレーキ)

・360°カメラ

おそらく、アダプティブクルーズコントロールやトラフィックジャムアシスト、レーンセンタリングアシストなども搭載されるでしょうが、現在明らかになっているのは、上記の内容です。

新型カングーの価格

新型カングーの価格は、現行モデルよりもかなり高くなると予想されています。

フランスでは、下位グレードが24,900ユーロ(約330万円)、上位グレードが27,400ユーロ(約360万円)~となっています。

日本での価格はまだ発表されていませんが、これまでのモデルは254万円~だったので、かなり高くなりそうです。

車の買い換えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定

必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサーリンク