半導体不足により、中古車相場が高騰中です。

下取りよりも数十万高く売れることも珍しくありません。一度、査定をしてみてください!

【新型 レクサスLX グレード比較、違い】オフロード、エグゼクティブのデザイン、装備、違いを紹介。Fスポーツの日本発売は、なし

レクサスのフラッグシップSUV、新型LXが発売されました。

新型LXには、ベースグレード、オフロード、エグゼクティブの3グレードが設定されています。

(厳密にはグレードではなく、パッケージオプションという位置づけのようですが、ほとんどの方が3グレード構成だと認識しているでしょうから、グレードとして話をすすめます。)

このページでは、新型レクサスLXのベースグレード、オフロード、エグゼクティブ、各グレードのデザイン、装備、価格の違いを比較します。

新型レクサスLX、各グレードの価格

新型レクサスLXの価格は、1250万円~1800万円と、幅があります。

ベースグレード・・・12,500,000円
オフロード・・・12,900,000円
エグゼクティブ・・・18,000,000円

オフロードはベースグレード+40万円、エグゼクティブはベースグレード+550万円です。

新型レクサスLX ベースグレードの主な装備

新型レクサスLX、ベースグレード

新型レクサスLX ベースグレードのリヤデザイン

新型レクサスLXの内装

新型レクサスLXのインテリア
出典https://global.toyota(2022/1/13)

まずは、ベースグレードの主な装備を紹介します。

・20インチアルミホイール
・三眼フルLEDヘッドランプ
・リヤフォグランプ
・ルーフレール
・ムーンルーフ

・デジタルインナーミラー
・カラーヘッドアップディスプレイ
・デュアルディスプレイ
・本木目+本革ステアリング
・ステアリングヒーター
・セミアニリン本革シート
・1列目、2列目シートヒーター&ベンチレーション
・サンシェード
・クールボックス
・指紋認証スタートスイッチ
・サイドドアイージークローザー
・ハンズフリーパワーバックドア
・おくだけ充電
・レクサスLXプレミアムサウンドシステム
・アクセサリーコンセント

・トルセンLSD付トランスファー
・AHC&AVS
・マルチテレインセレクト
・ダウンヒルアシストコントロール
・クロールコントロール
・Lexus Safety System+
・パーキングサポートブレーキ
・マルチテレインモニター
・ブラインドスポットモニター

ベースグレードとはいえ、レクサスのフラッグシップSUVですから、装備は相当充実しています。

販売の大半はベースグレードが占めているとのことです。

 

新型レクサスLX オフロードグレードの主な装備

新型レクサスLX オフロードグレード

新型レクサスLX オフロードのリヤデザイン
出典https://global.toyota(2022/1/13)

次に、オフロードグレードの主な装備を紹介しまう。

ベースグレードから追加、変更されているものを紹介します。

・18インチアルミホイール
・専用黒光輝スピンドルグリル
・専用漆黒メッキフロントフォグランプベゼル
・専用マットマーキュリーグレーマイカルーフレール
・専用ブラック塗装&マットグレーメタリック加飾ドアミラー
・専用ブラックドアハンドル
・専用ブラックステンレスウインドウモール
・専用ブラックホイールアーチモール
・専用漆黒メッキリヤバンパーサイドメッキモール
・ディファレンシャルロック

新型レクサスLX エグゼクティブグレードの主な装備

新型レクサスLX エグゼクティブグレード

新型レクサスLX エグゼクティブグレードのリヤデザイン

新型レクサスLX エグゼクティブグレードの内装

新型レクサスLX エグゼクティブグレードの後部座席
出典https://global.toyota(2022/1/13)

次に、エグゼクティブグレードの主な装備を紹介します。

ベースグレードから追加、変更されているものを紹介します。

・22インチアルミホイール
・専用左右席シートクッション
・後左右席プリテンショナー機構付ELR3点式シートベルト
・専用セミアニリン本革シート
・助手席エクストラシートスライド
・電動オットマン(後左席)
・プリセットポジション(後左席)
・リラクゼーション機能(後左右席)
・大型ヘッドレスト
・リヤコンソール
・読書灯
・シャワー空調機能&エアカーテン
・マークレビンソンリファレンス3Dサラウンドシステム
・リヤシートエンターテインメントシステム
・専用トノカバー

 

新型レクサスLX Fスポーツについて

海外では、Fスポーツも設定されます。

日本では発売されていませんが、Fスポーツについても少し紹介しておきます。

ただ、日本向けのプレスリリースには、Fスポーツに関する記載はなく、海外向けのリリースにのみ記載されているため、日本ではFスポーツは発売されないとみられています。

デザインを見てみると、結構格好良いですから、日本にも導入してくれ!という声は既にあがっています。

マイナーチェンジの機会で追加されることもあるかもしれませんね。

新型レクサスLX Fスポーツ
新型レクサスLX Fスポーツのデザイン
出典https://pressroom.lexus.com(2021/10/15)

こちらのページでは、新型レクサスLXのデザイン、サイズ、パワートレイン、価格予想など、基本的な情報を紹介しています。

【新型 レクサスLX 納期最新情報】2022年2月時点。LX600の価格、発売日、デザイン、パワートレインなど、最新情報

車の買い換えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定
中古車相場が高騰中のため、今がチャンスです。

必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。