【新型 アウディQ2 マイナーチェンジ】日本発売日、デザイン、カラー、エンジン、価格予想など。変更点は、どこ?

スポンサーリンク

欧州で、マイナーチェンジされた新型アウディQ2が発表されました。

このページでは、新型アウディQ2の日本発売日、デザイン、パワートレイン、先進機能、価格など、最新情報、予想情報を紹介します。

日本仕様の詳細も発表されたので、更新しています。

新型アウディQ2の日本発売日

新型アウディQ2は、2020年9月1日に発表されました。

日本発売日は、2021年5月の予定となっています。

新型アウディQ2のデザイン

新型アウディQ2のデザインを紹介します。(欧州仕様)


出典https://www.audi-mediacenter.com

フロントグリルがより大きく、バンパー下部は三角形が強調されるような形になっています。

ヘッドライト、デイタイムライトの光り方が変わっており、3つのブロック状になっています。

インテリアは、シフトレバー等のデザインが変更されています。

メーター部分には、12.3インチのバーチャルコックピットが採用されています。

現行Q2


出典https://www.audi-mediacenter.com

インテリアはほとんど変わっていませんが、エアコン吹き出し口周りのメッキリングが太くなっているように見えます。

スポンサーリンク

新型アウディQ2のカラー

新型アウディQ2には、モノトーンが11色、ツートンカラー(コントラストペイント)が9色設定されます。

<モノトーン>
・アイビスホワイト
・ターボブルー
・フロレットシルバーメタリック
・グレイシアホワイトメタリック
・ミトスブラックメタリック
・マンハッタングレーメタリック
・アップルグリーンメタリック
・タンゴレッドメタリック
・ナバーラブルーメタリック
・デイトナグレーパールエフェクト
・アローグレーパールエフェクト

新型アウディQ2 カラー
出典https://catalogue.audi.co.jp

<ツートンカラー>
ボディカラー✕ルーフカラー
・アイビスホワイト✕マンハッタングレーメタリック
・フロレットシルバーメタリック✕マンハッタングレーメタリック
・グレイシアホワイトメタリック✕マンハッタングレーメタリック
・ミトスブラックメタリック✕マンハッタングレーメタリック
・マンハッタングレーメタリック✕マンハッタングレーメタリック
・アップルグレーメタリック✕マンハッタングレーメタリック
・タンゴレッドメタリック✕マンハッタングレーメタリック
・ナバーラブルーメタリック✕マンハッタングレーメタリック
・アローグレーメタリック✕マンハッタングレーメタリック

アウディQ2 ツートンカラー
出典https://catalogue.audi.co.jp

新型アウディQ2のパワートレイン

新型アウディQ2には、気筒休止機能が採用された、直4、1.5Lターボエンジンが搭載されます。

<1.5Lターボエンジン>
最高出力・・・150ps/5000-6000rpm
最大トルク・・・25.5kgf・m/1500-3500rpm

現行Q2の1.4Lターボエンジンの置き換え用のはずですが、スペックは変わっていません。

排気量を拡大したほうが、効率が良かったのでしょう。

1.0Lターボエンジンは、引き続き同じものが搭載されると予想されています。

<1.0Lターボエンジン>
最高出力・・・116ps/5000-5500rpm
最大トルク・・・20.4kgf・m/2000-3500rpm

【追記】
新型Q2では、1.5Lターボエンジンのみのラインナップとなることが発表されました。

新型アウディQ2の先進機能

新型アウディQ2には、「アウディコネクトエマージェンシーコール&サービス」と「アウディリモートコントロールサービス」が搭載されました。

アウディコネクトエマージェンシーコール&サービスは、「SOSコール」「オンラインロードサイトアシスタンス」「メンテナンスリクエスト」「マイカーマネージャー」の機能の総称です。

事故発生時に自動でオペレーターに接続する機能、車両に異常が発生した時の対応、メンテナンスの予約などの機能が含まれます。

アウディリモートコントロールサービスは、スマホからドアのロック、アンロックをしたり、燃料の残量を確認することができる機能です。

日本での名称は違うものになる可能性もありますが、こういった機能が搭載されるでしょう。

新型アウディQ2の価格

新型アウディQ2の価格は、グレードの再編、1.0Lターボエンジンの廃止などにより、価格が大幅にアップします。

Q2 35 TFSI advanced・・・3,940,000円
Q2 35 TFSI S line・・・4,300,000円

マイナーチェンジ記念として、限定車、ファーストエディションも設定されます。

ファーストエディションは、125台限定となります。

Q2 1st edition・・・5,440,000円

ファーストエディションには、

・コンビニエンス&アシスタンスパッケージ
・ナビゲーションパッケージ
・テクノロジーパッケージ
・S lineプラス・パッケージ
・ブラックスタイリングパッケージ
・19インチアルミホイール
・マトリクスLEDヘッドライト

が標準装備となっています。

車の買い換えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定

必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサーリンク