【S660 マイナーチェンジ 予想情報】違い、変更点はどこ?価格はアップへ。発売日は、2020年1月!

スポンサーリンク

ホンダの軽スポーツカー、S660がマイナーチェンジされました。

関係者の知人に、現時点で聞けるだけの情報を聞いてきました。

S660のマイナーチェンジでは、デザインの変更、装備の充実、価格の変更などが実施されます。

このページでは、S660のマイナーチェンジに関する最新情報を紹介します。

S660のマイナーチェンジは、2020年1月10日

新型S660の発売日は、2020年1月10日です。

モデューロXの方は、1月31日に発売されます。

S660、マイナーチェンジでのデザインの変更点

S660は、マイナーチェンジでデザインが少し変更されます。

標準モデルと、モデューロXで変更点が違うので、それぞれ紹介します。

S660、標準モデルの変更点

新型S660、標準モデルのデザインを紹介します。

新型S660、標準モデル

新型S660の、デザインの変更点を紹介します。

<エクステリア>
・ヘッドライト、サイドリフレクターの色変更
・アクセサリーライト追加
・リアコンビネーションランプ、インナーレンズの色変更
・フロントグリルのデザイン変更

<インテリア>
・ステアリングホイール、シフトノブ表皮にアルカンターラを採用

前期型S660


出典https://www.honda.co.jp

デザインはそれほど大きくは変わっていませんが、Aピラーのカラーがボディと同色となったことで、少し印象が違いますね。

スポンサーリンク

S660、モデューロXの変更点

次に、S660 モデューロXのデザインを紹介します。

新型S660、モデューロXのデザインの変更点を紹介します。

<エクステリア>
・プラックスパッタリング仕上げアルミホイール
・ドアミラーカバー色変更

<インテリア>
・専用アルカンターラ×本革ステアリングホイール
・サイドブレーキカバーにアルカンターラ採用
・シフトブーツにアルカンターラ採用
・専用スポーツレザーシートのデザイン変更

スポンサーリンク

カラーラインナップの変更点

カラーラインナップも変更されています。

こちらも標準モデルとモデューロXで違うので、それぞれ紹介します。

標準モデルのカラーバリエーション

新型S660、標準モデルのカラーバリエーションは、以下の7色です。

・フレンチブルーパール
・ナイトホークブラックパール
・アクティブグリーンパール(新色)
・アラバスターシルバーメタリック(新色)
・プレミアムスターホワイトパール
・フレームレッド
・カーニバルイエローⅡ

モデューロXのカラーバリエーション

新型S660、モデューロXのカラーバリエーションは、以下の4色です。

・フレンチブルーパール
・アラバスターシルバーメタリック
・プレミアムスターホワイトパール
・カーニバルイエロー(新色)

パワートレインは、変更ナシ

S660には、660ccのターボエンジンが搭載されていますが、これは変更されていません。

<660ccターボエンジン>
最高出力・・・64ps/6000rpm
最大トルク・・・10.6kgm/2600rpm

スポンサーリンク

予防安全性能にも、変更ナシ

S660には、ホンダセンシングではなく、シティブレーキアクティブシステムという自動ブレーキが搭載されています。

シティブレーキアクティブシステムは、5km/h~30km/hで走行中に、車両に対してのみ作動するものです。

他の車に搭載されているホンダセンシングの衝突軽減ブレーキは、5km/h以上全速度域で作動するものなので、それに比べると性能は低いものです。

予防安全性能は、今回のマイナーチェンジでは更新されるという話は聞いていないので、現状と同じく性能は低いままとなります。

新型S660、価格はアップ

新型S660の価格を紹介します。

<新型S660の価格>
β・・・2,031,700円
α・・・2,321,000円
モデューロX・・・3,042,600円

<前期型S660の価格>
β・・・2,017,400円
α・・・2,226,400円
モデューロX・・・2,902,900円

βグレードが約15,000円アップ、αは約10万円アップ、モデューロXは約10万円アップです。

今回のS660のマイナーチェンジは、デザインとカラーの変更のみですが、その割には価格が結構高くなっている印象です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする