相場が高くなっている今が、高く売るチャンス

S660 特別仕様車 増産決定へ!追加生産分、抽選は50台のみ。S660は、2022年3月で生産終了。

ホンダの軽スポーツカー、S660の生産終了が発表されました。

生産終了の発表と同時に、特別仕様車も設定されました。

このページでは、S660生産終了の情報と、増産情報、最後の特別仕様車、バージョンZの情報をお伝えします。

S660が、追加生産決定!

S660は、2022年3月をもって生産終了することが発表されており、2021年3月には、受注も終了していました。

ところが、あまりの人気の高さに中古車の価格が高騰するなどしているため、追加生産が決まりました。

追加生産の台数は650台で、そのうち、一般に抽選を受け付けるのは50台だけです。

50台の内訳は、αが40台、βが10台です。

それ以外の600台は、S660の購入を検討していながら購入できなかったユーザーに、販売店から声がかけられているとのことです。

わずか650台の増産なので、こちらもすぐになくなってしまうかとは思いますが、最後の増産ということで、注目が集まっています。

抽選の申し込みは11月12日~12月5日までで、抽選結果の発表は12月15日にオンラインで配信されます。

抽選に興味のある方は、こちらのページをから申し込むことができます。

https://www.honda.co.jp/S660/2021campaign

S660が、生産終了

S660は、2022年3月をもって生産終了となることが発表されました。

S660は、2015年4月に販売されましたが、ちょうど7年で幕を閉じることとなります。

もう少しモデルチェンジせずに販売を続けても良いのでは?と思うところではありますが、今後の自動ブレーキの義務化等の規制に合わせることが難しいことや、そもそも販売台数が少ない(月200台程度)ことなどが理由となっているようです。

S660最後の特別仕様車、バージョンZ

S660最後の特別仕様車として、モデューロX バージョンZが発表されましした。

モデューロX バージョンZ専用色として、ソニックグレーパールが設定されています。

カラーラインナップは、ソニックグレーパールと、プレミアムスターホワイトパールの2色です。

S660 特別仕様車 ソニックグレーパール

S660 特別仕様車 バージョンZ

S660 バージョンZ インテリア

S660 バージョンZ 内装
出典https://www.honda.co.jp(2021/10/1)

S660特別仕様車、バージョンZの特別装備

S660特別仕様車、バージョンZの特別装備は、以下のとおりです。

・ブラッククローム調エンブレム
・ブラック塗装専用アクティブスポイラー(ガーニーフラップ付)
・ステルスブラックアルミホイール
・カーボン調インテリアパネル(メーターバイザーパネル部、助手席エアアウトレットパネル部、センターコンソールパネル部)
・ドアライニングパネル(ラックススェード✕合皮)
・専用シートセンターバッグ
・専用バージョンZロゴ入りアルミ製コンソールプレート

S660特別仕様車、バージョンZの価格

S660特別仕様車、バージョンZの価格は、MTのみで、3,150,400円です。

その他のグレードも、2022年3月までは購入することができます。

β・・・2,031,700円
α・・・2,321,000円
モデューロX・・・3,042,600円
モデューロX バージョンZ・・・3,150,400円

S660の生産終了にあたって、開発スタッフからのメッセージも掲載されています。

https://www.honda.co.jp/S660/history/

S660の生産終了で、軽オープンカーは、ダイハツ・コペンのみとなります。

コペンにも、現時点では自動ブレーキは搭載されておらず、今後どうなるのか?気になるところです。(コペンも月販台数は200台程度)

車の買い換えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定
中古車相場が高騰中のため、今がチャンスです。

必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。