2月~3月は、新年度の需要期に向けて在庫を確保するため、査定額が高くなりやすい時期です。

シエンタクロスオーバー 日本発売に期待!デザイン、サイズ、最低地上高、エンジン、価格など

スポンサードリンク

コンパクトミニバンとして人気のシエンタですが、台湾で、シエンタクロスオーバーが発売されました。

シエンタクロスオーバーは、SUVブームの日本での発売も期待されている、魅力的な新モデルです。

このページでは、シエンタクロスオーバーの日本発売、デザイン、サイズ、パワートレイン、価格など、最新情報、予想情報を紹介します。

シエンタクロスオーバーの日本発売は?

シエンタクロスオーバーの日本発売については、公式には発表されていません。

ただ、モデル末期のシエンタの最後の販売台数の底上げとして、日本でも発売してほしい。という声が多くあがっています。

シエンタ自体、2022年にはフルモデルチェンジされると予想されているので、クロスオーバーが発売されるなら、2021年の早い段階で発売されることになるでしょう。

シエンタクロスオーバーのデザイン

シエンタクロスオーバーのデザインを紹介します。


出典https://www.toyota.com.tw

クロスオーバーということで、フロントバンパー下部や、サイドマッドガードなど、車体下部は樹脂パーツで囲われていて、悪路を走行した時の傷を気にしなくても良いようになっています。

シエンタで特徴的な、涙目の部分がなくなっています。

涙目デザインは、良くも悪くも話題になりましたが、どちらかというと違和感を感じる。というコメントが多いので、この顔つきの方が良い。という感想を持つ方も多いかと思います。

インテリアの方は、現在発売されているモデルと同じですね。

インテリアの特徴である、オレンジのアクセントラインが入っています。

スポンサードリンク

シエンタクロスオーバーのサイズ、最低地上高

シエンタクロスオーバーのボディサイズは、全長4,350mm✕全幅1,695mm✕全高1,700mmです。

標準モデルのサイズは、全長4,260mm✕全幅1,695mm✕全高1,675mmなので、全長は90mm長く、全高は25mm高くなっています。

最低地上高は、標準モデルの145mmに対して、シエンタクロスオーバーは165mmと、20mm高くなっています。

見た目がクロスオーバー風になっているだけでなく、最低地上高が上げられていて、走破性能が高くなっていることが特徴です。

シエンタクロスオーバーのパワートレイン

今回、台湾で発表されたシエンタクロスオーバーには、1.8Lエンジンが搭載されています。

ただ、台湾では元々1.8Lエンジンが設定されていたのですが、日本では1.5Lガソリンエンジンと、1.5Lハイブリッドのみなので、日本にクロスオーバーが投入されるとしても、1.8Lエンジンが投入されることはないと予想されています。

<1.8Lガソリンエンジン>
最高出力→140ps/6200rpm
最大トルク→17.5kgf・m/4000rpm

<1.5Lガソリンエンジン>
最高出力→109ps/6000rpm
最大トルク→13.9kgf・m/4400rpm

<1.5Lハイブリッド>
エンジン最高出力→74ps/4800rpm
エンジン最大トルク→11.3kgf・m/3600-4400rpm
モーター最高出力→61ps
モーター最大トルク→17.2kgf・m

シエンタクロスオーバーの価格

シエンタクロスオーバーの価格は、日本円換算で275万円~となっています。

シエンタクロスオーバーの日本発売に関する詳しい情報など、新しい情報が入りましたら、また更新します。

車の買い換えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定
2月~3月は、新年度の需要期に向けて在庫を確保するため、査定額が高くなりやすい時期です。

必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサードリンク