相場が高くなっている今が、高く売るチャンス

【新型 レクサスNX グレード比較】Fスポーツ、バージョンL、ベースグレード、グレード別装備の違いを比較

スポンサーリンク

新型レクサスNXには、ベースグレード、Fスポーツ、バージョンLの3つのグレードが設定されます。

このページでは、新型レクサスNX、各グレードのグレード別装備の違いと、パワートレインごとに設定されるグレードや駆動方式について紹介します。

新型レクサスNXのパワートレインと、グレード構成

新型レクサスNXには、NX450h+(2.5Lプラグインハイブリッド)、NX350h(2.5Lハイブリッド)、NX350(2.4Lガソリンターボ)、NX250(2.5Lガソリン)と、4種類のパワートレインが設定されます。

パワートレインによって、グレード展開と、駆動方式の設定が異なります。

各パワートレインに設定されるグレードと、駆動方式は、以下のようになっています。

<NX450h+>
Fスポーツと、バージョンLの2グレード構成。駆動方式は4WDのみ。

<NX350h>
ベースグレード、Fスポーツ、バージョンLの3グレード構成。駆動方式は、FFと4WD。

<NX350>
Fスポーツのみの1グレード。駆動方式は4WDのみ。

<NX250>
ベースグレードとバージョンLの2グレード構成。駆動方式は、FFと4WD。

価格が高くなるプラグインハイブリッドは、上級グレードに。

パワフルな2.4Lターボエンジンを搭載するNX350は、スポーティーなFスポーツグレードのみが。

必要十分ではあるが、それほどパワフルではない2.5Lエンジンを搭載するNX250には、Fスポーツは設定されないなど、パワートレインに合わせたグレードが設定されています。

先代NXには、バージョンIというグレードもありましたが、新型では廃止されています。

ここからは、ベースグレード、Fスポーツ、バージョンL、各グレードの主な装備を紹介します。

ベースグレード、Fスポーツ、バージョンL全てが設定されている、NX350hをベースに紹介します。

スポンサーリンク

新型レクサスNX、ベースグレードの主な装備

まずは、新型レクサスNX、ベースグレードの主な装備を紹介します。

・18インチアルミホイール
・LEDヘッドランプ
・LEDフォグランプ
・雨滴感応間欠式フロントワイパー
・撥水機能付/遮音タイプUV・IRカットガラス(フロントドア)
・UVカット機能付プライバシーガラス

・自動防眩インナーミラー
・リモートエアコン
・本革ステアリング
・電動チルト&テレスコピックステアリング
・L texシート
・運転席、助手席8Way調整式パワーシート
・上下調整式フロントヘッドレスト
・後席6:4分割可倒式シート
・運転席、助手席独立温度調整オートエアコン
・9.8インチディスプレイオーディオ
・ETC2.0ユニット
・AC100V、100Wアクセサリーコンセント

・プリクラッシュセーフティ
・オートマチックハイビーム
・レーンディパーチャーアラート
・レーントレーシングアシスト
・レーダークルーズコントロール
・ロードサインアシスト
・発進遅れ告知機能
・ドライバー異常時対応システム
・プロアクティブドライビングアシスト
・ブラインドスポットモニター
・安心降車アシスト
・パーキングサポートブレーキ

レクサスですから、ベースグレードでも、装備は充実しています。

見た目の部分で違いを感じるのは、アルミホイールと、タッチワイドディスプレイ(カーナビ)でしょうか。

他のグレードでは、20インチアルミホイールが装着されているのに対し、ベースグレードでは18インチアルミホイールとなるので、見た目で違いが分かります。

18インチアルミホイール
新型レクサスNX 18インチアルミホイール

20インチアルミホイール(Fスポーツ)
新型レクサスNX Fスポーツ ホイール

20インチアルミホイール(バージョンL)
新型レクサスNX バージョンL ホイール
出典https://global.toyota(2021/9/19)

インテリアでは、他のグレードでは、14インチの大きなディスプレイが特徴的なのですが、ベースグレードでは9.8インチとなり、ちょっと左右のスペースが気になるかもしれません。

とはいえ、9.8インチもあるので、決して小さいわけではありません。

14インチタッチワイドディスプレイ

9.9インチタッチワイドディスプレイ

出典https://global.toyota(2021/9/19)

スポンサーリンク

新型レクサスNX、Fスポーツの主な装備

次に、Fスポーツの主な装備を紹介します。ベースグレードから追加、変更されているものを紹介します。

・Fスポーツ専用スピンドルグリル
・Fスポーツ専用サイドグリル
・Fスポーツ専用フロントロアバンパーモール
・Fスポーツ専用リヤロアバンパーモール
・Fスポーツ専用ドアウインドウフレームモールディング
・フェンダーアーチモール
・パフォーマンスダンパー
・20インチアルミホイール

・インテリアイルミパッケージ
・パワーイージーアクセスシステム
・Fスポーツ専用TFT液晶式メーター
・Fスポーツ専用アルミ製スポーツペダル&フットレスト
・カラーヘッドアップディスプレイ
・Fスポーツ専用本革ステアリング
・ステアリングヒーター
・Fスポーツ専用本革スポーツシート
・上下前後調整式フロントヘッドレスト
・前席シートヒーター
・14インチディスプレイオーディオ
・ETC2.0ユニット+光ビーコンユニット

Fスポーツには、専用のエクステリア、インテリアが与えられます。


出典https://global.toyota(2021/9/19)

ヘッドライトにはAHS(アダプティブハイビーム)機能は搭載されないと予想されています。(オプションで設定か?)

フレアレッドのインテリアが、とてもスポーティーです。

カーナビのディスプレイも、14インチに大型化されます。

また、NAVI・AI-AVSというカーナビの地図情報を利用して、サスペンションの硬さを調節するなどして、よりスムーズに運転することができる機能も搭載されます。

スポンサーリンク

新型レクサスNX、バージョンLの主な装備

次に、バージョンLの主な装備を紹介します。ベースグレードから追加、変更されているものを紹介します。

・20インチアルミホイール
・三眼フルLEDヘッドランプ
・ヘッドランプクリーナー
・カラーヘッドアップディスプレイ
・ステアリングヒーター
・本革シート
・運転席、助手席ベンチレーション機能
・後席電動格納機能
・前席、後席シートヒーター
・14インチディスプレイオーディオ
・ETC2.0ユニット+光ビーコンユニット
・アダプティブハイビームシステム
・ITSコネクト

全席にシートヒーター、前席にはシートベンチレーションが採用されるなど、快適性を重視した上級グレードです。


出典https://global.toyota(2021/9/19)

新型レクサスNXの価格

新型レクサスNXの価格は455万円~と、エントリー価格は、現行モデルと同程度に抑えられています。

<NX250>
ベースグレード(FF)・・・4,550,000円
ベースグレード(4WD)・・・4,820,000円
バージョンL(FF)・・・5,430,000円
バージョンF(4WD)・・・5,700,000円

<NX350>
Fスポーツ(4WD)・・・5,990,000円

<NX350h>
ベースグレード(FF)・・・5,200,000円
ベースグレード(4WD)・・・5,470,000円
Fスポーツ(FF)・・・6,080,000円
Fスポーツ(4WD)・・・6,350,000円
バージョンL(FF)・・・6,080,000円
バージョンL(4WD)・・・6,350,000円

<NX450h+>
Fスポーツ(4WD)・・・7,380,000円
バージョンL(4WD)・・・7,140,000円

グレード構成や価格から考えると、NX250とNX350hが売れ筋ということになるのでしょう。

車の買い換えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定
中古車相場が高騰中のため、今がチャンスです。

必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサーリンク

レクサスNX関連記事

【新型 レクサスNX 納期予想、最新情報】2022年1月、納期は長い?納期遅れ報告も。新型NXのデザイン、価格、サイズ、スペックなど基本情報も
【新型レクサスNX スペック、燃費情報】NX250、NX350、NX350h、NX450h+、エンジンのスペックまとめ。最高出力、最大トルクは?