【新型 ベンツ Vクラス 2021】変更点は?価格、デザイン、エンジン、サイズなど、最新情報!

スポンサーリンク

メルセデス・ベンツのミニバン、Vクラスが一部改良されました。

このページでは、新型Vクラスの変更点と、発売日、デザイン、サイズ、エンジン、価格など、最新情報を紹介します。

新型Vクラスの発売日

新型Vクラス、2021年モデルは、2021年7月29日に発表されました。

同日、予約受付もはじまっています。

納車は、V220d Marco Polo HORIZONは2022年の第1四半期、それ以外のグレードは2021年8月~の予定となっています。

新型Vクラスの変更点

今回の改良での変更点は、以下の点です。

・リアクロストラフィックアラート
安全運転支援システムに、リアクロストラフィックアラートが追加されました。

リアクロストラフィックアラートとは、駐車場からバックで出る時に、左右から接近してくる車を検知して、警告、また、自動でブレーキを作動させる機能です。

・スマートフォン連携機能
スマートフォンをケーブルで接続することで、車両のディスプレイでスマートフォンのアプリが使用可能となる、スマートフォン連携機能が標準装備となりました。

・エクスクルーシブシート
傾斜角度の大きなリクライニング機能、電動オットマン、シートヒーター、シートベンチレーターが採用された豪華な椅子、エクスクルーシブシートのシート表皮にナッパレザーが採用されました。

また、カップホルダー、USBポート、スマートフォン用トレイ、小物入れが追加されました。

新型Vクラスのデザイン

新型Vクラスのデザインは、特に変更はされていません。

新型Vクラス 2021年モデル

新型Vクラス 2021 インテリア
出典https://media.mercedes-benz.jp

さきほど紹介したように、エクスクルーシブシートに関しては、シート表皮、快適装備など、変更されています。

スポンサーリンク

新型Vクラスのサイズ

新型Vクラスには、標準ボディ、ロングボディ、スーパーロングボディの3タイプが設定されています。

<標準ボディ>
全長4,905mm×全幅1,930mm×全高1,930mm

<ロングボディ>
全長5,150mm×全幅1,930mm×全高1,930mm

<スーパーロングボディ>
全長5,380mm×全幅1,930mm×全高1,930mm

ちなみに、アルファードのボディサイズは、全長4,945mm×全幅1,850mm×全高1,950mmです。

新型Vクラスのパワートレイン

新型Vクラスには、2.2Lターボエンジンが搭載されています。

<2.2Lターボエンジン>
最高出力・・・163ps
最大トルク・・・38.7kgf・m

新型Vクラスの価格

新型Vクラスの価格は、791万円~と、改良前モデルより2万円高くなっています。

<新型Vクラスの価格>
V220d・・・7,910,000円
V220d アバンギャルドロング・・・8,160,000円
V220d アバンギャルドエクストラロング・・・8,410,000円
V220d Marco Polo HORIZON・・・9,590,000円

車の買い換えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定

必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサーリンク