【新型 WRX S4 最新情報】日本発売は、いつ?価格予想、デザイン、サイズ、エンジンスペックなど。MTの設定は?

スポンサーリンク

スバル、新型WRXが発表されました。

新型WRXは、新型レヴォーグがベースとなり、新型レヴォーグと同じように大きく進化しています。

さらには、新型レヴォーグには搭載されていないハイパワーエンジンも搭載されています。

このページでは、新型WRXの発売日、デザイン、サイズ、エンジン、価格など、最新情報、予想情報を紹介します。

新型WRXの日本発売日

新型WRX S4の日本発売日は、2022年以降か

新型WRXは、2021年9月10日にワールドプレミアされました。

アメリカでは、2022年に販売を開始する。とアナウンスされています。

新型WRXの日本発売日は、2022年前半になると予想されています。

アメリカでワールドプレミアされた車ですから、発売もアメリカが先になると考えるのが自然ですね。

日本仕様の発表自体は、2021年10月中に実施されるとみられているので、そちらにも注目です。

今回発表された新型WRXは、日本では、「WRX S4」に相当するモデルです。

さらにハイパワーなWRX STIは、2022年中にフルモデルチェンジが発表されると予想されています。

スポンサーリンク

新型WRXのデザイン

新型WRX S4のデザインは、レヴォーグ似

新型WRXのデザインを紹介します。

新型WRX S4 エクステリアデザイン

新型WRX S4 サイドデザイン

新型WRX S4 リヤデザイン

新型WRX S4 インテリア

新型WRX S4 内装

WRX S4 後部座席、リヤシート
出典https://media.subaru.com(2021/09/10)

フロントマスクは、新型レヴォーグに似ていて、レヴォーグのセダン版といった感じです。

リヤはセダンなのでレヴォーグとは全く違い、フの字型のテールランプが特徴的です。

新型BRZや、かつてのシビックに似ているような気もします。

インテリアは、レヴォーグとほぼ同じですね。

大きな縦長のカーナビディスプレイが目に付きます。

レヴォーグにはデジタルメーターが採用されていますが、今回、新型WRXでは、デジタルメーターを装着したインテリアの画像は公開されませんでした。

日本仕様「WRX S4」のティザー映像も公開されました。

スポンサーリンク

新型WRXのボディサイズ

新型WRX S4のサイズは、結構な大型化

新型WRX S4のボディサイズは、現行モデルよりも全長が若干長くなると予想されています。

<新型WRXのサイズ>
全長183.8インチ×全幅71.9インチ×全高57.8インチ
全長4,669mm✕全幅1,826mm✕全高1,468mm

先代WRX S4のサイズは、全長4,595mm×全幅1,795mm×全高1,475mmでしたから、全長は長く、全幅は広く、全高は低くなっています。

レヴォーグは、日本市場を中心に考えられているので全幅が1,795mmと、1,800mm以下でしたが、WRXは、米国市場を中心に考えられている車なので、大きくなっています。

ただし、日本仕様は若干全幅が狭くなるという情報もあります。

新型WRXのエンジン

新型WRX S4のエンジンは、2.4Lターボ

新型WRXには、2.4Lターボエンジンが搭載されることが発表されました。

<2.4Lターボエンジン>
最高出力・・・271hp(275ps)
最大トルク・・・258lb-ft(35.6kgf・m)

先代モデルに搭載されていた2.0Lターボエンジンよりは、最高出力、最大トルクともに抑えられています。

<先代2.0Lターボエンジン>
最高出力・・・300ps/5600rpm
最大トルク・・・40.8kgf・m/2000-4800rpm

WRX S4に搭載される2.4Lターボエンジンは、アセントのものよりもさらにパワーアップされるともいわれています。

アメリカでは、ATとMTが両方発表されましたが、日本ではATのみが発売されると予想されています。

スポンサーリンク

新型WRXの先進機能

新型WRXのアイサイトは、MT車には搭載されない

新型WRXには、新型レヴォーグと同等の、アイサイトX等の最新の先進機能が搭載されると予想されています。

アイサイトX

・カーブ前速度制御&料金所前速度制御
減速が必要な急カーブや料金所を事前にクルマが把握し、適切な車速に制御する機能

・渋滞時ハンズオフアシスト&渋滞時発進アシスト
小刻みな操作で疲れないように、渋滞時のハンズオフ走行と、発進をアシストする機能

・アクティブレーンチェンジアシスト
不安な自動車専用道路でのレーンチェンジを周辺車両を検知しながら滑らかにアシストする機能

・ドライバー異常時対応システム
突然意識がなくなるなどハンドル制御が困難になったとき、ドライバーの状態を検知し、周囲に注意を促しながら停車をアシストする機能

アイサイトコアテクノロジー

・プリクラッシュブレーキ(性能向上)
対応範囲が広角化されたことで、交差点での右折時に対向車が来ている時や、右折、左折した先にクルマや歩行者がいた場合、自転車の飛び出しにも作動するようになりました。

・前側方プリクラッシュブレーキ(新機能)
前側方から車が接近している場合、ドライバーに注意を喚起する機能
回避操作がない場合は、ブレーキ制御を行います。

・緊急時プリクラッシュステアリング(新機能)
プリクラッシュブレーキだけでは衝突を避けられないと判断し、なおかつ回避スベースがあると判断した場合、障害物を回避するようにステアリング操作をサポートする機能

・青信号お知らせ機能(新機能)
信号が青になったことに気づかず止まったままでいる場合、音と表示で知らせる機能

・後退時ブレーキアシスト
障害物までの距離に応じた音と表示で、ドライバーに注意を促す機能
ブレーキ操作がない場合は、ブレーキを制御します。

・AT誤発進抑制制御/AT誤後進抑制制御
誤発進と判断した場合、エンジン出力を抑制し、急発進を抑える機能

・ツーリングアシスト
先行車についていきながら、車線の中央付近を維持するようにアクセル、ブレーキ、ステアリングを制御する機能

・全車速追従機能付クルーズコントロール
0-120km/hの範囲で先行車との車間距離を保ちながら自動で加減速する機能

・車線逸脱抑制/車線逸脱警報
60km/h以上で走行している場合、車線からはみ出しそうになるとステアリング操作のアシストを行う機能

・ふらつき警報
自車のふらつきや車線逸脱を検知した場合、警報音と警告表示でドライバーに注意を促す機能

・先行車発進お知らせ機能
先行車が発進したにもかかわらず、自車が発進しない場合に知らせる機能

アイサイトセイフティプラス

・スバルリヤビークルディテクション/エマージェンシーレーンキープアシスト
自車の後方から接近する車両を監視し、ドアミラーのインジケーターで注意を促します。
衝突の危険がある時は、ステアリング操作によって、車線逸脱を抑制する機能

エマージェンシーレーンキープアシストは新機能です。

・アダプティブドライビングビーム
前方車両や交通環境をステレオカメラが検知し、複数のLEDを個別に制御することで、照射範囲を綿密にコントロールする機能

・デジタルマルチビューモニター
車の前方、後方、側方の映像を映す機能

・前側方警戒アシスト(新機能)
前側方プリクラッシュブレーキの項目で紹介した、ブレーキを掛ける前段階の警告機能

前側方プリクラッシュブレーキは全グレード標準装備ですが、前側方警戒アシストはEX系グレードのみ標準装備となっています。細かな違いはちょっと分かりません。

ちなみに、アイサイトは、Subaru Performance Transmission(AT車)のみに設定される。とアナウンスされています。

これも、日本ではAT車しか販売されない。と予想されている一つの理由です。

2021年11月以降に発売される車には、自動ブレーキの搭載が義務化されるのですが、WRX STIはどうなるのか、気になるところです。

新型WRXの価格

新型WRX S4の価格は、20万円ほどアップか

新型WRX S4の価格は、現行モデルよりも20万円ほど高くなると予想されています。

先代モデルは416万円~でしたから、新型は435万円程度になるでしょう。

日本仕様の情報など、新しい情報が入りましたら、また更新します。

車の買い換えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定

必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサーリンク