2月~3月は、新年度の需要期に向けて在庫を確保するため、査定額が高くなりやすい時期です。

【新型 アルトワークス フルモデルチェンジ】発売時期、エンジン、燃費、価格予想など。引き続き、5AGS採用か。ハイブリッドは?

スポンサードリンク

アルトのスポーツモデル、アルトワークスが、2021年末にもフルモデルチェンジされるといわれています。

このページでは、新型アルトワークスの発売日、パワートレイン、燃費、価格など、最新情報、予想情報を紹介します。

新型アルトワークスの発売日

新型アルトワークスの発売日は、2021年末~2022年初頭と予想されています。

現行アルトワークスは、アルト発売の1年後に追加されましたが、新型は、アルトと同時期に発売されることになるでしょう。

新型アルトワークスのパワートレイン

新型アルトワークスのパワートレインには、現行モデルと同じR06A型のターボエンジンが採用されると予想されています。

【R06A型ターボエンジン】
最高出力・・・64ps/6000rpm
最大トルク・・・10.2kgf・m/3000rpm

NAエンジン用は、R06Dという新型エンジンが開発されていますが、ターボエンジンはR06A型のままです。

アルトワークスのターボエンジンは、ハスラーなどに搭載されているものよりも、わずかに最大トルクがアップしています。(ハスラーなどは10.0kgf・m)

最大トルクがアップしているだけでなく、ターボラグが抑えられ、レスポンスが向上しているなど、アルトワークス専用のエンジンとなっています。

また、新型アルトでは、5AGSが廃止されてCVTのみになるといわれているのですが、アルトワークスの方は、ATモデルには引き続き5AGSが採用されると予想されています。

アルトワークスという車の性格的に、5AGSの方が運転を楽しむことができそうですね。

新型アルトワークスの燃費

新型アルトには、マイルドハイブリッドが採用されて燃費が2割ほど向上するといわれているのですが、新型アルトワークスの方は、ハイブリッド採用の情報はありません。

そのため、燃費は現行モデルと同程度ということになるでしょう。

現行アルトワークスの燃費は、JC08モードでしか発表されていませんが、23.6km/Lです。

スポンサードリンク

新型アルトワークスの先進機能

新型アルトワークスでは、先進機能、スズキセーフティサポートも進化すると予想されています。

新型アルトワークスに搭載が予想されている予防安全機能を紹介します。

・デュアルカメラorセンサーブレーキサポート
・後退時ブレーキサポート
・誤発進抑制機能
・後方誤発進抑制機能
・車線逸脱抑制機能
・ふらつき警報機能
・標識認識機能
・アダプティブクルーズコントロール
・先行車発進お知らせ機能
・ハイビームアシスト
・全方位モニター用カメラ

現行アルトワークスの予防安全機能と比較してみましょう。

・デュアルセンサーブレーキサポート
・後退時ブレーキサポート
・誤発進抑制機能
・後方誤発進抑制機能
・車線逸脱警報機能
・ふらつき警報機能
・先行車発進お知らせ機能
・ハイビームアシスト

新型アルトワークスのデザイン

新型アルトワークスのデザインに関しては、まだ詳しい情報は入ってきていません。

ベースとなるアルトのデザインが分からないことには、なんとも言えません。(一応、レトロ調ではなくなるなどといわれていますが)

アルトをベースに、よりスポーティーなデザインに仕上げられることでしょう。

現行アルトワークス

出典https://www.suzuki.co.jp

新型アルトワークスの価格

新型アルトワークスの価格は、現行モデルよりも10万円ほど高くなると予想されています。

現行モデルの価格は、153万円~です。

新型アルトワークスは、スポット溶接の追加等、ボディ剛性もさらに向上するといわれています。そのあたりはまだ調査中ですが、詳しい情報が入りましたら、また更新します。

車の買い換えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定
2月~3月は、新年度の需要期に向けて在庫を確保するため、査定額が高くなりやすい時期です。

必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサードリンク