相場が高くなっている今が、高く売るチャンス

【アルトワークス 新型 2022】いつ出る?出ない?フルモデルチェンジ予想。発売時期、エンジン、燃費、価格など。MTを望む声は多い

スポンサーリンク

アルトに続き、スポーツモデル、アルトワークスが、2022年~2023年にもフルモデルチェンジされるといわれています。

このページでは、新型アルトワークスの発売日、パワートレイン、燃費、価格など、最新情報、予想情報を紹介します。

新型アルトワークスの発売日

新型アルトワークスの発売日は、2022~2023年と予想されています。

現行アルトワークスは、生産終了

アルトのフルモデルチェンジは2021年12月に発表されましたが、アルトワークスに関しては、もう少し後になると予想されています。

しばらくの間、現行型が継続販売されるのかと思っていましたが、アルトワークスは生産終了となるようです。

スズキアリーナトヨナガ富岡さんのサイトにも、そのような記載があります。(2021年11月22日時点)

【追記】
2021年12月に、アルトのフルモデルチェンジが発表されました。

新型アルトでは、MT車が廃止されていることなどから、発売されるとしても、まだ先なのではないか。といわれています。

スズキからも、アルトワークスに関しては、正式な発表はまだありません。

ただ、発表がないからといって、落胆するのはまだ早いです。

先代モデルでも、アルトワークスの発売予定はない。といわれていたのですが、一転、発売されたという経緯があります。

ハイブリッドが採用された新型アルトの情報はこちら

【新型 アルト 2021~2022】予想、リーク情報まとめ。発売日、デザイン、カラー、価格、デザイン、エンジン、燃費など

ここでは、新型アルトはこうなるのではないか。と言われている情報をまとめて紹介します。

新型アルトワークスのパワートレイン

新型アルトワークスのパワートレインには、現行モデルと同じR06A型のターボエンジンが採用されると予想されています。

【R06A型ターボエンジン】
最高出力・・・64ps/6000rpm
最大トルク・・・10.2kgf・m/3000rpm

NAエンジン用は、R06Dという新型エンジンが開発されていますが、ターボエンジンはR06A型のままです。

アルトワークスのターボエンジンは、ハスラーなどに搭載されているものよりも、わずかに最大トルクがアップしています。(ハスラーなどは10.0kgf・m)

最大トルクがアップしているだけでなく、ターボラグが抑えられ、レスポンスが向上しているなど、アルトワークス専用のエンジンとなっています。

また、新型アルトでは、5AGSが廃止されてCVTのみになるといわれているのですが、アルトワークスの方は、ATモデルには引き続き5AGSが採用されると予想されています。

アルトワークスという車の性格的に、5AGSの方が運転を楽しむことができそうですね。

新型アルトワークスの燃費

新型アルトには、マイルドハイブリッドが採用されて燃費が2割ほど向上するといわれているのですが、新型アルトワークスの方は、ハイブリッド採用の情報はありません。

そのため、燃費は現行モデルと同程度ということになるでしょう。

現行アルトワークスの燃費は、JC08モードでしか発表されていませんが、23.6km/Lです。

スポンサーリンク

新型アルトワークスの先進機能

新型アルトワークスでは、先進機能、スズキセーフティサポートも進化すると予想されています。

新型アルトワークスに搭載が予想されている予防安全機能を紹介します。

・デュアルカメラorデュアルセンサーブレーキサポート
・後退時ブレーキサポート
・誤発進抑制機能
・後方誤発進抑制機能
・車線逸脱抑制機能
・ふらつき警報機能
・標識認識機能
・アダプティブクルーズコントロール
・先行車発進お知らせ機能
・ハイビームアシスト
・全方位モニター用カメラ

現行アルトワークスの予防安全機能と比較してみましょう。

・デュアルセンサーブレーキサポート
・後退時ブレーキサポート
・誤発進抑制機能
・後方誤発進抑制機能
・車線逸脱警報機能
・ふらつき警報機能
・先行車発進お知らせ機能
・ハイビームアシスト

MT車の自動ブレーキはどうなるのか

2021年10月以降に発売される車は、MT車も含め、全車に自動ブレーキが義務化されます。

現行アルトワークスは、AT車(5AGS)には自動ブレーキが搭載されていますが、MT車には搭載されていません。

ただ、技術的にMT車に自動ブレーキを搭載することができないわけではなく、スイフトスポーツには搭載されています。

新型アルトワークスのMT車にも、スイフトスポーツMT車と同等の予防安全機能、運転支援機能が搭載されると予想されています。

スイフトスポーツには、以下のような機能が搭載されています。

・デュアルセンサーブレーキサポート
・リヤパーキングセンサー
・車線逸脱抑制機能
・車線逸脱警報機能
・ふらつき警報機能
・アダプティブクルーズコントロール
・ブラインドスポットモニター
・リヤクロストラフィックアラート
・標識認識機能
・ハイビームアシスト
・全方位モニター用カメラ

AT車と比べると、誤発進抑制機能、後方誤発進抑制機能、後退時ブレーキサポートと、アダプティブクルーズコントロールの全車速追従機能が搭載されていません。

新型アルトワークスのデザイン

新型アルトワークスのデザインに関しては、まだ詳しい情報は入ってきていません。

ベースとなるアルトのデザインは可愛い系に仕立てられましたが、アルトワークスは、スポーティーでカッコイイ系になることでしょう。

スズキ車のデザインは、直前にならないと、情報が入ってきません。

新型アルトワークスの価格

新型アルトワークスの価格は、現行モデルよりも10万円ほど高くなると予想されています。

現行モデルの価格は、153万円~です。

MT車へ自動ブレーキ搭載の問題や、販売台数がそれほど多くないことなどから、新型は登場しないのではないか。など色々な情報がありますが、あたらしい情報が入りましたら、また更新します。

中古車価格が高騰中

アルトのフルモデルチェンジに伴って、アルトワークスがなくなってしまったため、先代モデルの中古車価格が値上がり傾向にあります。

走行距離が少なく、状態の良いものは、新車とそれほど変わらない価格のものも多くなっています。

車の買い換えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定
中古車相場が高騰中のため、今がチャンスです。

必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサーリンク