オデッセイ モデルチェンジ 2013 車高が高くなる?ハイブリッドも投入。

ホンダのオデッセイが、これまでのイメージを覆すフルモデルチェンジとなりそうだ。

これまで、オデッセイといえば、車高の低いミニバンとしてイメージが定着してきたが、
次期オデッセイは、その特徴を捨て、車高が高くなる見込みだ。
高くなると言っても、ステップワゴンやノア・ヴォクシー、セレナに比べれば低くなるが、
現行の車高が1,550mm前後であるものが、1,700mm前後まで引き上げられる。
(ステップワゴンは1,800mm超)

また、このフルモデルチェンジを機に、最上級ミニバンであるエリシオンは
販売終了の方向だそうだ。
若干車高を上げ、知名度のより高いオデッセイに統合することで、
エリシオンのユーザーもこちらに取り込もうということか。

ラインナップは、ガソリンエンジンが直4 2.4Lエンジンと、
V6 3.5Lエンジンの2種類。

今回から新しくハイブリッドも投入され、
こちらは、直4 2.4Lエンジンにモーターを付随したモデルとなりそうだ。
このハイブリッドは、現行フィットハイブリッドなどのIMAとは違い、
本格的なハイブリッドとなるので、燃費性能の大幅アップに期待できる。

新型オデッセイの発売時期は、2013年秋頃の予定だ。

これまでの車高の低さを捨て、新たな魅力を訴求できるのか?
新しい情報が入り次第、更新します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする