ホンダから、軽スポーツカー、「ビート」の後継車が登場する。
現在のNシリーズにならって、Nスポーツという名前になりそうだ。

ビートといえば、 ホンダが1991年から1996年にかけて製造された軽スポーツカーだ。
ミッドシップエンジン・リアドライブ(MR)が採用され、
サスペンションは4輪独立懸架ストラット、
当時軽自動車としては初の、4輪ディスクブレーキ、
SRSエアバッグを搭載するなど、走りと安全性に注力したモデルだった。

しかし、バブル崩壊の煽りを受けて販売が低迷し、
モデルチェンジを受けること無く販売は終了した。

ところが、ここ最近になって各社がこぞってスポーツカーに再度光を当てようとしている。
トヨタ86をはじめ、ダイハツコペンも後継車の登場が噂される。
その流れに乗り、ホンダも新型Nスポーツを登場させるということだ。

新型Nスポーツのエンジンは、現在NBOXやNONEに搭載されている
ターボモデルのエンジンを更にスポーティーにチューニングされたものが搭載され、
軽量な車体とともに、軽快な走りを見せてくれそうだ。

ミッションは、「ビート」では、5MTのみの設定だったが、
「Nスポーツ」では、6MTになるのでは?と言われている。

気になる新型Nスポーツの発売時期は、2014年夏頃と予定されています。

※関連記事 コペン 新型 2014 2気筒ターボで登場。 樹脂ボディーで軽量化。
http://newcarmagazine.blog.fc2.com/blog-entry-27.html
 カテゴリ
 タグ
None