スポンサーリンク


トヨタが2017年までに全車種に設定すると宣言している予防安全パッケージには、トヨタセーフティーセンスCと、トヨタセーフティーセンスPの2種類が存在します。

今回は、この2つの違いを説明していきましょう。

まず、トヨタセーフティーセンスPが高性能モデルで、トヨタセーフティーセンスCは、廉価版です。

トヨタセーフティーセンスC
sc_201502232105566c2.jpg

トヨタセーフティーセンスP
sp.jpg

トヨタセーフティーセンスCの方の試験車両がカローラで、トヨタセーフティーセンスPの試験車両はプリウスなので、CはカローラのC、PはプリウスのPであることが予想できます。

つまり、カローラ以下ヴィッツ等にはトヨタセーフティーセンスCが装備され、プリウス以上クラウンやアルファードなどにはトヨタセーフティーセンスPが装備される。ということになるでしょうね。

さて、気になる機能を紹介していきましょう。
■トヨタセーフティーセンスC
・衝突回避支援型プリクラッシュセーフティ
10km/h~80km/hで作動する自動ブレーキ。
実際に発生している追突事故の80%に対応できるようです。

・レーンディパーチャーアラート
横文字を並べられると分かりづらいですが、車線逸脱警報です。

・オートマチックハイビーム
対向車、先行車を認識し、ハイビームとロービームを自動で切り替えます。

■トヨタセーフティーセンスP
・歩行者検知機能付衝突回避支援型プリクラッシュセーフティ
歩行者に対しては10km/h~80km/hで。車両に対しては、10km/h~最高速度まで対応する自動ブレーキ。

・レーダークルズコントロール
前車に追従するクルーズコントロール。

・レーンディパーチャーアラート
車線逸脱警報

・オートマチックハイビーム
対向車、先行車を認識し、ハイビームとロービームを自動で切り替えます。

以上のようになっています。

予防安全の先駆者、スバルのアイサイトver3と比較すると、

アクティブレーンキープ、誤発進、誤後進抑制機能がないようですね。
また、自動ブレーキも、トヨタは40km/h以下で衝突回避、それ以上で衝突被害軽減となるのに対し、
アイサイトver.3では、50km/h以下で衝突回避なので、アイサイトの方が性能は上と言えますね。

トヨタは、スバルを傘下に収めたのだから、アイサイト使えばいいんじゃないの?とも思いますが、そうはいかない事情があるのでしょうね。

スポンサーリンク


 カテゴリ
 タグ
None