【アウトランダー 新型】アウトランダー マイナーチェンジ 発売日、価格、変更点など(ガソリン車)

スポンサーリンク

三菱、アウトランダー(ガソリン車)のマイナーチェンジ予想情報をお伝えします。

2018年マイナーチェンジ予想情報

発売日

新型アウトランダーの発売日は、2018年8月下旬と予想されています。

少し前に、アウトランダーPHEVのマイナーチェンジが予想されています。もしかしたら同日になるかもしれません。

新型 アウトランダーPHEV モデルチェンジ 2018 画像、エンジンスペック、パワー、変更点など

変更点としては、アウトランダーPHEVの方が大きくなっているので、要チェックです。

デザイン

新型アウトランダー、PHEVのデザインは、すでに公開されています。

ガソリン車のデザインも、これに準じたものになると予想されています。

新型アウトランダー、PHEVのデザイン
出典mitsubishi-motors.co.jp

出典mitsubishi-motors.co.jp

現行型よりも、さらにダイナミックシールドが強調されるようなデザインになっています。

デザイン面で予想されている変更点を紹介します。

・LEDヘッドライト採用
・ラジエターグリルデザイン変更
・フロントスキッドプレートデザイン変更
・リヤスキッドプレートデザイン変更
・アルミホイールデザイン変更
・リヤスポイラー追加
・インテリアピアノブラック加飾追加

パワートレイン

新型アウトランダー、PHEVの方は、パワートレインが一新されると話題になっていますが、ガソリン車の方は、パワートレインの変更はないと予想されています。

<2.0Lガソリンエンジン>
最高出力・・・150ps/6000rpm
最大トルク・・・19.4kgm/4200rpm

<2.4Lガソリンエンジン>
最高出力・・・169ps/6000rpm
最大トルク・・・22.4kgm/4200rpm

予防安全性能

新型アウトランダー(ガソリン車)の予防安全性能は、現行からかわらないものの、全グレードに標準装備されると予想されています。

現行型に搭載されている、e-Assistの機能を紹介します。

出典mitsubishi-motors.co.jp

・衝突被害軽減ブレーキシステム(歩行者検知)
・車線逸脱警報システム
・後側方車両検知警報システム
・誤発進抑制機能
・後退時車両検知警報システム
・オートマチックハイビーム
・レーダークルーズコントロールシステム

現時点でも、特に機能が劣っているということはないので、十分かなと思います。

その他変更点

その他、変更が予想されている点を紹介します。

・パワーウインドウがすべてオートに
・後部座席用エアコン吹き出し口追加
・構造用接着剤の採用による、剛性の向上
・サスペンション、ステアリングのセッティング変更による、乗り心地、応答性の向上

などが、予想されています。

走行性能や、快適性も向上しそうですね。

グレード、価格

新型アウトランダーガソリン車では、グレード名が変更され、価格も5万円程度アップすると予想されています。

グレード名は、G Plus>G>Mの3グレード構成となり、それぞれ、ナビパッケージ、セーフティーパッケージ、Gの置き換えとなります。

価格は、G Plus・・・335万円

G・・・302万円

M・・・288万円

程度になると予想されています。

また新しい情報が入りましたら、更新します。

車の買い換えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定
必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサーリンク

2015年マイナーチェンジ情報

三菱、アウトランダーが6月中にマイナーチェンジされます。

こちらの記事では、新型アウトランダーの装備の変更点を中心にお伝えします。

その他、新型アウトランダーPHEVの燃費などの情報は、こちらをご覧ください。

アウトランダーPHEV モデルチェンジ 最新情報!発売日は6月

さて、マイナーチェンジされる新型アウトランダーは、装備が色々と充実します。
グレードによって異なるものの、
・アルミホイールのデザイン変更
・バンパーのデザイン変更
・LEDヘッドライトの採用
・LEDリアコンビランプの採用
・シャークフィンアンテナの採用

・ホワイト廃止、新色ブラウンが追加。
エクステリアは、こちらの画像もご覧ください。

outlanderoff3.jpg出典mitsubishi-motors.co.jp

三菱に限らず、迫力のあるグリルは、最近の流行りのようですね。

インテリア関係は、
・センターコンソールのデザイン変更
・100Vコンセントを標準装備
・運転席パワーシート採用
・ステアリングヒーター採用
・本革シートオプション追加

安全性能関係は、
・誤発進抑制機能採用
・マルチアラウンドモニター採用

以上のようになっています。

装備の充実にともない、価格も5万円ほど上昇するようですが、装備の充実に見合ったものでしょう。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする