スポンサーリンク


■もくじ
・発売日
・デザイン
・ハイブリッドシステム
・燃費
・室内空間
・価格
・ステップワゴンを検討中の方へ

ホンダ、ステップワゴンがマイナーチェンジされ、ハイブリッドが投入されます。

今回は、ステップワゴンのマイナーチェンジ情報と、ステップワゴンハイブリッドの最新情報をお伝えします。

発売日

ステップワゴンハイブリッドの発売時期は、2017年秋と予想されています。

デザイン

現行ステップワゴンは、デザインが地味すぎるという声が多くあり、フロントマスクは比較的大きな手直しを受けるようです。 特にステップワゴンスパーダは、フロントグリルのメッキ部分がヘッドライト内にまで入り込み、迫力のあるデザインになるでしょう。 ガソリン車とハイブリッド車のデザインは、基本的に同じとなるでしょう。

step.jpg

step2.jpg

新型ステップワゴンの画像が入りましたら、また更新します。

ハイブリッドシステム

搭載されるハイブリッドシステムは、アコードやオデッセイに搭載されている、i-MMDと呼ばれるハイブリッドシステムが搭載されるといわれています。

参考までに、オデッセイに搭載されているハイブリッドシステムのスペックは、
エンジン最高出力・・・145ps/6,200rpm
エンジン最大トルク・・・17.8kgm/4,000rpm

モーター最高出力・・・184ps/5,000-6,000rpm
モーター最大トルク・・・32.1kgm/0-2,000rpm

です。

オデッセイに比べると車重が軽いため、モーター出力やバッテリー容量などは落とされるでしょう。

現在販売されているステップワゴンターボのスペックは、
最高出力・・・150ps
最大トルク・・・20.7kgm

ですから、ハイブリッドの方が低燃費かつパワフルな走りを楽しめそうです。

燃費は、ノア・ヴォクシー・エスクァイアの23.8km/Lを超えることは確実でしょうが、一つ上のオデッセイハイブリッドが26.0km/Lを達成していることから、ステップワゴンハイブリッドの燃費も楽しみです。

燃費

アコードやオデッセイと同じi-MMDが搭載されるとお伝えしましたが、ハイブリッドシステムは非常に優秀で、

アコードでは、31.6km/L
オデッセイでは、26.0km/Lを達成しています。

ステップワゴンは、オデッセイよりも軽量なため、26km/L超えは確実で、28klm/L程度を達成するのではないかといわれています。

クラスNo1の低燃費は間違いなさそうです。

販売不振といわれている現行ステップワゴンですが、ハイブリッドが投入されれば、一気に盛り返すでしょう。

室内空間

オデッセイハイブリッドでは、助手席下にバッテリーが配置され、出来る限り室内空間を損なわないように工夫されていました。

ステップワゴンハイブリッドも、オデッセイハイブリッド同様、助手席下にバッテリーを配置することにより、室内空間はガソリン車と同等を確保するでしょう。

2列目の乗員が助手席下に足を伸ばしづらいというデメリットはありそうです。

価格

ステップワゴンハイブリッドの価格は、オデッセイのガソリン車とハイブリッド車の価格差から予想すると、310万円程度~になるでしょう。

ガソリン車と比較すると、80万円程度高くなります。
ハイブリッド車はホンダセンシングが標準装備になるはずなので、実質的な価格差はもう少し小さくなりそうです。

ライバル車よりも高くなりますが、燃費が良くなりそうなので、それなりの競争力は保てそうですね。

また、新しい情報が入りましたら、更新します。

車の買い替えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>愛車の最高価格を知る!最短30秒で入力完了

必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサーリンク


画像はホンダ様HPより引用
 カテゴリ
 タグ
None