クラウンアスリートハイブリッド後期型 試乗レポート 【新型プリウスと比較】

スポンサーリンク

先日の予告通り、クラウンにも試乗してきました。

試乗したのは、2015年10月にマイナーチェンジされた、現行型クラウンアスリートハイブリッドです。

グレードは、アスリートSです。
価格は495万円。

ちなみに、先日試乗した新型プリウス、Sグレードの価格は247万円なので、ちょうど2倍の価格差ですね。

そんな2台を比べるのはちょっと無理があるかもしれませんが、新型プリウスはクラウン並みに良くなった。といった話も聞くため、クラウンにも試乗してみました。

乗り心地

クラウンといえば、高級車の代表的存在です。
段差を乗り越えても殆ど感じさせないような乗り心地を期待していましたが、アスリートであったためか、結構ガツンときます。

揺れの振幅自体はプリウスよりも小さいですが、新型プリウスの方が角が取れていて柔らかい印象です。

私にとっては新型プリウスの方が乗り心地は好印象でした。
ロイヤルであれば、もう少し乗り心地が良かったんだろうな。という印象です。

静粛性

静粛性は、プリウスの一歩上をいっています。
ロードノイズや外部の騒音は明らかに新型プリウスよりも静か。

その分、4気筒らしいエンジンの音や、モーターのキーンという音、回生ブレーキの音、がちょっと気になりましたが、これは新型プリウスではロードノイズにかき消されていた音がきになるという感じで、絶対的な音量は新型プリウスよりもうるさいということはなかったです。

「クラウン」だから静かだろう。という先入観を持って乗ると、加速する時や充電時の4気筒らしい音や、回生ブレーキの音など、思ったよりは気になるな。という印象でした。

トータルで、クラウンのほうが新型プリウスより3割ほど静かかな?という印象です。

走行性能

絶対的な加速性能は、クラウンのほうが明らかに上です。
1.8L+モーターと2.5L+モーターなので、当然ですね。

ただ、ノーマルモードで同じようにアクセルを踏んだ時、プリウスの方が軽快に加速していきました。
プリウスの方が車重が軽いことと、クラウンのオルガン式ペダルが結構重厚感があるためでしょう。

高速道路の曲がりくねったインターチェンジを少し早めの速度で走行してみましたが、コーナリング時のロールなどは新型プリウスよりも明らかに良いか?と言われると正直良く分かりませんでした。

プロドライバーではないですし、レンタカーをぶつけたら大変なので、控えめに試したからでしょう。
正直、普通の乗り方ではプリウスでもクラウンでも十分です。

燃費

今回は、往復80km、内1割程度高速。
前回、新型プリウスに試乗した時よりも道も空いていて、状況は良かったです。
燃費は、18.1km/Lでした。

新型プリウスの時は29km/Lを記録しましたが、クラウンでこれだけの燃費が出れば十分でしょう。

総評

今回、クラウンアスリートハイブリッドを試乗しましたが、正直価格ほどの価値を感じられなかったというか、新型プリウスがなかなか良く出来ているな。普段使いの性能では、クラウンに近づいた。というのはあながち嘘ではないな。と感じました。

価格を無視した絶対的な性能を比べればクラウンのほうが上なのでしょうが、普段使いでの走行性能、乗り心地、静粛性など、新型プリウスは十分な性能を持ち合わせているといえます。

価格の差は2倍ですが、乗り心地、静粛性、走行性能の部分では2倍の差は感じられませんでした。
インテリア、エクステリア、「クラウン」ブランドなど、見た目やイメージに関する部分は、やっぱりカッコいいと思いますが。
+αを求める、お金に少し余裕のある方には、ここが魅力になるのでしょう。

今回、ちょっと期待はずれかな?という感想になってしまいましたが、柔らかい乗り心地やより高い静粛性を求めるのであれば、本来はロイヤルを選択すべきであり、あえて固めの足回りを持つアスリートに試乗しておいてゴツゴツする。と言っても、そりゃあそうでしょう。ということかもしれません。

ロイヤルは、5年ほど前に試乗したことがあったのと、もし、自分が買うなら見た目的にアスリートかな。と思ったので今回はアスリートに試乗しました。

本当はロイヤルにも乗ってみたいですが、お金がもったいないのでここらにしておきます。
クラウンのレンタカーは6時間で2万円もかかってしまいますので。

おしまい。

今後は、レンタカーではなくディーラーでの試乗記を更新するかもしれませんので、その時は是非見ていただけると幸いです。

車の買い換えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定
必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

新車、中古車の見積もりも、ネットでできる時代です。

値引き交渉もオンラインでできるので、地元のディーラーとどちらが安いか、比較することができます。

一般的な中古車情報サイトには掲載されていない、非公開車両からも探すことができます。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする