スポンサーリンク


マツダ、デミオが、マイナーチェンジで1.5Lガソリンエンジンが搭載されるという情報が入ってきました。

今回は、デミオのマイナーチェンジ予想情報をお伝えします。


発売日

新型デミオの発売日は、2018年夏頃と予想されています。


デザイン

新型デミオのデザインは、現行とほとんど同じで、比べないとわからない程度の変更になると予想されています。

現行デミオ
demiooff2.jpg出典マツダHP


画像が公開されましたら、また更新します。


エンジン

今回のマイナーチェンジでの、一番の注目点になるでしょうか。

新型デミオでは、1.3Lガソリンエンジンに変わり、1.5Lガソリンエンジンが搭載されると予想されています。


<現行1.3Lガソリンエンジン>
最高出力・・・92ps/6000rpm
最大トルク・・・12.3kgm/4000rpm


<1.5Lガソリンエンジン予想スペック>
最高出力・・・111ps/6000rpm
最大トルク・・・14.7kgm/3500rpm


デミオはコンパクトで車重もそれほどないので、コンパクトカーとしては、1.3Lエンジンでも十分なのでは?と思います。

しかし、最近のマツダは、他社の同クラスの車よりも、走りや、質感を重視しています。

1.5Lエンジンでも十分そうなCX-3に、2.0Lエンジンを搭載していることでも、その傾向がわかりますね。

デミオも、そういった方針で、1.5Lエンジンを搭載する方向になったのでしょう。


燃費は若干低下すると思われますが、ちょうど、JC08モード燃費から、WTLC燃費に切り替わるところなので、ちょうど良いタイミングだというのもあるかもしれません。


価格

新型デミオの価格は、1.5Lガソリン車の価格が、1.3Lと比べて、10万円ほど高くなると予想されています。

ディーゼル車の価格は、据え置きとなるでしょう。

<新型デミオ予想価格>
15C・・・149万円
15S・・・159万円
15Sツーリング・・・181万円
15SツーリングLパッケージ・・・187万円


また新しい情報が入りましたら、更新します。

発売時期

新型デミオと、特別仕様車の発売日は、2017年末と予想されています。

一部改良変更点

一部改良で変更されると予想されている点を紹介します。

・ソウルレッドクリスタルメタリック
新しいマツダのイメージカラーです。ソウルレッドプレミアムメタリックが置き換えられます。


・アドバンスドスマートシティブレーキサポート
車両、歩行者に対して、4-80km/hで作動する自動ブレーキです。

現在は30km/hまでしか対応していないので、大きく性能向上します。


・360°ビューモニター
前後左右の4つのカメラにより、車両を上から見下ろしたような映像を映し出す機能です。


・交通標識認識システム
速度制限、進入禁止、一時停止の交通標識を読み取り、ヘッドアップディスプレイに表示します。

特別仕様車

特別仕様車、ノーブルクリムゾンも追加されます。

ノーブルとは「立派な」という意味で、クリムゾンとは、「濃く明るい赤色で、若干青みを含んで紫がかっている」色のことです。

CX-3には、ノーブルブラウンという特別仕様車があり、ブラウン調のインテリアとなっています。


ということは、ノーブルクリムゾンは、クリムゾン調のインテリアになると予想できます。

かつてデミオには、ミッドセンチュリーという特別仕様車がありました。

demiooff3.jpg出典マツダ公式ブログ


ミッドセンチュリーも、赤いインテリアが特徴的でした。

こういった感じのインテリアになるのではないかと思います。

デミオ特別仕様車、ノーブルクリムゾンは、東京モーターショーに出品されるので、また画像が入りましたら紹介します。

価格

新型デミオの価格は、既存グレードは1~2万円程度の値上げ。

特別仕様車、ノーブルクリムゾンは、175万円程度になると予想されています。


また新しい情報が入りましたら、更新します。

車の買い替えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>愛車の最高価格を知る!最短30秒で入力完了

必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサーリンク


画像はトヨタ様HPより引用
 カテゴリ
 タグ
None