【次期レヴォーグ】レヴォーグ フルモデルチェンジで、エンジンがダウンサイジングか。

スバル、レヴォーグのフルモデルチェンジ予想情報をお伝えします。

モデルチェンジ時期

レヴォーグのフルモデルチェンジは、2019年に実施されると予想されています。

SGP採用

次期レヴォーグには、新型インプレッサから採用されたSGP(スバルグローバルプラットフォーム)が採用されます。

新型インプレッサは、一クラス上の乗り味になったと評判ですが、新型インプレッサではSGPの持ち味をすべて出し切れたとはいえず、まだまだ改良の余地があるようです。

レヴォーグでは新型インプレッサ以上の仕上がりが期待されます。

パワートレイン変更

次期レヴォーグでは、搭載されるエンジンが変更になるという情報が入っています。

現行レヴォーグには、2.0Lターボエンジンと1.6Lターボエンジンが搭載されています。

これが、次期レヴォーグでは1.8Lターボエンジンと1.5Lターボエンジン置き換わるといわれています。

燃費向上に期待できそうですが、詳細はまだ不明です。

ハイブリッド投入

次期レヴォーグには、ハイブリッドが投入されるでしょう。

搭載されるのは、ボクサーエンジンとモーターを組み合わせたストロングハイブリッドになるでしょう。

トヨタのハイブリッドシステムとは一味違う味付けに期待したいところです。

アイサイトver5

次期レヴォーグには、アイサイトver5が搭載されることになるでしょう。

アイサイトver5では、高速道路上での自動運転機能が実現するといわれています。

その前に、レヴォーグは2017年の改良でD型になる予定です。

このD型で、アイサイトはver4にアップデートされるでしょう。

レヴォーグの年次改良情報も、随時お伝えします。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする