【C-HR マイナーチェンジ 最新情報】違い、変更点は?デザイン画像、価格、燃費など

スポンサーリンク

トヨタのSUV、C-HRがマイナーチェンジされました。

このページでは、新型C-HRのデザイン、燃費、価格など、前期型との違い、変更点を紹介します。

新型C-HRの発売日は、2019年10月

新型C-HRの発売日は、2019年10月18日です。

店頭発表会は11月9日からなので、その頃までには各店舗に新型C-HRが配備されます。

新型C-HRのデザイン

新型C-HRのデザインを紹介します。

エクステリア

出典https://global.toyota


出典https://toyota.jp

前期型C-HR

出典https://global.toyota

現行型よりも、フロントグリルが少し大きくなっており、迫力のあるデザインになっています。

その他、ヘッドライト内のランプのデザインも変更されていませんが、全体的には、それほど変わっていません。

リヤには、最近はやりのシーケンシャルウインカー(流れるウインカー)が採用されました。

また、ブレーキランプは太くワイルドに、ウインカーは細くシャープな印象に変わっています。

スポンサーリンク

予防安全性能


出典https://toyota.jp

新型C-HRには、インテリジェントクリアランスソナーが新たにオプションで用意されました。

インテリジェントクリアランスソナーとは、車両の四隅に配置されたセンサーによって障害物を検知し、ブザーなどで警告する機能です。

衝突の恐れがあるときは、自動でブレーキもかかります。

トヨタセーフティセンス自体は、次世代のものになるのではなく、前期型と同じく、トヨタセーフティセンスPがベースのものが引き続き搭載されています。

・プリクラッシュセーフティ
車両と、昼間の歩行者を検知することができる自動ブレーキ

車両に対しは10km/h以上で、
歩行者に対しては10km/~80km/hで作動します。

・オートマチックハイビーム
前走車や対向車を自動で検知して、ハイビームとロービームを切り替える機能

・レーンディパーチャーアラート
車線を逸脱する可能性がある場合、警報とともにステアリング操作をアシストする機能

・ブラインドスポットモニター
後側方から接近してくる車をインジケーターで知らせる機能

・リヤクロストラフィックアラート
左右後方から接近してくる車両を検知して知らせる機能

自動ブレーキの性能が少し進化するという話を聞いた気もするのですが、詳しいところは忘れてしまいました。

インテリジェントクリアランスソナーが採用されるという話だったかもしれません。

そういったところの若干の進化はあるかもしれませんが、基本的には現行型とほぼ同じだったはずです。

コネクティッド機能

新型C-HRには、コネクティッド機能が搭載されます。

ただし、新型C-HRに搭載されるコネクティッド機能は、新型クラウンや新型カローラスポーツに比べると機能は少なく、プリウスのマイナーチェンジで搭載されたものと同程度になると予想されています。

<コネクティッド機能>

・マイカーサーチ
ドアの締め忘れなどをメールで知らせる機能

さらに、マイカーサーチPlusに登録すると、アラームの作動に連動して、電話やメールで知らせたり、車両の位置を追跡する機能もあります。

・ヘルプネット
ボタンを押すか、エアバックの作動に連動して、オペレーターが警察や消防に通報する機能

・オペレーターサービス
カーナビの目的地設定などをオペレーターにしてもらうことができる機能

・eケア
警告灯がついた時など、運転が継続できるかどうか、オペレーターにアドバイスを受けることができます。

修理が必要な場合は、最寄りの販売店に予約することもできます。

新型C-HRのパワートレイン

新型C-HRに搭載されているエンジン自体は、1.2Lターボエンジン、1.8Lハイブリッドの2種類で、変更はありません。

<1.2Lターボエンジン>
最高出力・・・116ps/5200-5600rpm
最大トルク・・・18.9kgm/1500-4000rpm

<1.8Lハイブリッド>
エンジン最高出力・・・98ps/5200rpm
エンジン最大トルク・・・14.5kgm/3600rpm
モーター最高出力・・・72ps
モーター最大トルク・・・16.6kgm
システム出力・・・122ps

1.2Lターボ車には、6MT車が追加設定されました。

海外では、2.0Lハイブリッド車も設定されたのですが、日本には導入されませんでした。

2.0Lハイブリッドといえば、レクサスUXから搭載された、ダイナミックフォースエンジンを採用し、燃費とパワーを両立している新しいシステムです。

<2.0Lハイブリッド>
エンジン最高出力・・・146ps/6000rpm
エンジン最大トルク・・・19.2kgm/4400rpm
モーター最高出力・・・109ps
モーター最大トルク・・・20.6kgm
システム出力・・・184ps

期待していた方も多かったので、これは残念ですね。

新型C-HRの燃費

新型C-HRの燃費は、前期型とほぼ同じですが、ハイブリッドだけ0.2km/L向上しています。

1.2Lターボ・・・16.4km/L

1.8Lハイブリッド・・・30.4km/L

ハイブリッド車と、ターボMT車のみWLTCモードも公表されているので、紹介します。

<ハイブリッド車>
WLTCモード燃費・・・25.8km/L
市街地モード・・・24.7km/L
郊外モード・・・28.6km/L
高速道路モード・・・30.4km/L

<ターボMT車>
WLTCモード燃費・・・15.4km/L
市街地モード・・・12.2km/L
郊外モード・・・15.6km/L
高速道路モード・・・17.2km/L

実燃費はWLTCモード燃費の9割~10割くらいになります。

JC08モード燃費だと、ターボCVT車はターボMT車よりも5%ほど燃費が良いので、ターボCVT車の実燃費は、ターボMT車のWLTCモード燃費に1.05をかけたくらいの数字になるはずです。

C-HR GR SPORT設定

マイナーチェンジで、スポーツグレードのGR SPORTが新しく設定されました。

新型C-HR GR SPORT

エクステリア


出典https://toyota.jp

インテリア


出典https://global.toyota

GR SPORTの専用装備を紹介します。

<エクステリア>
・225/45R19タイヤ&19×7 1/2J専用アルミホイール
・専用フロントバンパー
・専用アンダーグリル
・専用アンダーガード
・専用フォグランプベゼル
・専用エンブレム

<インテリア>
・専用本革巻き小径3本スポーク ステアリングホイール
・専用インストルメントパネル加飾&ドアインナーガーニッシュ
・専用スポーティシート
・アルミペダル
・専用スタートスイッチ

<走行性能>
・GR専用フロアセンターブレース
・GR専用チューニング(フロント/リヤサスペンション : コイルスプリング&ショックアブソーバー&スタビライザー、電動パワーステアリング)

GR SPORTは、ターボエンジン、6MT、FF車のみが設定されています。

新型C-HRの価格

新型C-HRの価格は、消費税が増税されたこともありますが、前期型よりも10万円ほど高くなっています。

現行モデルの価格は、1.2Lターボ車が229万円~、1.8Lハイブリッド車が261万円~です。

<ハイブリッド車>
S・・・2,730,000円
G・・・2,995,000円
S GR SPORT・・・3,095,000円

<ターボ車>
S-T(CVT FF)・・・2,400,000円
S-T(CVT 4WD)・。・・2,598,000円
S-T(6MT FF)・・・2,367,000円

G-T(CVT FF)・・・2,665,000円
G-T(CVT 4WD)・・・2,863,000円
G-T(6MT FF)・・・2,632,000円

S-T GR SPORT・・・(6MT FF)・・・2,732,000円

まとめ

今回のC-HRのマイナーチェンジは、変更点はそれほど大きくない印象です。

パワフルな2.0Lハイブリッドが日本にも投入されれば、元々走りの良いC-HRですから、結構走りの楽しいクルマになりそうです。

ただし、価格的に上位のRAV4に近くなってしまいそうですが。

車の買い換えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定
必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする