【C-HR マイナーチェンジ 最新情報】発売日は、2019年10月!変更点は?デザイン画像、価格、燃費など

スポンサーリンク

トヨタのSUV、C-HRがマイナーチェンジされます。

このページでは、新型C-HRのデザイン、燃費、価格予想など、変更点を紹介します。

新型C-HRの発売日は、2019年10月

新型C-HRの発売日は、2019年10月18日と予想されています。

おおよそ1ヶ月前から予約受付がはじまるので、まもなくはじまりますね。

新型C-HRのデザイン

新型C-HRの画像がスクープされているので、紹介します。

新型C-HR
出典https://www.automobile-magazine.fr

現行C-HR

出典https://global.toyota

現行型よりも、フロントグリルが少し大きくなっており、迫力のあるデザインになっています。

画像がピンぼけしているので少し分かりづらいですが、ブレーキランプの光り方も変わっているように見えます。

全体的には、それほど変わっていませんね。

スポンサーリンク

予防安全性能


出典https://toyota.jp

新型C-HRの予防安全性能は、現行モデルと同等になります。

トヨタセーフティセンス自体は、次世代のものになるのではなく、現行と同じく、トヨタセーフティセンスPがベースのものが引き続き搭載されると予想されています。

・プリクラッシュセーフティ
車両と、昼間の歩行者を検知することができる自動ブレーキ

車両に対しは10km/h以上で、
歩行者に対しては10km/~80km/hで作動します。

・オートマチックハイビーム
前走車や対向車を自動で検知して、ハイビームとロービームを切り替える機能

・レーンディパーチャーアラート
車線を逸脱する可能性がある場合、警報とともにステアリング操作をアシストする機能

・ブラインドスポットモニター
後側方から接近してくる車をインジケーターで知らせる機能

・リヤクロストラフィックアラート
左右後方から接近してくる車両を検知して知らせる機能

自動ブレーキの性能が少し進化するという話を聞いた気もするのですが、詳しいところは忘れてしまいました。

インテリジェントクリアランスソナーが採用されるという話だったかもしれません。

そういったところの若干の進化はあるかもしれませんが、基本的には現行型とほぼ同じだったはずです。

コネクティッド機能

新型C-HRには、コネクティッド機能が搭載されます。

ただし、新型C-HRに搭載されるコネクティッド機能は、新型クラウンや新型カローラスポーツに比べると機能は少なく、プリウスのマイナーチェンジで搭載されたものと同程度になると予想されています。

<コネクティッド機能>

・マイカーセキュリティ
アラームの作動に連動して、電話やメールで知らせたり、車両の位置を追跡する機能

ドアの締め忘れなどをメールで知らせる機能

・ヘルプネット
ボタンを押すか、エアバックの作動に連動して、オペレーターが警察や消防に通報する機能

・オペレーターサービス
カーナビの目的地設定などをオペレーターにしてもらうことができる機能

・LINEマイカーアカウント
LINEを使って目的地の設定や天気、距離、所要時間などを確認することができる機能

新型C-HRのパワートレイン

新型C-HRには、1.2Lターボエンジン、1.8Lハイブリッドに加え、2.0Lハイブリッドが新しく設定されると予想されています。

<1.2Lターボエンジン>
最高出力・・・116ps/5200-5600rpm
最大トルク・・・18.9kgm/1500-4000rpm

<1.8Lハイブリッド>
エンジン最高出力・・・98ps/5200rpm
エンジン最大トルク・・・14.5kgm/3600rpm
モーター最高出力・・・72ps
モーター最大トルク・・・16.6kgm
システム出力・・・122ps

先程紹介した画像で注目してもらいたいのが、ナンバープレートのところに、「CHR HY20」と書いてある点です。

CHR HY20とは、2.0Lのハイブリッドの搭載を示唆しているのではないかと言われています。

2.0Lハイブリッドといえば、レクサスUXから搭載された、ダイナミックフォースエンジンを採用し、燃費とパワーを両立している新しいシステムです。

<2.0Lハイブリッド>
エンジン最高出力・・・146ps/6000rpm
エンジン最大トルク・・・19.2kgm/4400rpm
モーター最高出力・・・109ps
モーター最大トルク・・・20.6kgm
システム出力・・・184ps

ただし、カローラスポーツのように、2.0Lハイブリッドは海外仕様にのみ設定され、日本では発売されないかもしれません。

新型C-HRの燃費

新型C-HRの燃費は、既存のパワートレインは現行モデルと同等になると予想されています。

1.2Lターボ・・・16.4km/L

1.8Lハイブリッド・・・30.2km/L

2.0Lハイブリッドの燃費がどれくらいになるかは詳しいことはまだ分かっていませんが、1.8Lハイブリッドよりも1割程度悪い数字になると予想されています。

JC08モードだと、27km/L程度になりそうです。

新型C-HRの価格

新型C-HRの価格は、消費税増税分を除くと3万円程度、消費税増税分を入れると7万円程度高くなると予想されています。

現行モデルの価格は、1.2Lターボ車が229万円~、1.8Lハイブリッド車が261万円~です。

詳しいグレード別の価格など分かりましたら、また更新します。

まとめ

今回のC-HRのマイナーチェンジは、変更点はそれほど大きくない印象です。

パワフルな2.0Lハイブリッドが日本にも投入されれば、元々走りの良いC-HRですから、結構走りの楽しいクルマになりそうです。

ただし、価格的に上位のRAV4に近くなってしまいそうですが。

車の買い換えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定
必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする